« “期限”過ぎ、死刑囚の釈放行われず 今後の交渉は(30日)テレビ朝日 | トップページ | 特殊詐欺:現金化に身元必要な「預手」…被害防止に効果(30日)毎日 »

2015年1月30日 (金)

ヨルダン 安否未確認で引き渡し応じず(30日)NHK

イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織が、後藤健二さんと引き換えになる死刑囚をトルコ国境に連れてくるよう期限を設けて求めていたことに対し、ヨルダン政府は「イスラム国」に拘束されているパイロットの生存が確認できないとして、死刑囚の引き渡しに応じていません。

後藤健二さんを拘束している「イスラム国」とみられる組織は、現地時間の29日の日没まで(日本時間の29日深夜まで)に、後藤さんと引き換えになるサジダ・リシャウィ死刑囚をトルコ国境に連れてくることを求め、応じなければ拘束しているヨルダン軍のパイロットを殺害するとしていました。
ヨルダンのモマニ・メディア担当相は、日本時間の29日夜、会見を行い、「ヨルダン政府は、パイロットと引き換えにリシャウィ死刑囚を釈放する用意があるが、パイロットの生存が確認できず、次の段階に進むことができない」と述べ、死刑囚の引き渡しに応じていないことを明らかにしました。
そのうえで、モマニ・メディア担当相は「日本人の人質を取り戻すためにあらゆる努力を続けている」と話し、後藤さんの解放に向けて日本側と連携していることを明らかにしました。
この期限とされていた日本時間の29日午後11時半がすぎ、現地はすでに夜になっていますが、これまでのところ、「イスラム国」とみられる組織から新たなメッセージなどは出ておらず、パイロットの安否は分かっていません。
このパイロットの親族たちは、期限が過ぎたあと首都アンマンで記者会見を行い、「問題解決に向けた動きが止まってしまった。パイロットを解放してくれるなら、同じイスラム教徒であるヨルダンの人々はあなたたちに大いに感謝するだろう」と述べ、「イスラム国」に向けてパイロットを解放するよう訴えました。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150130/t10015077261000.html

« “期限”過ぎ、死刑囚の釈放行われず 今後の交渉は(30日)テレビ朝日 | トップページ | 特殊詐欺:現金化に身元必要な「預手」…被害防止に効果(30日)毎日 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “期限”過ぎ、死刑囚の釈放行われず 今後の交渉は(30日)テレビ朝日 | トップページ | 特殊詐欺:現金化に身元必要な「預手」…被害防止に効果(30日)毎日 »