« 2015年1月13日 | トップページ | 2015年1月15日 »

2015年1月14日

2015年1月14日 (水)

地下鉄サリン、緊迫の73分・交信テープ公開(14日)読売

警視庁は14日、1995年3月のオウム真理教による地下鉄サリン事件の発生直後、同庁通信指令本部と、現場に駆け付けた警察官との無線交信の記録を初めて公開した。
 次々と倒れる乗客と、新聞紙に包まれた謎の液体――。約73分に及ぶ交信記録からは、情報が錯綜する中、現場の緊迫した様子が浮かび上がった。死者13人、負傷者6000人超に上った事件直後の様子が、発生から約20年を経て明らかになった。
 警視庁通信指令本部に事件の第一報が入ったのは、3月20日午前8時21分。
 「日比谷線の八丁堀駅、病人2名。気持ち悪くなったもの2名。事件事故等、判然としません」
 その約1分後、茅場町駅でも4人が不調を訴えているとの通報があった。病人との内容だったため、無線の声に緊迫感は、まだない。ところが、現場に到着した警察官からは次第に緊迫した様子が入ってきた。
 「歩道上に何人も倒れている模様」
 「築地駅構内で40~50人が倒れている」
 息を切らした警察官の声は緊急事態であることを示していた。乗客とみられる悲鳴も聞こえる。しかし、原因は何かが分からない。「煙が充満している」「ガソリンがまかれた……」。情報は錯綜した。
 「地下鉄駅構内で、爆発物を使用したゲリラ事件が発生した」
 同本部は当初、「爆発物」によるテロだとみて、現場に警戒態勢を発令した。しかし、8時35分以降、八丁堀駅で目撃者から話を聞いていた警察官から、重要な情報がもたらされた。
 「新聞紙に包んだ液体、これが目の前に落ちた。その液体が溶けだし、ものすごい異臭がした。それで車外に蹴り出した」
 目撃者の証言から、何者かが電車内に液体を持ち込んだことが原因だとわかった。同本部は現場に警戒を呼びかけたが、駆けつけた警察官の中には具合が悪くなる者も出た。同本部は何度も注意を呼びかけた。
 「防毒マスクを使用。受傷事故防止に留意されたい」
 9時過ぎ。今度は霞ヶ関駅から不審物の情報が寄せられた。
 「霞ヶ関の駅事務所、形状不明なるも不審物件が2個ある」
 「先頭車両に新聞紙に包んであった段ボール様のものから液体が流れているのを発見し、霞ヶ関駅で開けたところ一気に液体が流れ出し、多くの負傷者がでた」
 駅員は、電車内にあった液体をサリンだとは知らずに運び出し、漏れ出さないよう駅の金庫で保管していた。さらに、千代田線の各駅でも多数の負傷者がいるとの報告が相次いだ。救急車の出動を要請する一方で、防毒マスクを装着した現場の警察官は、電車内の不審物の捜索を進めていく。
 「地下鉄八丁堀駅、地下から20人を搬送。救急車は現場に到着しております」
 録音開始から約73分。負傷した乗客の搬送を連絡する報告を最後に、録音は終了していた。
 警視庁によると、交信記録はカセットテープに録音されていた。保存期間は通常1年だが、報道機関からの要請で探したところ、通信指令本部の保管庫で発見。同庁は「当時の警察活動を理解してもらえれば」と、異例の公開を決めた。

 ◆地下鉄サリン事件 1995年3月20日朝、営団地下鉄(現・東京メトロ)の東京・霞ヶ関駅を通る3路線に猛毒のサリンがまかれた無差別テロ。オウム真理教教祖の松本智津夫死刑囚(59)をはじめ教団幹部、信者計14人が起訴され、サリンの散布役や製造役ら10人の死刑と、散布役を駅まで運んだ運転手ら4人の無期懲役が2011年までに確定した。翌12年には、逃亡を続けていた高橋克也被告(56)が逮捕された。

2015年01月14日 18時21分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

【本紙前ソウル支局長公判】出国禁止の加藤前支局長、身辺安全に細心注意(14日)産経

【ソウル=藤本欣也】加藤前支局長は韓国から出国できない状況が続くが、日常の行動に制限は加えられていない。ソウル市内のホテルから地下鉄を利用して支局に出勤し、北朝鮮問題や韓国経済を中心に取材、記事を書いている。
 ただし昨年11月、ソウル中央地裁敷地内で加藤前支局長の乗った車両が右翼団体の男らに取り囲まれる事件が起きたため、不特定多数が集まるような取材現場には近づかないなど、身辺の安全に細心の注意を払っている。

  • 【本紙前ソウル支局長公判】加藤前支局長の出国禁止、3カ月延長を決定 小林編集局長「改めて強く抗議する」
  • 【本紙前ソウル支局長公判】弁護人が出国禁止解除を要請 延長7回、5カ月超 「深刻な人権侵害」
  • | コメント (0)

    金の訪問販売で積立金詐取容疑 5人逮捕 警視庁(14日)朝日

    実際にはない金の購入を持ちかけ、積立金などをだまし取ったとして、警視庁は14日、訪問販売会社「プロトス」(東京都豊島区)の会長堀陽一容疑者(49)=東京都武蔵野市=ら男5人を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。いずれも容疑を否認しているという。
     生活経済課によると、5人は2012~14年、横浜市の女性(68)ら3人に「金は値上がりする」などとうそを言って、積立金や手数料名目で計約416万円を詐取した疑いがある。
     契約では分割払いが終了した後、商品を引き渡すとしていたが、同社は金を保有していなかったという。堀容疑者らは別会社でも同様の勧誘をしていたとして、消費者庁から13年に業務停止命令を受けていた。
     生活経済課は、入金記録から、プロトスが東京、埼玉、神奈川など7都道県の98人から計約2億6千万円を集めたとみている。

    Logo2
    http://www.asahi.com/articles/ASH1G5QZCH1GUTIL02H.html

    | コメント (0)

    巡査が警察署の屋上で死亡 拳銃自殺か(14日)NHK 埼玉

    14日午前、埼玉県の朝霞警察署の24歳の巡査が、警察署の屋上で頭から血を流して死亡しているのが見つかり、すぐそばに巡査の拳銃が落ちていたことなどから、警察は巡査が自殺したとみて調べています。

    14日午前10時半ごろ、朝霞市幸町にある朝霞警察署の屋上で、地域課の所属で交番に勤務している24歳の男性巡査が頭から血を流して倒れているのを上司と同僚が見つけ、まもなく死亡が確認されました。
    警察によりますと、巡査は14日は午前9時半からの勤務で、同じ交番に勤務する同僚が警察署を一緒に出ようとしたところ、姿が見えなかったため、警察署の中を探していました。
    すぐ近くには、巡査が持っていた拳銃が1発発射された状態で落ちていて、争ったような形跡はなく、携帯電話には遺書とも取れるメモが残されていたことから、警察は、巡査が拳銃で自殺したとみて、詳しい動機などを調べています。
    巡査は去年4月に警察学校に入り、9月に朝霞警察署に配属されたということです。
    朝霞警察署の永谷邦夫副署長は、「現時点では調査中でコメントは差し控えます」と話しています。

    News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150114/k10014682171000.html

    | コメント (0)

    投資詐欺事件で住吉会本部事務所など家宅捜索(14日)TBS

    暴力団幹部らが全国の高齢者らに対し、架空の債券の購入をもちかけ、15億円をだまし取ったとみられる事件で、警視庁は、指定暴力団・住吉会本部の事務所などを家宅捜索するとともに、住吉会系暴力団の組長・風見政男容疑者(65)ら2人を新たに逮捕し、7人を再逮捕しました。
     風見容疑者らは、去年3月から4月にかけ、広島県の女性(85)に対し、再生医療の研究を行っている会社をかたり、「今を逃す手はないですよ」などと言って、4000万円以上をだまし取った疑いがもたれています。警視庁は、暴力団が組織的に関与していたとみています。(14日18:04)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2394567.html

    | コメント (0)

    松島氏、渡辺氏は不起訴 公選法違反容疑などで告発(14日)テレビ朝日

    公職選挙法違反の疑いなどで告発されていた前法務大臣の松島みどり衆議院議員と元みんなの党代表の渡辺喜美氏について、東京地検は、いずれも不起訴処分にしました。

     (社会部・原田悠生記者報告)
     松島氏はこれまで「討議資料であり、公選法に違反しない」などと説明してきましたが、特捜部は、その形状や利用方法などから、配られたものが「うちわ」と認定し、公選法違反にあたると判断しました。しかし、公選法では、こうした寄付が「選挙に関連して」行われた場合のみ罰則が定められています。関係者によりますと、特捜部は松島氏本人からも事情を聴いたということですが、特捜部は配られた時期などから選挙に関連するかどうかの点で嫌疑不十分と判断しました。
     一方、渡辺氏の多額借り入れ問題ですが、特捜部は渡辺氏の関係先を家宅捜索し、渡辺氏本人から任意で事情を聴くなどして捜査をしてきました。その結果、8億円の借り入れ問題については、渡辺氏の「個人的な借り入れ」とする説明も踏まえ、政治資金規正法や公選法について嫌疑不十分で不起訴としました。これとは別に、渡辺氏が自身が代表の政治団体に関連する口座から1億7000万円を借り入れた問題についても、渡辺氏の刑事責任は問えないと判断しました。

    2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000042449.html

    | コメント (0)

    名古屋のホテルでコテージ火災 客ら10人避難し無事(14日)共同

    14日午後6時半ごろ、名古屋市千種区東山元町5丁目の「八事の森ホテルパラドール」敷地内にあるコテージの玄関から火が出ていると従業員らから119番があった。市消防局が消火に当たり、午後8時半までに、ほぼ消し止めた。
     市消防局によると、ホテルには従業員2人と客8人がいたが、全員避難して無事だった。敷地内にはコテージが十数棟あり、1棟が全焼した。火災に気付いた従業員が各棟を回って避難誘導したが、火元のコテージには客はいなかったという。
     ホテルのホームページによると、コテージは宿泊のほか休憩などの一時利用もできる。

    2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011401001902.html

    | コメント (0)

    警視庁管内体感治安レベル2

    首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
    64年間で最少の死者
     【治安つぶやき】

    2009_1228_222559212F1010572 平成26年の交通事故死者数は4113人で昭和25年以来、64年で最も低い数字だったことが警察庁のまとめで分かった。
     一方、交通事故発生件数は57万465件で昭和61年以来27年間で最低の数字だった。
     死者数の最も多かった愛知の204人。以下、神奈川185人、千葉と兵庫がそれぞれ182人、埼玉173人の順。少なかったのは島根の26人を筆頭に徳島31人、鳥取34人、沖縄36人、秋田37人と続いた。
     交通事故の統計を見るたびに思いだすのが平成8年。国松孝次さんが警察庁長官の時だ。昭和62年以来、死者数が1万人を超えていた。年末の記者会見で1万人を超える勢いに危機感を持った国松長官。「8年間も続いている死者をどうしても1万人以下に抑える」として、機動隊員まで動員して特別警戒を実施した。その結果、9943人で9年振りに1万人を割ることができた。
     制服姿を見せる取締の効果が如実に表れた。そして今、抑止だけでなく「教育」にも配慮した取締を行っている。それは、警察官の姿を見せない取締だ。これには「警察は捕まえるために隠れて取り締まるのか」「ノルマを達成するためにしているのか」などと、馬鹿馬鹿しい意見を述べる奴がいる。
     
     「警察官がいるから信号を守るが、いなければ守らなくてもいい」-こんな人間が多いうちは事故は絶対に減らない。身を隠しての取締は「教育」を兼ねているのだ。法令を守っている者は姿が見えても隠れていても関係ないのだ。文句言う前に法規を守れ
     首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

    続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

    | コメント (0)

    道路標識にシール貼る 女を逮捕(14日)NHK

    大阪で、道路標識にシールを貼り付けたとして、43歳の女が道路交通法違反の疑いで逮捕されました。
    大阪や京都では、去年の年末からことしにかけて、同じようにシールが貼られた道路標識が数十か所で見つかっていて、警察は、女と外国人の男が関わっているとみて調べています。

    逮捕されたのは、販売員の浦川真弥容疑者(43)です。
    警察によりますと、浦川容疑者は今月3日の夜、大阪・北区茶屋町の市道で、一方通行の道路標識の矢印の部分にシールを貼り付け、交通の危険を招いた道路交通法違反の疑いが持たれています。
    近くの防犯カメラに、浦川容疑者とみられる人物が外国人の男と一緒に標識にシールを貼り付ける様子が映っていたことから、警察が捜査していました。
    調べに対し容疑を認め、「芸術目的でやった。今は大変なことをしたと思っている」と供述しているということです。
    大阪や京都では、去年の年末からことしにかけて、道路標識に人形などをかたどったシールが貼られているのが数十か所で見つかっていて、警察は浦川容疑者と外国人の男が関わっているとみて調べています。

    News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150114/k10014665621000.html

    | コメント (0)

    神奈川・平塚26歳女性遺体、元交際相手男性を任意聴取 (14日)TBS

    去年11月、神奈川県平塚市の川で、26歳の女性の遺体が見つかった事件で、警察は元交際相手の男性が何らかの事情を知っているとみて14日朝、任意同行を求めました。男性が任意で事情を聴かれている捜査本部前からの報告です。
     事件発覚からおよそ2か月。遺体で見つかった女性の元交際相手の男性は、午前7時半ごろ、捜査員とともに神奈川県警平塚署に入り、任意で事情を聴かれています。
     この事件は去年11月、平塚市の相模川で、当時26歳だった吉田綾奈さんの遺体が、布団などで何重にも巻かれ見つかったものです。吉田さんは去年10月末、母親に対して「元交際相手のところに荷物をとりに行く」と言い残し、行方が分からなくなっていました。
     警察は吉田さんの交友関係を中心に捜査を進めていましたが、行方不明になる直前に会っていたとみられる元交際相手の男性がなんらかの事情を知っているとみて、14日朝、任意同行を求め、事情を聴いています。
     元交際相手はJNNの取材に対し、「行方不明になる前日にも会ったが、あの時に帰さずに一緒にいればよかったと後悔している」などと話していました。
     警察は、吉田さんが行方不明になる直前の状況などについて、男性から事情を聴いています。(14日11:39)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2394228.html

    | コメント (0)

    セガサミー会長宅に弾痕3カ所 東京・板橋(14日)産経

    14日午前8時35分ころ、東京都板橋区双葉町、パチンコ・ゲーム大手セガサミーホールディングス(HD)の里見治(はじめ)会長(72)宅で、銃弾のようなものが3発見つかった。警視庁板橋署は、何者かが里見さん宅に拳銃を撃った可能性があるとみて詳しい経緯を調べている。
     同署によると、同3時半ごろ、住宅の警備員が「ドン」という音を聞き、朝になって門の周辺を調べたところ、照明が割れているのを発見。近くに銃弾のようなものがあったという。http://www.sankei.com/affairs/news/150114/afr1501140014-n1.html

    | コメント (0)

    中高生の飲酒割合、女子が男子を逆転 厚労省調査(14日)朝日

    中高生の飲酒習慣(月1日以上)の割合を調べたところ、15年ほど前から大幅に減ってはきているが、男子より女子が高くなり「逆転」したことが、厚生労働省の研究班の調査でわかった。原因ははっきりしないが、研究班の尾崎米厚・鳥取大教授(環境予防医学)は「大人になり飲酒の頻度や量が多いまま妊娠すると、胎児に悪影響を及ぼす可能性があり、注意が必要」と指摘している。
     調査は1996、2000、04、08、10、12年度の6回にわたり、全国の各10万人前後の生徒が回答したものを分析した。国際的には、若年者の飲酒習慣は「月1日以上の飲酒」をさすことが一般的とされる。
     最新の12年度では、中高男女で飲酒経験者は計276万3千人、月1日以上の飲酒は75万2千人、週1日以上の飲酒は15万8千人いると推計した。

    | コメント (0)

    「これで勘弁して」警官に5千円渡そうとした女(14日)読売

    交通違反を見逃してもらうため警察官に現金を渡そうとしたとして、広島県警捜査2課と広署は13日、呉市阿賀南の無職女(77)を贈賄(申し込み)容疑で現行犯逮捕した。
     発表では、容疑者の女は同日午後2時10分頃、同市広本町の市道右側をミニバイクで走行し、パトロール中の同署地域課員から道交法違反(通行区分違反)で摘発された。その際、違反を見逃してもらおうと5000円を渡そうとした疑い。
     警察官はこの女に、「そういうことをしたら罪になるよ」などと、現金を渡そうとするのをやめるよう繰り返し諭したが、「これで勘弁して」などと聞き入れなかったという。通行区分違反による減点は2点、反則金は6000円だった。

    2015年01月14日 07時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    | コメント (0)

    偽「笑笑」を家宅捜索、広島県警 2店近接、どっちが本物?(14日)共同

    136815_video1一体どっちが本物なの―。大手居酒屋チェーン「笑笑」とそっくりの看板を掲げて営業したとして、広島県警福山東署は13日、商標法違反の疑いで、福山市昭和町の居酒屋「笑・笑」を家宅捜索した。
     現場から約600メートルの距離には、笑笑の福山駅前店が営業。笑・笑を経営する女性は取材に「店を始めた当初は付近に笑笑はなかった。『笑』と『笑』の間に『・』も付いているので大丈夫だと思った」と話した。
     捜索は午後3時すぎに開始。捜査員数人が約1時間半にわたり、赤っぽい地色に「笑・笑」や「わらわら」と白で書かれた看板の大きさを測り、押収した資料を段ボールで運び出した。

    2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011301002365.html

    | コメント (0)

    住宅全焼3人遺体で見つかる 群馬(14日)NHK

    14日午前1時ごろ、群馬県みどり市で木造2階建ての住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から3人の遺体が見つかりました。
    警察は、この住宅に住む夫婦とその長女とみて身元の確認を進めています。

    14日午前1時ごろ、みどり市大間々町の会社員、高草木保男さん(64)の住宅から火が出ていると、この住宅に住む高草木さんの長男から消防に通報がありました。
    火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、通報した長男がのどにやけどをして市内の病院に搬送されたほか、焼け跡から3人の遺体が見つかりました。
    この住宅には、高草木さんの家族6人が暮らしていて、火事のあと高草木さんと高草木さんの59歳の妻、それに30歳の長女の3人と連絡が取れなくなっていることから、警察では遺体はこの3人とみて身元の確認を進めています。
    警察によりますと、1階の居間から火が出ているのを通報した高草木さんの長男が目撃しているということで、警察は火事の原因についても詳しく調べています。

    News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150114/k10014657301000.html

    | コメント (0)

    預言者の風刺画 イスラム教徒の反発強まる(14日)NHK

    フランスでの一連のテロ事件について、イスラム教徒が多数を占める中東の国々からは暴力を非難する声が上がる一方、イスラム教の預言者ムハンマドを描いた風刺画については「イスラム教を冒とくするものだ」として反発が強まっています。

    一連のテロ事件を受けて、イスラム教徒が多数を占める中東の指導者からも暴力を非難する声が相次ぎ、パリで11日に行われたデモ行進には、ヨルダンのアブドラ国王やパレスチナ暫定自治政府のアッバス議長が参加して、テロに抗議する姿勢を示しました。
    一方で、預言者ムハンマドを描いた風刺画を巡っては、イスラム教では預言者の姿を描くこと自体が教えに反しているうえ、内容も預言者を侮辱するものだと受け止められています。
    新聞社が最新号でも預言者の風刺画を掲載することについて、エジプトにあるイスラム教の権威の機関は13日、「世界15億人のイスラム教徒に対する不当な挑発だ」と強く反発する声明を出しました。
    また、トルコの宗教問題を扱う行政機関の最高責任者のギョルメズ宗教庁長官は「イスラム教への侮辱はたとえ表現の自由の名のもとであっても決して許されない」という見解を示しています。
    預言者の風刺画が「イスラム教への冒とくや侮辱」に当たる表現だとして反発するイスラム教徒と、表現の自由を重視するヨーロッパの多くの人たちとの価値観の違いが鮮明となり、今後、対立が深まることが懸念されます。

    News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150114/t10014657231000.html

    | コメント (0)

    杉並区の住宅で女性死亡、事件と自殺の両面で捜査 (14日)TBS

    東京・杉並区の住宅で、64歳の女性が首にひものようなものが巻きついた状態で死亡しているのが見つかりました。
     13日午後7時前、杉並区・阿佐谷南にある住宅の2階の寝室で、この部屋に住む無職の高瀬美知子さん(64)が首にひものようなものが巻きついた状態で死亡しているのを帰宅した夫(67)が見つけました。
     高瀬さんは母親と夫、長男の4人暮らしで、当時、母親も家にいましたが、高瀬さんが亡くなっていることに気がつかなかったということです。また、高瀬さんは自宅で介護を受けていて、38歳の長男が「介護に疲れた」と話していたということです。
     調べによりますと、長男と連絡がとれていないということで、警視庁は事件と自殺の両面で捜査しています。(14日01:59)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2393798.html

    | コメント (0)

    菓子につまようじ刺す動画を投稿、警視庁が捜査 (14日)TBS

    東京・調布市のスーパーで、スナック菓子の容器につまようじを突き刺すなどいたずらをする様子を撮影した動画がネット上に投稿され、警視庁が威力業務妨害の疑いで捜査を始めたことが分かりました。
     「『店の商品にいたずらしてみた2』でございます」(投稿された映像より)
     動画投稿サイト「YouTube」に投稿されたのは、何者かが調布市のスーパーでスナック菓子の容器につまようじを突き刺し、中に入れる様子を撮影した動画です。
     また、武蔵野市のスーパーでも菓子パンの袋を開け商品棚に戻す様子を映した動画が同じIDから投稿されていて、警視庁は威力業務妨害の疑いで捜査を始めました。
     このIDや撮影者の声が、おととし6月に「無差別で人を殺害する」と「YouTube」に投稿するなどして威力業務妨害の疑いで逮捕された当時17歳の少年のものと似ているということで、警視庁が関連を調べています。(14日01:50)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2393904.html

    | コメント (0)

    公衆トイレで爆発、少年がヤケド 足立区(14日)日本テレビ

    13日夜、東京・足立区にある公園の公衆トイレで爆発があり、17歳の少年が全身にヤケドをする大ケガをした。
     警視庁などによると、13日午後10時半頃、足立区にある公園の近くを通りかかった住民から「公衆トイレで爆発があった」と110番通報があった。警視庁や消防が調べたところ、爆発は公衆トイレの中で起きていて、17歳の少年が全身にヤケドをする大ケガをし、入院して手当てを受けている。
     現場からは、カセットコンロ用とみられる数本のガスボンベが見つかっていて、警視庁は回復を待って少年から話を聞き爆発の状況などを調べることにしている。

    2010_0318_173406banner011

    http://www.news24.jp/articles/2015/01/14/07267146.html

    | コメント (0)

    « 2015年1月13日 | トップページ | 2015年1月15日 »