« 過激派テロ対策で国際協調 欧米など緊急閣僚会合(11日)共同 | トップページ | 沖縄・辺野古移設で初逮捕 警備員を暴行容疑(11日)東京 »

2015年1月11日 (日)

【仏紙銃撃テロ】東京でも犠牲者追悼 記帳台に長い列(11日)産経

フランス週刊紙銃撃事件の犠牲者を追悼する行事が11日、東京都新宿区にあるフランス語学校「アンスティチュ・フランセ東京」で開かれ、在日フランス人や日本人ら約400人が静かに祈りをささげた。
 参加者は「私はシャルリ」と週刊紙の名前を書いた紙を掲げ、フランス国歌斉唱中にハンカチで涙をぬぐう女性の姿も。大きな花束を抱えた子供2人が代表して献花したほか、事件翌日から設置されている記帳台には長い列ができた。
 フランス人の夫と一緒に訪れた東京都港区の大学講師、ソラ陽子さん(36)は「同じことが世界中で繰り返され、つらくなる。事件の背景はまだ分からないが、いつか自分たちの世界でも起きてしまうかもしれない」と嘆き、文京区の会社員、宮原英男さん(60)は「国際社会が一致団結して立ち向かおうとする姿勢に賛同する」と話した。http://www.sankei.com/affairs/news/150111/afr1501110019-n1.html

« 過激派テロ対策で国際協調 欧米など緊急閣僚会合(11日)共同 | トップページ | 沖縄・辺野古移設で初逮捕 警備員を暴行容疑(11日)東京 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過激派テロ対策で国際協調 欧米など緊急閣僚会合(11日)共同 | トップページ | 沖縄・辺野古移設で初逮捕 警備員を暴行容疑(11日)東京 »