« 工藤会組員、80人減少 壊滅作戦奏功か(8日)産経 | トップページ | 暴行容疑などで書類送検へ 高速逆走しバス接触の会社員(9日)朝日 »

2015年1月 8日 (木)

2700万円詐欺被害 高齢女性に罰金名目(8日)産経

岐阜県警各務原署は8日、同県各務原市の無職の女性(77)が、老人ホームの入居契約の名義貸しをした罰金名目で現金2770万円をだまし取られたと発表した。詐欺容疑で調べている。
 同署によると、昨年12月、工務店の店員を名乗る男から女性宅に「岐阜市内で建設中の老人ホームに県外者が入りたいと言っている。県内の人しか入れないので名前を貸して」と電話があった。
 女性が了承すると数日後、別の男から「契約をしたのは、本当はあなたじゃないのか。事態を収拾するには罰金2千万円が必要」と電話があり、女性は指示に従って、5回にわたり東京都の複数の住所に宅配便で現金計2770万円を送ったという。
 指示した男と連絡が取れなくなり、女性が署に相談した。http://www.sankei.com/affairs/news/150108/afr1501080029-n1.html

« 工藤会組員、80人減少 壊滅作戦奏功か(8日)産経 | トップページ | 暴行容疑などで書類送検へ 高速逆走しバス接触の会社員(9日)朝日 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工藤会組員、80人減少 壊滅作戦奏功か(8日)産経 | トップページ | 暴行容疑などで書類送検へ 高速逆走しバス接触の会社員(9日)朝日 »