最近の記事

カテゴリー

« 2015年1月24日 (土) | トップページ | 2015年1月26日 (月) »

2015年1月25日 (日)

2015年1月25日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)
現職警察官が殺人
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010594_2警察官が殺人事件を起こしてしまった。大阪府警捜査1課は25日、管内警察署勤務の26歳の巡査長を殺人容疑で逮捕した。巡査長は大阪市東住吉区のマンションで交際していた23歳の女性の首を絞めて窒息死させた。
 警察官による殺人事件と言えば、昭和53年1月10日、東京都世田谷区でパトロール中の巡査が22歳の大学生のアパートに侵入して殺害した事件がある。パトロール中に見かけて以来、一方的に好意を寄せていたもので、明治7年1月に警視庁が誕生して以来、最悪の事件に、第70代警視総監が辞任している。
 あれから37年-またも大きな衝撃を与えてしまった。
 
 警察庁によると平成26年の全国警察の懲戒処分者数は300人で前年に比べて89人の減少。平成24年より3年連続減るなど良い方向に向かっていただけに残念である。
 処分内容で最も多いのは異性関係の80人で、やはり今回の事件も異性関係だった。さらにあってはならない窃盗・詐欺・横領が67人もいる。その他交通事故・違反者は47人、公文書偽造・毀損・証拠隠滅が37人と警察官とは信じがたい事犯が目立っている。
 県別では警視庁が32人。次いで大阪府警が25人。愛知、兵庫県警がそれぞれ16人。埼玉、神奈川、岡山県警がそれぞれ13人の順。一方処分ゼロの県警は鳥取、大分の2県警だけだった。
 ワースト1の警視庁の警察官数は4万2000人だから1312人に1人が悪いことをしている計算になる。警察官数が最も少ないのは鳥取県警の1200人。不祥事はゼロだから、割合で言えば警視庁が少ないのだが…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2015年1月24日 (土) | トップページ | 2015年1月26日 (月) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ