« 2015年1月5日 | トップページ | 2015年1月7日 »

2015年1月6日

2015年1月 6日 (火)

詐欺未遂容疑で「受け子」19歳少年逮捕 「だまされたふり」作戦で 山形県警(6日)産経

山形署は6日、特殊詐欺で現金をだまし取る「受け子」をしたとして、詐欺と詐欺未遂容疑で千葉県野田市の無職の男(19)を逮捕したと明らかにした。
 昨年11月28日、山形市の70代男性が警察を装った電話を受けて署に通報し、同署はだまされたふりをするよう指示。男性宅を訪れた男を取り押さえて詐欺未遂容疑で逮捕し、その後の捜査で別の詐欺容疑が判明したため再逮捕した。
 再逮捕容疑は、仲間と共謀して昨年11月、愛知県西尾市の80代女性に警察官を装って「あなたの預金が振り込み詐欺グループに狙われている」と電話し、現金計900万円をだまし取った疑い。
 署によると、別の男から数十万円を報酬として受け取ったという。http://www.sankei.com/affairs/news/150106/afr1501060015-n1.html

| コメント (0)

変死体2体:常陸太田市職員と父親か (6日)毎日

6日午後2時半ごろ、茨城県常陸太田市上河合町の木造2階建て住宅で、この家に住む同市職員の男性(53)が1階で死亡しているのを、県警太田署員が見つけた。2階からは白骨化した成人の遺体も発見された。男性は父親と2人暮らしだったとみられる。同署が死因などを調べている。
 同署によると、いずれの遺体にも目立った外傷はないという。男性は1階和室であおむけに倒れており、紙くずに埋もれていた。2階の遺体はごみの上にあおむけに倒れており、少なくとも死後数カ月が経過しているとみられる。玄関の鍵はかかっていたといい、1日以降の新聞が新聞受けにたまった状態だったという。
 男性は昨年12月27日まで出勤。仕事始めの5日に出勤せず、6日も連絡が取れなかったため上司が同署に相談した。【松本尚也】

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20150107k0000m030090000c.html

| コメント (0)

「犯罪被害者庁」設置を提言…日弁連、今秋にも(6日)読売

日本弁護士連合会(日弁連)の犯罪被害者支援委員会が、国の専門機関「犯罪被害者庁(仮称)」の設置を目指し、動き始めた。
 現在は複数の省庁にまたがっている給付金支給などの支援業務の窓口を一つにし、加害者からの賠償金回収も行うことを求める予定。今秋にも必要性を訴えるシンポジウムを開いて試案をまとめ、国に提言する方針だ。
 国の犯罪被害者支援は、主に内閣府、法務省、警察庁の3省庁が所管。法整備などの政策立案は内閣府、けがをしたり家族が殺害されたりした場合に支給される「犯罪被害者等給付金」は警察庁、特殊詐欺などの犯罪収益を剥奪して被害者に分配する「被害回復給付金」は法務省が担当している。
 犯罪被害者等給付金は、1995年の地下鉄サリン事件などを契機に引き上げられ、現在は遺族に対して上限約3000万円、障害が残った場合は同4000万円。2013年度は被害者516人(遺族を含む)に、総額12億3300万円が支払われた。特殊詐欺については、13年、約1万2000件発生し、被害総額は490億円だったが、被害回復給付金は18件、計約1億4600万円だった。http://www.yomiuri.co.jp/national/20150106-OYT1T50076.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0)

死体遺棄容疑で知人逮捕、名古屋 男性殺害事件(6日)共同

名古屋市中村区の住宅で昨年12月、住人の無職水野英明さん(52)が他殺体で見つかった事件で、愛知県警は6日、死体遺棄の疑いで、知人の同市西区栄生、作業員西初容疑者(41)を再逮捕した。殺害の経緯についても事情を知っているとみて調べる。
 逮捕容疑は昨年12月22日午後6時半~8時ごろ、中村区長筬町の水野さんが住む家の1階台所シンク下の収納スペースに水野さんの遺体を押し込み隠した疑い。容疑を認めているという。
 県警は、遺体発見の約1時間半前に西容疑者が水野さんを訪ねていたことをインターホンのカメラに残された記録で確認。水野さんはその後連絡が取れなくなった。

2010_0123_11120247newslogo1_4
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010601001459.html

| コメント (0)

殺人未遂容疑で店長の男逮捕「売り上げに嫌み」 (6日)TBS

6日正午ごろ、福岡県北九州市で飲食店を経営する水上靖士さん(40)と妻の夕子さん(41)がこの店の店長の男に包丁で刺されました。夕子さんは死亡、靖士さんも側頭部を切りつけられるなどして病院に運ばれました。
 殺人未遂容疑で現行犯逮捕された石井光貴容疑者(30)は取り調べに対し、「売り上げのことで嫌みを言われた気がして、かっとなった」などと話しているということです。(06日18:09)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2388141.html

| コメント (0)

車から“危険ドラッグ”700点超押収 中国人男逮捕(6日)テレビ朝日

車のトランクから700点以上の危険ドラッグとみられる薬物が見つかりました。
 自称・会社員で中国人の劉力勇容疑者(31)は先月、千葉県柏市の駐車場に止めた車の中で、粉末状の危険ドラッグを所持した疑いで逮捕されました。劉容疑者は「危険ドラッグをたばこにつけて吸った」と容疑を認めています。警察は、この車のトランクから危険ドラッグとみられる薬物711点や吸引器具などを押収しました。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041963.html

| コメント (0)

危険ドラッグ条例改正で店に立ち入り(6日)NHK 東京

危険ドラッグの対策を強化するため、これまで東京都の職員にしか認められていなかった危険ドラッグの販売店への立ち入りを、警察官もできるようにする条例が施行されたのを受けて、警視庁の警察官が、6日、池袋にある販売店に立ち入りを行いました。

立ち入りを受けたのは、東京・西池袋の雑居ビルの2階にある危険ドラッグの販売店で、6日午後、警視庁の警察官6人が入りました。
危険ドラッグの販売店を巡っては、これまで東京都の薬物乱用防止条例で、都の職員が販売店に立ち入ることは認められていましたが、対策を強化するため、警察官にも立ち入りを認めたうえで、店側が拒んだり、質問にうその回答をしたりした場合は、20万円以下の罰金を科すことができるよう、条例が改正され、今月、施行されました。
6日は、警察官が、販売の状況などについて経営者から話を聞いたほか、規制の対象ではないとみられる危険ドラッグの商品が6種類見つかっため、警察官とともに立ち入った都の職員が、任意の提出を受けて、成分を調べるということです。
都内の危険ドラッグの販売店は、先月末の時点で、4店舗にまで減ったということですが、警視庁は、順次、立ち入りを行い、新たな商品を確認した場合は、東京都に速やかな規制を求めていくことにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150106/k10014485791000.html

| コメント (0)

チャイニーズドラゴンの元幹部逮捕(6日)NHK

中国残留孤児の2世などでつくる不良グループ「チャイニーズドラゴン」のリーダーだった男が4年前、執行猶予中であることを隠してパスポートを申請したとして、旅券法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
男は出国先の中国で身柄を拘束され、6日強制送還されたということです。

逮捕されたのは、中国残留孤児の2世などでつくる不良グループ「チャイニーズドラゴン」のリーダだった高木勝容疑者(33)です。
警視庁の調べによりますと、高木容疑者は平成23年3月、傷害事件で有罪判決を受け執行猶予中だったにもかかわらず、その事実を隠してパスポートを申請したとして旅券法違反の疑いが持たれています。
警視庁によりますと、執行猶予中であれば申請書類に記入しなければならないのに、高木容疑者はしていなかったということです。
高木容疑者はその9か月後に、このパスポートとは別の他人名義のパスポートを使って香港に出国していて、去年2月に不法滞在で中国の当局に身柄を拘束されて服役していたということで、6日、上海から強制送還され、羽田空港に向かう航空機内で逮捕されました。
調べに対し、黙秘しているということです。
警視庁はパスポートを入手したいきさつや中国での行動などを調べる方針です。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150106/k10014490181000.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日単位・レベル)
発生は減少するも…
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010554 警察庁によると年末年始(12月29日~1月3日)の全国の交通死者数は65人で前年同期に比べて5人増加したことが分かった。しかし、この数字は昭和45年の統計開始以来、3番目に低い数字だった。
 発生件数は6369件で前年同期より183件の減。負傷者は8171人で同322人。件数が多かったのは埼玉の555件。以下は愛知の534件、大阪の482件、福岡の458件、東京の390件の順。死者は千葉、静岡、愛知、福岡がそれぞれ4人でワースト1。これに対して死者0は青森、岩手、秋田、長野、福井、京都、鳥取、島根、徳島、長崎、大分、宮崎、沖縄だった。
 5日朝、新潟県の北陸自動車道で普通乗用車が逆走して、車8台が絡む事故が起き、3人が軽いケガをしている(既報)
 東日本や中日本、西日本の高速道路株式会社などによると、こうした高速道路の逆送事案は平成23年から25年の3年間で541件もあったという。このうち、高齢者が約7割、認知症が約4割というから穏やかではない。
 このため同社などは標識の大型化や高輝化、Uターン防止策の強化などに取り組むことを決めている。
 事故、死者数は減少傾向にあるとは言え、高齢化社会を迎えたことによる事故の増加。さらに危険ドラックによる暴走事故などもあり、交通事故体形が新たな課題になりつつあるのかと思えてならない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

「裸の画像をネットに流す」元交際相手への脅迫容疑で39歳男逮捕 警視庁(6日)産経

元交際相手の女性に対して「会ってくれないと裸の画像をネットに流す」などと脅したとして、警視庁多摩中央署は脅迫容疑で、東京都国分寺市の飲食店従業員、山口倫男(みちお)容疑者(39)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は平成26年12月25日午前2時ごろ、「裸の画像をネットで実名で流す」などと留守番電話にメッセージを残し、脅したとしている。
 同署によると、山口容疑者は女性と約1年半交際していたが、同年10月ごろに女性が「もう会わない」と伝えたという。http://www.sankei.com/affairs/news/150106/afr1501060012-n1.html

| コメント (0)

JR北海道社員を再逮捕 事務室で18万円と1万2500円相当の図書カード窃盗容疑(6日)産経

北海道警室蘭署は6日、JR北海道室蘭保線所の事務室の金庫から現金を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の疑いで、登別市柏木町、同社社員、渡辺政宏容疑者(25)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は平成25年12月27日から26年1月6日の間に、保線所事務室で約18万円と1万2500円相当の図書カードを盗んだ疑い。道警によると、渡辺容疑者は保線所と同じ建物にある電気関連の部署で勤務していた。
 渡辺容疑者は同年12月にも同じ事務室で約8万円が入った金庫を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の罪で札幌地検室蘭支部が12月26日に起訴。この事務室では同年5月にも金庫が盗まれており、室蘭署が関連を調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/150106/afr1501060008-n1.html

| コメント (0)

「裸の画像をネットに流す」元交際相手への脅迫容疑で39歳男逮捕 警視庁(6日)産経

元交際相手の女性に対して「会ってくれないと裸の画像をネットに流す」などと脅したとして、警視庁多摩中央署は脅迫容疑で、東京都国分寺市の飲食店従業員、山口倫男(みちお)容疑者(39)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は平成26年12月25日午前2時ごろ、「裸の画像をネットで実名で流す」などと留守番電話にメッセージを残し、脅したとしている。
 同署によると、山口容疑者は女性と約1年半交際していたが、同年10月ごろに女性が「もう会わない」と伝えたという。

http://www.sankei.com/affairs/news/150106/afr1501060012-n1.html

| コメント (0)

東京地検の新特捜部長に斎藤隆博氏(6日)日本テレビ

新しい東京地検特捜部長に、現在、交通部長を務める斎藤隆博氏が就任することになった。 斎藤氏は特捜部での勤務が長く、副部長時代には京都大学大学院元教授による収賄事件の捜査を指揮した。

2010_0318_173406banner011_2http://www.news24.jp/articles/2015/01/06/07266659.html

高齢者から多額の出資金集めた疑い、会社社長ら逮捕 (6日)TBS

元本保証をうたい「必ずもうかる」などと言って、高齢者を中心に多額の出資金を集めていたとして、福岡県久留米市の不動産会社の社長ら3人が逮捕されました。
 出資法違反の疑いで逮捕されたのは、久留米市の不動産会社・アルファートラストの社長・家中将司容疑者(42)ら3人です。
 家中容疑者らは、元本保証と年利3~6パーセントの高配当をうたい、高齢者など5人から、あわせておよそ1700万円を集めていた疑いが持たれています。電話などで高齢者を集めて説明会を開き、出資を募っていたということです。
 警察は、家中容疑者らが、およそ50人から10億円以上を集めていたとみて捜査しています。(06日13:37)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2387927.html

| コメント (0)

78歳男性が車2台にはねられ死亡 1台は逃走…(6日)テレビ朝日

長野県茅野市の国道で、78歳の男性が車2台に相次いではねられて死亡しました。2台のうち1台は走り去り、警察が捜査しています。
 5日午後11時20分ごろ、茅野市本町の国道152号で、道路を横断していた本多守一さんが軽自動車にはねられました。さらに、道路に倒れた本多さんは、後ろから来た別の車にはねられました。本多さんは頭などを強く打ち、まもなく死亡しました。また、本多さんをはねた2台目の車は現場から走り去ったということです。最初に本多さんをはねた軽自動車の男性によりますと、逃げたのは白い軽自動車だったということです。警察はひき逃げ事件として、周辺の聞き込みをするなどして捜査を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041935.html

| コメント (0)

窃盗容疑で中学教諭逮捕=同僚の机から現金-神奈川県警(6日)時事

同僚教諭の机から現金を盗んだとして、神奈川県警宮前署は6日、窃盗容疑で同県川崎市立有馬中学校教諭の小野正大容疑者(27)=同市中原区市ノ坪=を逮捕した。同署によると、「遊ぶ金欲しさにやった」と話し容疑を認めている。
 逮捕容疑は2014年10月27日午前8時半~11月1日午前11時ごろ、同校職員室で同僚の男性教諭の机から現金1万3千円を窃取した疑い。
 同署によると、現金が無くなったことに気付いた同僚が校長らに相談。調査したところ、小野容疑者が職員室の防犯アラームを夜間に切ったことがあると話したため浮上したという。(2015/01/06-13:41)

2015/01/06-13:41

| コメント (0)

女児にキス 容疑の27歳介護士を再逮捕/東入間署(6日)共同

東入間署は4日、強制わいせつの疑いで、富士見市針ケ谷2丁目、介護士中村勇也容疑者(27)を再逮捕した。再逮捕容疑は、昨年11月24日午後1時20分ごろ、同市のマンション敷地内で、小学2年の女児にキスするなどした疑い。
 同署によると、中村容疑者は買い物帰りに玄関前で母親を待っていた女児に近づき、後ずさりする女児の肩や腰を押さえてキスした。泣いて逃げてきた女児から事情を聞いた母親が110番した。
 中村容疑者は昨年12月24日、現場近くの別のマンション玄関内で、中学3年の女子生徒に後ろから近づき、スカートをめくったとして、県迷惑防止条例違反の容疑で現行犯逮捕され、女児の事件の男と似ていたことから容疑が浮上した。
 同容疑者は「小さい子なら逃げられると思った」と供述し、2件とも容疑を認めているという。
 富士見、ふじみ野市ではほかにも似たような事件の届け出があり、同署は余罪もあるとみて調べている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/01/06/02.html

| コメント (0)

乗用車と衝突、ミニバイクの男性死亡 容疑で夜勤明け刑務官逮捕 【神戸新聞】(6日)共同

 6日午前9時50分ごろ、神戸市西区大沢1の市道交差点で、近くの無職男性(67)のミニバイクと乗用車が衝突した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。
 神戸西署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、加古川刑務所の女性刑務官(30)=明石市=を現行犯逮捕。容疑を過失致死に切り替えて調べる。
 同署によると、現場は信号のある交差点。女性刑務官は夜勤明けで帰宅途中だったという。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201501/0007636370.shtml

| コメント (0)

原発テロ対策審査へ…規制委、柏崎刈羽と高浜で(6日)読売

原子力発電所の安全性向上の取り組みで積み残しとなっていたテロ対策を進めるため、原子力規制委員会は近く、中央制御室とは別の新たな制御室などテロ対策施設の審査に着手する。
 テロ対策は2013年7月に施行された新規制基準の目玉だが、規制委は自然災害対策や重大事故対策を優先し、テロ対策の導入は18年7月まで5年間の猶予期間を設けていた。規制委は、2種の原子炉タイプの「ひな型」となるよう東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)と関西電力高浜原発(福井県)の審査を先行させ、効率的に全原発への導入を進める。テロ対策のための新施設は「特定重大事故等対処施設」と呼ばれ、01年9月の米同時テロのような大型航空機の衝突にも対処できる機能が求められる。

2015年01月06日 15時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20150106-OYT1T50072.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0)

女性警察官の「存在理由」…“男社会”が進む変革の道 大阪府警発足60年(6日)産経大阪

 長らく「男社会」だった警察で女性登用が進む。男女共同参画という掛け声だけが理由ではない。明確な存在理由があるからだ。性犯罪、児童虐待、ストーカー…。被害者にも加害者にもなる女性たちは、同じ女性の警察官になら心を開く。かつて女性警察官の採用がなかったが、いまや全警察官に占める割合は全国で2番目に多い大阪府警。今年発足60周年を迎え、さらなる変革の道を歩む。

性犯罪多発都市で
 「確かに腕力では男性にかなわないんですが…」
 府警捜査1課の武田恵理奈巡査部長(30)は、警察官だった祖父の正義感にあこがれ、同じ道に。学生時代に少林寺拳法で鍛錬したが、暴れる容疑者を取り押さえるのに苦労し、歯がゆく感じることもある。
 2年前、殺人や強盗などを扱う捜査1課に配属された。凶暴な犯罪者だけが相手ではなかった。無慈悲な犯行に心を殺された女性や子供たちがいた。
 強制わいせつの認知件数が4年連続全国最多、強姦も年間200件以上と、性犯罪が多発している大阪。男性警察官の前では口を閉ざす被害者が、自分たち女性警察官には受けた被害を話してくれた。
 「女性警察官にしかできない役割がある」。武田巡査部長は自身にこう言い聞かせ、現場に向かう。

全国2番目の比率
 警察が現在の姿になったのは昭和29(1954)年7月。現行警察法の施行で、市町村単位の自治体警察を廃止し、都道府県警に一元化された。大阪は「市警察」と「府警察」が1年間併存していたため、30年7月に統合して現在の大阪府警となった。

| コメント (0)

凍結路面でスリップ、川に転落? 29歳女性が死亡 冬用タイヤは装着(6日)産経

滋賀県栗東市上砥山の県道で4日朝、湖南市石部東のアルバイト店員、原園汐里さん(29)運転の軽乗用車が道路脇から約3・5メートル下の金勝川に転落した。原園さんは全身を強く打つなどして5日未明、搬送先の病院で死亡した。 現場はカーブのある下り坂だった。草津署は、原園さんが凍結した路面でスリップしたとみて詳しく調べている。軽乗用車は冬用タイヤを装着していた。

| コメント (0)

ひき逃げ市議 直前に懇親会で日本酒飲む 長野(6日)産経

軽トラックで女性にぶつかって逃走したとして、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕された長野県飯山市議の望月弘幸容疑者(63)が直前に地元の懇親会で飲酒していたことが5日、関係者への取材で分かった。飯山署は飲酒の影響があったかどうかや、逃げた理由を調べている。
 関係者によると、望月容疑者は4日午後に始まった懇親会で日本酒を飲んでいた。4時半から5時ごろの間に、1人で席を立ったという。事故は5時10分ごろに同市南町の市道交差点で起き、女性は首の捻挫などのけがを負った。
 望月容疑者は約2時間後に同署に出頭した。親族によると、出頭前に警察から事故を起こした車を所有しているかどうか尋ねる電話があったという。http://www.sankei.com/affairs/news/150105/afr1501050022-n1.html

| コメント (0)

男子高校生をはね逃走、少年逮捕 名古屋市(6日)日本テレビ

名古屋市で、原付バイクを運転していた男子高校生を車ではね、そのまま逃走したとして、警察は5日、無職の少年を逮捕した。
 危険運転致傷などの容疑で逮捕されたのは、名古屋市中村区に住む19歳の少年。警察の調べによると、この少年は4日夜、名古屋市中村区向島町でワンボックス車を運転し、赤信号を無視して交差点に進入、原付バイクで走行していた男子高校生をはねて、そのまま逃走した疑いが持たれている。男子高校生は大腿骨(だいたいこつ)を折るなどの重傷を負った。
 事件後、警察が目撃情報などと一致するワンボックス車を発見。車の付近に警察官がいるのを見た少年が自ら110番通報していて、「逃げられないと思った」と話しているという。警察が事件の詳しい経緯を調べている。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2015/01/06/07266623.html

| コメント (0)

小1男児、ごみ収集車にひかれ死亡(6日)TBS

5日午後、高知市で自転車に乗っていたとみられる小学1年生の男の子が、ごみ収集車に巻き込まれ、死亡しました。
 事故があったのは高知市の住宅街の交差点です。警察の調べによりますと、午後1時半ごろ、バックしていたごみ収集車が自転車に乗っていたと見られる小学1年生の男の子を巻き込みました。
 この事故で濱未来君(6)が高知市内の病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。
 現場は見通しの悪い交差点で、警察はごみ収集車を運転していた庭瀬雅清容疑者(45)を過失運転致死の疑いで逮捕し、事故の原因を調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2387291.html

| コメント (0)

植え込みで九死に一生 3歳児がマンションから転落(6日)テレビ朝日

マンションの6階から3歳の男の子が誤って転落しました。高さは15mありましたが、植え込みが衝撃を吸収して、男の子は一命を取りとめました。
 5日午後、東京・江戸川区南篠崎町で、マンションの6階に住む男の子が部屋の窓から15m下の地上に落下しました。警視庁によりますと、男の子は頭の骨を折る重傷ですが、落ちた場所にあった植え込みが衝撃を吸収し、命に別状はないということです。男の子は、母親が部屋を出て目を離した隙に居間のソファに登り、窓を開けた際に誤って転落したとみられています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041912.html

| コメント (0)

トイレ使えない! 暴走族対策SA閉鎖で苦情(6日)NHK 三重

年始のUターンラッシュが続いていた3日夜から4日未明にかけて、三重県内の高速道路では、警察が一部のサービスエリアやパーキングエリアを閉鎖する措置を取りました。警察は暴走族が集まり周りの迷惑になるのを防ぐためだったとしていますが、事前の告知はなく、トイレが使えないなどの苦情が相次いだということです。

三重県警察本部によりますと、閉鎖されたのは、東名阪自動車道の上りの御在所サービスエリアや伊勢湾岸自動車道の湾岸長島パーキングエリアなど合わせて5か所です。
この地域には、例年、正月に暴走族が集まることから、ことしは三重県警が中日本高速道路に協力を求め、周りの迷惑になるのを防ぐための措置として3日午後7時から4日午前2時までの7時間にわたって5か所の施設を全面的に閉鎖したということです。閉鎖を決めたのは当日で、事前の告知はなかったということです。
また、この時間帯は年始のUターンラッシュが続いていたため、トイレが使えないなどの苦情が警察に相次いだということです。三重県警察本部高速道路交通警察隊の北井秀也副隊長は「ドライバーへの情報提供のしかたに問題がなかったかなど、今後、検討したい」と話しています。

続きを読む "トイレ使えない! 暴走族対策SA閉鎖で苦情(6日)NHK 三重"

| コメント (0)

問題ナゲットの99%販売済み 19万食分を同じ工場で製造(6日)共同

マクドナルド三沢店(青森県三沢市)で販売したチキンマックナゲットにビニール片のような異物が混入していた問題で、日本マクドナルドは5日、問題のナゲットと製造工場、日付が同じ製品は、5個入り換算で約19万1300食分あったが、99%は販売済みだと明らかにした。
 同社は製造した工場と日付が同じナゲットの販売を中止。製造過程で混入した可能性もあるとみて、原因や経緯のほか、どの店舗で販売したかを調べている。納品した可能性がある地域は、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、埼玉、千葉、東京、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の14都府県。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010501001376.html

| コメント (0)

禁煙の特急で喫煙、注意され暴れ設備壊した容疑(6日)読売

5日午後2時55分頃、JR北海道の根室線池田―

豊頃

とよころ

間を走っていた札幌発釧路行き特急列車「スーパーおおぞら5号」(7両編成)で、乗客の札幌市の60歳代男がたばこを吸い、注意されると暴れて車内設備を壊したため、列車は

浦幌

うらほろ

駅に臨時停車した。男は同駅で降ろされ、道警池田署が器物損壊容疑で逮捕した。男は調べに「やった覚えはない」と容疑を否認しているという。
 同署とJR北によると、道内だけを走る車両は全面禁煙だが、男は7号車自由席の自席で喫煙。乗客から苦情を受けた車掌が「たばこは吸わないでください」と注意したところ、男は逆上し、座席付属のテーブル台を上から押しつけて壊した疑いが持たれている。車掌は運行を管理する指令センターに連絡し、通過駅だった浦幌駅に停車した。JR北では、喫煙を巡るトラブルは2006年3月の全面禁煙化後、ほとんどないという。
 同特急は乗客約220人を乗せたまま浦幌駅に約1時間半停車するなど、このトラブルで計3本が遅れ、計約620人に影響が出た。

2015年01月06日 07時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

薬物依存:保護観察中の支援は1割未満 26県ではゼロ(6日)毎日

保護観察中に治療などの専門的支援が必要とされる最低でも3000人程度の薬物依存症者のうち、実際に支援を受けた人が全体の1割にも満たない149人にとどまっていることが法務省の調査で分かった。
 病院などの支援拠点が不足しているとの指摘が裏付けられた形だ。薬物犯らが早めに出所することになる「刑の一部執行猶予制度」が導入されると、支援が必要な人はさらに増えることから、拠点確保に向けた対策が求められている。【和田武士】

 薬物事件の9割以上を占める覚醒剤事件で、仮釈放や執行猶予判決などによって保護観察を受けていた人は、一昨年末時点で少年を含めて3226人いた。大半は要支援者とみられ、ここ数年3000人前後で推移している。保護観察中に支援が必要な薬物依存者の全体数は不明だが、法務省は数千人程度とみている。
 調査は昨年4〜9月に全国50カ所の保護観察所を通じて初めて実施した。期間内に支援を受けていたのは21都道府県の保護観察所が担当する149人だけで、全体の数%程度とみられる。残る26県では支援を受けていた人がいなかった。
 薬物使用事件は再犯率が高く、再使用防止には法務省が所管する矯正施設や保護観察所での指導だけではなく、厚生労働省が管轄する医療機関などでの専門的な支援が不可欠だ。だが、本格的な治療を受けられる拠点は全国に25施設ほどしかなく、支援体制が整っている自治体の精神保健福祉センターも11施設程度と限られている。支援を受けた人がいなかった26県の保護観察所からは「近くに専門機関がない」「依存者の対応に消極的な病院が多い」との声が寄せられた。
 こうした実態を受け、法務省の有識者検討会は昨年10月、「国は薬物依存者に対する縦割りの対応の弊害をなくし、関係機関が情報を共有して処遇・治療・支援が同時並行的に行われるような体制を構築すべきだ」との提言を公表した。法務省保護局は「地域の専門機関につながらないまま保護観察期間が終了した薬物使用経験者が地域で孤立し、再使用に陥るのを防ぐ必要がある。立ち直りを地域で支援する体制の確立が課題だ」としている。

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20150106k0000m040134000c.html

| コメント (0)

死後もネットに漂う自分の痕跡 消去を託せる相手は…(6日)朝日

何の気なしに眺めていたパソコンの画面。東京のシステム開発会社で管理職をしている松本修一さん(52)は、あるサイトに目をとめた。「ラストメッセージ」という名のホームページ。死後、インターネット上の個人情報を消す終活サービスの一つだ。
 ネット上には、膨大な個人データが、日々蓄積されている。ツイッターの投稿や、ウェブの閲覧履歴、メールの送受信。松本さんも、数年前からフェイスブックをやり始めた。
 もし突然、自分の身に何かあったら、自分の「影」がネットを漂い続けることになる。フェイスブックには自分だけが読める設定にした日記も書き込んでいる。思いつきや感情を気ままに記しているが、仮に死後、家族が読んだら、変に受け取られないだろうか。それを誰かが消してくれるなら。これは面白い。
 早速、名前やメールアドレスを登録した。でも、「バディ」の項目で松本さんの指が止まった。バディとは相棒のこと。自分が死んだ後、消してほしいメールやSNSなどのID、パスワードを受け取り、自分に代わって消去してくれる相手を決めなければならないという。説明には「友人、家族、後輩。誰でも構いません」とあった。
 死後とはいえ、誰かに自分のデータをすべて委ねられるだろうか。あれこれ顔を思い浮かべた。結局、バディは空欄のまま。関心が薄らいでいった。

| コメント (0)

« 2015年1月5日 | トップページ | 2015年1月7日 »