« アルカーイダ幹部が病死 米大使館爆破の被告(4日)産経 | トップページ | 郵便ポストに焼き肉のたれ、大阪 年賀状など300通被害(4日)共同 »

2015年1月 4日 (日)

【日本の議論】「能天気ですね。不愉快です」フォロワーから批判された「よど号犯」北からのつぶやき「じぇじぇ」 帰国狙いの情報発信に「帰ってくるな」の冷や水(4日)産経

日航機「よど号」を乗っ取り北朝鮮に渡った元共産主義者同盟(共産同)赤軍派メンバーとその妻がツイッターのアカウントを取得し、「つぶやき」を始めた。メンバーら3人は日本人拉致にかかわった疑いがあるとして、警視庁が国際手配している。訪朝から40年以上が経過した現在、なぜメンバーらは北朝鮮からつぶやくのか。
 アラブの民主化運動を意識して開始 支援者経由で投稿

 《こんにちは、「よど号」の小西です。と言っても、分かる人はほとんどいないでしょうね。1970年、日航機「よど」をHJ(ハイジャック)して北朝鮮に来たのです》〈小西隆裕容疑者(70)=国外移送略取容疑などで国際手配〉
 《在朝30余年になる、私、若林(黒田)佐喜子です。『じぇじぇ!!』ですよね(ちょっと古いかな)》〈若林(旧姓・黒田)佐喜子容疑者(60)=結婚目的誘拐容疑で国際手配〉
 「何でもアリ!?よど号のyobo-yodo」のアカウント名で、よど号グループがつぶやき始めたのは昨年10月3日。北朝鮮から直接投稿することはできないため、メールで支援者に投稿を依頼し、読者からのリプライ(返信)も支援者からメールで受け取る。現時点では月に1度のペースで投稿している。
 支援者の1人で編集者の椎野礼仁さんは平成25年8月に平壌を訪れた際、リーダーの小西容疑者から「ツイッターをやってみたい」と相談を受けた。椎野さんによると、小西容疑者が衛星放送で視聴しているNHKの国際ニュースなどを通じて、アラブの民主化運動でツイッターが大きな役割を果たしたことを知ったことがきっかけになったという。http://www.sankei.com/affairs/news/150104/afr1501040004-n1.html

« アルカーイダ幹部が病死 米大使館爆破の被告(4日)産経 | トップページ | 郵便ポストに焼き肉のたれ、大阪 年賀状など300通被害(4日)共同 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルカーイダ幹部が病死 米大使館爆破の被告(4日)産経 | トップページ | 郵便ポストに焼き肉のたれ、大阪 年賀状など300通被害(4日)共同 »