« 同級生殺害容疑 16歳少女を家裁送致(30日)NHK | トップページ | 体罰・わいせつで処分の教師 過去最多に(30日)日本テレビ »

2015年1月30日 (金)

詐欺防止で現金引き出しに確認書類を(30日)NHK

高齢の預金者が多い東京の巣鴨信用金庫は、オレオレ詐欺などの被害を食い止めようと、窓口で100万円以上を引き出そうとする高齢者に対し、金の使いみちが証明できる書類の提出を求め、できない場合は、当日の引き出しを認めないとする全国的にも珍しい取り組みを始めました。

息子などを装ったオレオレ詐欺の電話を受けた高齢者が、金融機関の窓口で多額の現金を引き出そうとして、職員に使いみちを尋ねられた際、「自宅のリフォーム代」などとうその説明をすることで、金融機関側が現金の引き出しを認めてしまうケースが後を絶ちません。
このため、豊島区に本店のある巣鴨信用金庫は、窓口で高齢者が100万円以上を引き出そうとする場合は、金の使いみちが証明できる書類の提出を求めることにしました。
たとえば、高齢者が使いみちを「リフォーム代」と説明した場合は、契約書や見積書の提出を求め、書類が提出されず、だまされていないことを確認できない場合は、当日の現金の引き出しを認めないということで、こうした取り組みは全国的にも珍しいということです。
また、「息子や孫のためだ」と説明した場合は、直接、預金者の息子などに電話をかけて確認するということです。
巣鴨信用金庫の伊藤芳之常勤理事は、「窓口の職員がうその説明に納得して支払ってしまうケースがあり、職員の感性だけでは被害をゼロにはできない。被害者を1人も出さないように取り組みたい」と話しています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150130/k10015095861000.html

« 同級生殺害容疑 16歳少女を家裁送致(30日)NHK | トップページ | 体罰・わいせつで処分の教師 過去最多に(30日)日本テレビ »

振り込め対策編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同級生殺害容疑 16歳少女を家裁送致(30日)NHK | トップページ | 体罰・わいせつで処分の教師 過去最多に(30日)日本テレビ »