« 都内のフランス関連施設、警備強化…大使館など(10日)読売 | トップページ | 7台絡む玉突き事故 2人病院に搬送 神戸市の交差点(10日)共同 »

2015年1月10日 (土)

傷は内臓に達する深さ 和歌山の殺人未遂(10日)NHk

9日、和歌山県海南市の住宅街で女性が刃物で刺され、15歳の男子中学生が殺人未遂の疑いで逮捕された事件で、傷の一部は、内臓に達する深さだったことが、警察への取材で分かりました。
警察は、動機やいきさつについて調べを進めています。

9日午前8時半ごろ、和歌山県海南市の住宅街の路上で、近くに住む38歳の女性が刃物で刺され、警察は、現場にいた、海南市内の中学校に通う15歳の男子生徒を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
女性は大けがをして病院で治療を受けていますが、命に別状はないということです。
警察は10日、男子生徒を和歌山地方検察庁に送りました。
これまでの調べで、男子生徒は、通勤途中の女性に後ろから近づき刃渡り12センチほどの包丁で背中を刺したとみられていますが、その後の調べで、傷は内臓に達する深さだったほか、女性が倒れたあとも、馬乗りになって、足などを何度も刺したとみられることが、警察への取材で分かりました。
近所の人の通報で警察官が駆けつけたとき、男子生徒は上半身裸で、倒れた女性には、生徒が脱いだ服がかけられていたということです。
調べに対し、男子生徒は、「殺そうと思って刺した」と供述する一方、「女性とは面識がなかった」とも話しているということで、警察が、動機やいきさつについて調べを進めています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150110/k10014592841000.html

« 都内のフランス関連施設、警備強化…大使館など(10日)読売 | トップページ | 7台絡む玉突き事故 2人病院に搬送 神戸市の交差点(10日)共同 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都内のフランス関連施設、警備強化…大使館など(10日)読売 | トップページ | 7台絡む玉突き事故 2人病院に搬送 神戸市の交差点(10日)共同 »