カテゴリー

« 2015年1月13日 (火) | トップページ | 2015年1月15日 (木) »

2015年1月14日 (水)

2015年1月14日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
64年間で最少の死者
 【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010572 平成26年の交通事故死者数は4113人で昭和25年以来、64年で最も低い数字だったことが警察庁のまとめで分かった。
 一方、交通事故発生件数は57万465件で昭和61年以来27年間で最低の数字だった。
 死者数の最も多かった愛知の204人。以下、神奈川185人、千葉と兵庫がそれぞれ182人、埼玉173人の順。少なかったのは島根の26人を筆頭に徳島31人、鳥取34人、沖縄36人、秋田37人と続いた。
 交通事故の統計を見るたびに思いだすのが平成8年。国松孝次さんが警察庁長官の時だ。昭和62年以来、死者数が1万人を超えていた。年末の記者会見で1万人を超える勢いに危機感を持った国松長官。「8年間も続いている死者をどうしても1万人以下に抑える」として、機動隊員まで動員して特別警戒を実施した。その結果、9943人で9年振りに1万人を割ることができた。
 制服姿を見せる取締の効果が如実に表れた。そして今、抑止だけでなく「教育」にも配慮した取締を行っている。それは、警察官の姿を見せない取締だ。これには「警察は捕まえるために隠れて取り締まるのか」「ノルマを達成するためにしているのか」などと、馬鹿馬鹿しい意見を述べる奴がいる。
 
 「警察官がいるから信号を守るが、いなければ守らなくてもいい」-こんな人間が多いうちは事故は絶対に減らない。身を隠しての取締は「教育」を兼ねているのだ。法令を守っている者は姿が見えても隠れていても関係ないのだ。文句言う前に法規を守れ
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2015年1月13日 (火) | トップページ | 2015年1月15日 (木) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

留置所

無料ブログはココログ