« 公表しなければ殺す“妻”の音声メッセージ(30日)日本テレビ | トップページ | ヨルダン 安否未確認で引き渡し応じず(30日)NHK »

2015年1月30日 (金)

“期限”過ぎ、死刑囚の釈放行われず 今後の交渉は(30日)テレビ朝日

後藤健二さんを解放する条件となっているサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放の期限とされていた日没から6時間余りが経ちました。アンマンから最新情報です。

 (陣中文記者報告)
 まもなく29日午後11時になるヨルダンの日本大使館前です。再度設定された期限から6時間が経過し、29日夜も日本大使館では夜を徹して情報収集作業などが行われています。29日に「イスラム国」側は新たな声明を出し、拘束されているフリージャーナリストの後藤さんを解放するために、日没時間までにリシャウィ死刑囚をトルコ国境までに移送するよう、ヨルダン政府に要求しました。そのうえで、要求が守られなければ拘束しているヨルダン軍のパイロットを「直ちに殺害する」と表明し、事態は一気に緊迫化しました。ヨルダンの情報相は29日、人質の交換に前向きな考えを示したものの、パイロットの生存の証拠を確認できていないと不満を示しました。そのうえで、証拠が提示されなければ死刑囚の釈放には応じられないと強調し、死刑囚をヨルダン国内にとどめました。また、後藤さんの解放について、「日本政府と今後も緊密に協力していく」とも述べました。これに対し、イスラム国は日没時間を過ぎても何の反応も示していません。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000043448.html

« 公表しなければ殺す“妻”の音声メッセージ(30日)日本テレビ | トップページ | ヨルダン 安否未確認で引き渡し応じず(30日)NHK »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公表しなければ殺す“妻”の音声メッセージ(30日)日本テレビ | トップページ | ヨルダン 安否未確認で引き渡し応じず(30日)NHK »