« 強姦被告側弁護士:「示談なら暴行ビデオ処分」被害女性に(17日)毎日 | トップページ | 千葉・市川のスーパーでフライドチキンに縫い針 (17日)TBS »

2015年1月17日 (土)

阪神・淡路大震災20年 各地で黙とう(17日)NHK

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から17日で20年になり、被災した地域では地震が起きた午前5時46分に合わせて犠牲者に黙とうをささげました。

このうち神戸市中央区の「東遊園地」では、17日の日付を表す「1.17」の形に並べられた竹の灯籠に火がともされました。
震災から20年のことしは例年より多くの遺族や市民が会場を訪れ、地震が起きた午前5時46分に全員で黙とうをささげて犠牲になった人たちを追悼しました。
このあと敷地内にある慰霊碑の前で、神戸市主催の追悼の集いが開かれ、震災で自宅が倒壊し33歳だった母親を亡くした神戸市東灘区の銘田奈津紀さん(26)が遺族を代表して、「震災や母のことを話題にすると家族やその場にいる人が悲しみ、苦しむため、話すことを避けてきましたが、母のことを忘れてはいません。私が今、生きているのは母のおかげです。大好きだった母と髪の毛を乾かしあい、癖毛だった母の髪を何度も、といた思い出から私は美容師になりました。私はこれからも母の分も強く生きていきます」と追悼のことばを述べました。
続いて、震災の頃に生まれた新成人を代表して神戸市灘区の小川和昭さん(20)が「私たちに震災当時の記憶はありませんが神戸の復興と共に成長してきたことは事実です。人と人とのつながりや絆の大切さを次の世代に伝えていきます」と述べました。
17日は各地で追悼の行事が行われ、犠牲者を悼むとともに改めてこの20年の歩みを見つめ、震災の教訓を語り継ぐ1日になります。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150117/t10014752481000.html

« 強姦被告側弁護士:「示談なら暴行ビデオ処分」被害女性に(17日)毎日 | トップページ | 千葉・市川のスーパーでフライドチキンに縫い針 (17日)TBS »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強姦被告側弁護士:「示談なら暴行ビデオ処分」被害女性に(17日)毎日 | トップページ | 千葉・市川のスーパーでフライドチキンに縫い針 (17日)TBS »