« パチンコ台販売話で詐欺容疑=被害4億円超か、男3人逮捕-警視庁(26日)時事 | トップページ | ハサミで車に“傷”つけた? 同様被害200件超(26日)テレビ朝日 »

2015年1月26日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)
世界に誇れる安全安心な国を…
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010582_2 お年寄りによる万引き犯が多くなり懸念されているが、静岡県警が逮捕したベトナム人男女2人は1都11県で万引を繰り返していたことが分かり、追送検された。
 平成25年の在留外国人は法務省の調査によると206万6445人で年々増加している。一方、平成26年に日本を訪れた外国人の観光客は1341万人とも言われている。
 日本に生活している在留資格者はどこが多いのかの調査結果がある。平成22年の数字になるが、居住する外国人数を人口総数で割った外国人比率だ。
 ①東京都2.423%②愛知県2.162%③大阪府1.858%④岐阜県1.772%⑤三重県1.770%がベスト5。
 これに対して居住者が少ない県は47位の青森県の0.269%。46位秋田県の0.309%。45位鹿児島県の0.3221%。44位北海道の0.332%。43位が宮崎県の0.335%となっている。
 警察庁によると昨年11月までの来日外国人の検挙件数(刑法犯、特別法犯)で最も多いのは東京・警視庁で4167件。以下、神奈川の1239件、愛知の1072件、千葉の903件、埼玉の835件だった。
 少ないのは高知と宮崎がそれぞれ6件、岩手10件、秋田17件、大分18件など。
 外国人を迎える「おもてなし」も必要だが、「世界一安全な国」を誇れるような犯罪の抑止には万全を期してほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« パチンコ台販売話で詐欺容疑=被害4億円超か、男3人逮捕-警視庁(26日)時事 | トップページ | ハサミで車に“傷”つけた? 同様被害200件超(26日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パチンコ台販売話で詐欺容疑=被害4億円超か、男3人逮捕-警視庁(26日)時事 | トップページ | ハサミで車に“傷”つけた? 同様被害200件超(26日)テレビ朝日 »