« 祖母・母親殺害の17歳少女、 虐待を考慮し医療少年院送致へ(22日TBS | トップページ | 映像は合成・加工か、警察庁が分析 2邦人殺害警告(22日)日経 »

2015年1月22日 (木)

情報漏えいは4131人分 日航の不正アクセス(22日)産経

JALマイレージ会員の個人情報を管理するコンピューターシステムへの不正アクセス問題で、日航は21日、漏洩(ろうえい)した情報は4131人分だったと明らかにした。昨年9月には、最大で75万人分に上る可能性があるとしていた。
 漏れた情報は一部の会員の氏名や住所、メールアドレスなど。クレジットカード番号やパスワードは含まれておらず、情報を悪用した被害に関する報告もないという。対象者にはおわびとして500円分のクオカードを配布する。
 日航によると、昨年3月、外部からのメールの添付ファイルを開いた社員のパソコンがウイルスに感染。その後、顧客情報を見ることのできるパソコンにも感染し、うち3台から香港にある外部サーバーに情報が送信されていた。感染したパソコンに残っていたファイルと、外部サーバーに送られたファイルのサイズが同じものを、漏洩分と判断した。http://www.sankei.com/affairs/news/150121/afr1501210058-n1.html

« 祖母・母親殺害の17歳少女、 虐待を考慮し医療少年院送致へ(22日TBS | トップページ | 映像は合成・加工か、警察庁が分析 2邦人殺害警告(22日)日経 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祖母・母親殺害の17歳少女、 虐待を考慮し医療少年院送致へ(22日TBS | トップページ | 映像は合成・加工か、警察庁が分析 2邦人殺害警告(22日)日経 »