« 薬物依存:保護観察中の支援は1割未満 26県ではゼロ(6日)毎日 | トップページ | 問題ナゲットの99%販売済み 19万食分を同じ工場で製造(6日)共同 »

2015年1月 6日 (火)

禁煙の特急で喫煙、注意され暴れ設備壊した容疑(6日)読売

5日午後2時55分頃、JR北海道の根室線池田―

豊頃

とよころ

間を走っていた札幌発釧路行き特急列車「スーパーおおぞら5号」(7両編成)で、乗客の札幌市の60歳代男がたばこを吸い、注意されると暴れて車内設備を壊したため、列車は

浦幌

うらほろ

駅に臨時停車した。男は同駅で降ろされ、道警池田署が器物損壊容疑で逮捕した。男は調べに「やった覚えはない」と容疑を否認しているという。
 同署とJR北によると、道内だけを走る車両は全面禁煙だが、男は7号車自由席の自席で喫煙。乗客から苦情を受けた車掌が「たばこは吸わないでください」と注意したところ、男は逆上し、座席付属のテーブル台を上から押しつけて壊した疑いが持たれている。車掌は運行を管理する指令センターに連絡し、通過駅だった浦幌駅に停車した。JR北では、喫煙を巡るトラブルは2006年3月の全面禁煙化後、ほとんどないという。
 同特急は乗客約220人を乗せたまま浦幌駅に約1時間半停車するなど、このトラブルで計3本が遅れ、計約620人に影響が出た。

2015年01月06日 07時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 薬物依存:保護観察中の支援は1割未満 26県ではゼロ(6日)毎日 | トップページ | 問題ナゲットの99%販売済み 19万食分を同じ工場で製造(6日)共同 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬物依存:保護観察中の支援は1割未満 26県ではゼロ(6日)毎日 | トップページ | 問題ナゲットの99%販売済み 19万食分を同じ工場で製造(6日)共同 »