« サンゴ密漁の中国人船長の公判で小笠原村村長が証言 (31日)TBS | トップページ | 赤ちゃん遺体を自宅に放置 46歳女を逮捕(31日)日本テレビ »

2015年1月31日 (土)

人質事件こう着状態 日本政府は厳しい状況(31日)日本テレビ

イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件で、「イスラム国」側が設定した期限から丸1日以上が経過する中、事態はこう着状態が続いている。ヨルダンの首都・アンマンから石川真史記者が報告する。
 対策本部で指揮を執る中山外務副大臣は宿泊先のホテルで記者団の取材に応じ、「事態はこう着状態だが、情報の分析、精査、共有に引き続き対応している」と述べた。
 「イスラム国」が「日本時間29日深夜までにリシャウィ死刑囚を釈放しなければ、拘束しているヨルダン人パイロットを殺害する」と警告したのに対し、ヨルダン側は「死刑囚の釈放のためにはパイロットの生存確認が必要だ」との考えを強調したが、期限が丸1日以上過ぎた現在も双方から目立った動きはない。
 こうした中、30日はヨルダンのアブドラ国王の誕生日にあたるが今年は、パイロット拘束などが影響してか例年と比べ祝賀ムードは控えめとなっている。また、パイロットの家族や出身部族の人たちはアンマン市内やヨルダン中部で引き続き集会やデモを行い、早期解放を訴えた。
 ヨルダン政府と「イスラム国」の交渉が「こう着状態」となったことで、後藤健二さんの救出がヨルダン頼みの日本政府は厳しい状況に追い込まれている。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2015/01/31/10268304.html

« サンゴ密漁の中国人船長の公判で小笠原村村長が証言 (31日)TBS | トップページ | 赤ちゃん遺体を自宅に放置 46歳女を逮捕(31日)日本テレビ »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンゴ密漁の中国人船長の公判で小笠原村村長が証言 (31日)TBS | トップページ | 赤ちゃん遺体を自宅に放置 46歳女を逮捕(31日)日本テレビ »