« 2015年1月1日 | トップページ | 2015年1月3日 »

2015年1月2日

2015年1月 2日 (金)

東京地検特捜部 政治家巡る捜査のポイント(2日)日本テレビ

去年、相次いで明らかになった政治家を巡る問題。解党したみんなの党の渡辺喜美元代表の借入金問題、松島みどり前法相が自らの選挙区で「うちわ」を配布していた問題、小渕優子前経産相の政治団体が開催した観劇会の収支が正しく記載されていなかった問題。東京地検特捜部はこの3つの問題について捜査を進めているが、それぞれの捜査のポイントを整理する。
 渡辺氏を巡る問題では、借入金が政治資金収支報告書に記載すべき政治資金に当たると言えるかがポイントだ。渡辺元代表はこれまで、「金は個人として借りたもの」と説明している。特捜部は既に渡辺氏から任意で事情を聞いており、借入金の使途や関連する口座が政治活動に使われていたものかなどの捜査を行い、政治資金に該当するかを慎重に判断することになる。
 松島氏を巡る問題では、配布した「うちわ」が財産的に価値のある有価物に当たるのか、誰が、いつ、どういった人を対象に「うちわ」を配ったのかが捜査のポイントになる。松島氏は「『うちわ』は財産的に価値のあるものではなく、有権者への寄付には当たらない」として、違法性はないと説明している。特捜部は「うちわ」作成の経緯と配布した時期について捜査し、公職選挙法違反の寄付に当たるかを慎重に判断することになる。
 小渕氏を巡る問題では、誰がどのような経緯で実際とは異なる収支報告書の記載を行ったのかがポイントになる。小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎前町長は「小渕氏は一切把握していない。責任は私が負っている」と説明している。特捜部は既に去年、小渕氏の関係先の家宅捜索を行い、折田氏の聴取を行うなどの捜査を進めている。今後は、収支報告書の記載に関与したのは折田前町長だけなのか、なぜ実際と異なる記載がされたのかについて捜査し、政治資金規正法違反事件として立件するかどうか判断することになる。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2015/01/02/07266449.html

| コメント (0)

夫婦刺され1人重体 同居の息子を逮捕(2日)NHK

2日夕方、横浜市磯子区の住宅で、この家に住む夫婦が刃物で刺され、妻が意識不明の重体で、夫もけがをしました。
警察は一緒に暮らしている22歳のアルバイト従業員の次男を殺人未遂の疑いで逮捕し、詳しい動機などを調べています。

2日午後5時前、横浜市磯子区森の住宅から、「家庭内のトラブルで両親が刺された」と消防に通報がありました。
救急隊が駆けつけたところ、住宅の2階で、この家に住む52歳の夫と47歳の妻の2人が血を流して倒れているのが見つかり、2人は病院に運ばれて手当てを受けていますが、妻は意識不明の重体で、夫もけがをしているということです。
警察によりますと、この夫婦は、長男と次男と4人で暮らしているということですが、夫が「次男に刺された」と話していることなどから、警察は殺人未遂の疑いで次男を逮捕しました。
逮捕されたのは、アルバイト従業員の津島智八容疑者(22)で、調べに対して「両親を刃物で刺した」と供述し、容疑を認めているということです。
警察はさらに事情を聴いて、詳しい動機やいきさつなどを調べています。
現場の近くに住む70代の女性は「こういうことがあって本当に驚いた。正月早々、なぜ親御さんを傷つけるようなことをしたのか分からない」と話していました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150102/k10014398451000.html

| コメント (0)

盗難車が60キロ逆走 北海道警が男の身柄確保(2日)産経

2日午前9時ごろ、北海道登別市の道央自動車道登別室蘭-登別東間の上り線で、東日本高速道路の関係車両を男が盗み、約60キロにわたって逆走した。約30分後、苫小牧市の苫小牧東-新千歳空港間で北海道警が中央分離帯の茂みに乗り入れている車を発見。近くにいた男の身柄も確保した。
 この間、事故やけが人の発生はなかった。男から事情を聴いている。
 道警によると、午前8時半ごろ、男から「軽乗用車がガス欠になった」と110番通報があった。現場には東日本高速道路の関連会社の巡回車が道警より先に到着。担当者が事情を聴こうとした際、男が車を盗んだという。
 東日本高速道路は逆走による事故を避けるため、登別室蘭-札幌南間で上り線を順次通行止めにした。大きな渋滞もなかったという。http://www.sankei.com/affairs/news/150102/afr1501020011-n1.html

| コメント (0)

6カ月長男の首絞め、母親逮捕 殺人未遂容疑、「育児に疲れた」(2日)共同

神奈川県警多摩署は2日、生後6カ月の長男の首を絞めたとして、殺人未遂の疑いで川崎市多摩区菅仙谷、母親の無職庄司亜弥容疑者(37)を現行犯逮捕した。署によると、長男の悠真ちゃんは心肺停止状態で搬送され、病院で心拍と呼吸が戻った。庄司容疑者は「育児に疲れた」と供述し、容疑を認めている。
 逮捕容疑は2日午前、自宅で悠真ちゃんの首を絞めて殺害しようとした疑い。
 悠真ちゃんの様子がおかしいことに父親(38)が気付き、119番した。一家は夫婦と悠真ちゃんの3人暮らし。川崎市によると、これまで児童相談所に虐待などの相談はなかった。

2010_0123_11120247newslogo1_4http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010201001203.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
あ~暴走族…
 【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010550 久しぶりに暴走族のニュースに接した。警視庁が大みそかの夜から元日の朝にかけて「初日の出暴走」の取り締まりを行い、15人を検挙したという=TBS
 「暴走族」の言葉を聞いて懐かしく感じた。
 昭和20年代30年代はじめごろにかけて「かみなり族」として世に現れたと言われており、オートバイのマフラーを外して爆音を響かせ、集団で走り回ることから〝音キチ〟などとも揶揄されていた。
 昭和40年代後半から不良少年たちから一般人まで浸透。グループ化が進み「関東連合」や「東北連合」、「武州連合」「八王子連合」などが誕生した。
 警察庁によると昭和49年には46件の抗争事件を起こすなど激しさを増し、50年の上半期で全国に571グループ、約2万3000人の存在が確認されたという。
 この頃だ。連中が走るだけでなく角材や木刀からヌンチャク、中には鉄パイプから火炎ビンまで所持するなど危険集団化し社会問題になり、潜入取材を試みたことがあった。
 しかし、走行技術もないことから、どうしてもリーダーと話し合いによる取材になってしまう。これがいけなかった。彼たちは「英雄気取り」で、力を誇示するため取材の時の「い集」に号令をかけるのだ。取材目的で走らせたとなれば、あおり行為。話し合いもできずに悩んだこともあった。
 そこで、実際に走っている連中を捜して追跡取材になるのだが、気が付いたら御前崎まで行って上司から叱られたことがあった。
 その暴走族も最近は減少しつつあり、マスコミの話題にもならなかったので忘れかけていた。警視庁の取締ニュースで、状況を調べてみた。
 平成21年には583グループで構成員は1万0454人だったが、23年には452グループ、8509人。25年には327グループ、6933人に減少。検挙人員も21年の3万2170人から25年には1万9123人まで減っている。
 しかし、最近は首都高の環状線を競争しながら暴走する「ルーレット族」と呼ばれるグループも誕生しており、暴力団もそうだが、〝車の暴力団〟の取締は今後も続くだろう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

工藤会、組織にほころび 幹部不在で離脱の動き(2日)朝日

特定危険指定暴力団工藤会(本部・北九州市)のトップらが殺人容疑で逮捕されてから3カ月余り。福岡県警は、工藤会の内部で離脱者が出るなど、最高幹部らの逮捕の影響が組織に出始めているとみている。北九州市民は今後の捜査や裁判の行方を見守っている。

 構成員数約560人(2013年12月末現在)の工藤会。一握りの人が就任する「幹部」をかつて務めた人物が11月中旬までに、工藤会を離脱していたことが、捜査関係者への取材でわかった。
 県警は9月、工藤会トップの総裁(68)と、ナンバー2の会長(58)を殺人容疑で逮捕。10月には組織ナンバー3の最高幹部を含む計14人が組織的犯罪処罰法違反(殺人未遂)の罪で福岡地検に起訴された。県警によると、9月以降、工藤会を離脱したり離脱の意向を示したりしている構成員らは数十人にのぼるという。最高幹部らの逮捕や起訴が、工藤会の組織にほころびを生じさせていると県警はみている。
 さらに10月末には工藤会のある幹部が内部から襲撃されるとの情報が駆け巡った。幹部宅前には組員が立つなど物々しい雰囲気に。県警にも緊張が走った。実際に襲撃は行われなかったが、県警は、組織のトップ不在が続く中、工藤会内部で主導権争いが起こっている可能性があるとみている。
 県警の千代延晃平・暴力団対策部長は「今まで表に出てこなかった組織への不平、失望感が表に出てくるようになった。一連の逮捕でそうした事象が起きている」との見方を示す。
 福岡県公安委員会は11月、工藤会に対して北九州小倉北区の本部など4カ所の事務所の使用制限命令を出した。事務所の維持管理以外での組員の立ち入りを禁じる措置で、工藤会の活動を制限し、弱体化させる狙いがある。県警は過去に起きたほかの事件でも、工藤会の関与の有無について調べを進めている。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGDV54ZRGDVTIPE021.html

| コメント (0)

カナダ 新年パーティーで銃乱射 1人死亡6人けが(2日)NHK

カナダ西部、カルガリーで1日早朝、若者らが新年を祝うパーティーを開いていた住宅で何者かが銃を乱射し、1人が死亡、6人がけがをしました。

カナダ西部アルバータ州最大の都市、カルガリーの住宅で1日午前5時ごろ、何者かが突然、銃を乱射し、男性1人が死亡、6人がけがをして病院で手当てを受けました。
現地からの報道によりますと、撃たれたのはいずれも20代から30代の男女とみられるということです。
発砲があったとき、現場の住宅では新年を祝うパーティーが開かれていて、アフリカ系の若者たちを中心におよそ50人が集まっていたということです。
警察では銃を発砲したあと現場から逃走した人物の行方を追っていますが、これまでのところ、犯人の性別や単独か複数の人物による犯行かなど詳しい状況は分かっていません。
カナダでは11月末、今回の事件が起きたのと同じアルバータ州で、男が家族ら8人を銃などで殺害したあと自殺する事件が起きたばかりで、相次ぐ発砲事件に現地では衝撃が広がっています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150102/t10014396231000.html

| コメント (0)

のどに詰まらせ…元日の都内で“餅の事故”相次ぐ(2日)テレビ朝日

元日に東京消防庁管内で、餅をのどに詰まらせて6人が救急搬送されたことが分かりました。
 東京消防庁管内では1日、50代から90代までの男女合わせて6人がのどに餅を詰まらせて救急搬送されました。このうち、国分寺市の80代の男性など2人が搬送先の病院で死亡しました。正月には、雑煮などで餅を食べる機会が増えますが、高齢者を中心に、のどに詰まらせて医療機関に搬送される事故が毎年起きています。東京消防庁は、ホームページで窒息した場合の応急手当の方法を紹介するとともに、食べる際には餅を小さく切ってゆっくりとかんでから飲み込むよう注意を呼び掛けています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041750.html

2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0)

大雪や強風、交通に影響 新幹線に遅れ、空の便欠航(2日)共同

西日本の各地では1日、大雪や強風の影響で、新幹線や在来線に遅れや運転見合わせが相次いだほか、高速道路が通行止めとなったり、空の便が欠航したりした。
 JR東海によると、東海道新幹線は、積雪のため上下線ともに新横浜―熱海間と名古屋―新大阪間で時折、徐行運転。最大26分の遅れが生じた。
 JR西日本は1日午後1時半ごろから、線路上の積雪による信号トラブルが原因で、山陰本線鳥取―米子間で運転を一時見合わせた。
 高速道路は積雪のため、名神高速道路の栗東―京都東インターチェンジ(IC)間などで通行止め。空の便は大阪空港と東北、山陰地方を結ぶ便を中心に10便以上が欠航。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010101001066.html

| コメント (0)

吹雪:長野のスキー場で大学生が一時立ち往生(2日)毎日

1日午後5時半ごろ、長野県信濃町野尻のスキー場「黒姫高原スノーパーク」から「大学生10人がゲレンデ上で動けなくなっている」と、110番通報があった。スキー場関係者が捜索し、約2時間20分後に全員が自力で下山した。けが人はなかった。滑降途中、吹雪で視界が遮られたらしい。学生らは、関西学院大学ワンダーフォーゲル部員。男子学生計20人が合宿で12月31日、黒姫山に登り、1日は山続きの同スキー場側へスキーを使って下山途中だった。【野口麗子】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20150102k0000m040025000c.html

| コメント (0)

減速できなくなった電車、パンタグラフ下げる(2日)読売

31日午後3時50分頃、兵庫県姫路市広畑区東新町の山陽電鉄網干線夢前川駅で、止まる予定だった山陽網干発飾磨行きの普通電車(3両)が、アクセルレバーの不具合で減速できなくなった。
 運転士は非常ブレーキをかけ、さらにパンタグラフを下げて電力の供給を遮断したが、電車は停止位置を約270メートル過ぎて止まった。乗客17人にけがはなかった。
 このトラブルで、網干線は約8時間運転を見合わせ、60本が運休し、約3000人に影響した。山陽電鉄によると、電車は当時、時速約30キロで走っていたという。

2015年01月02日 06時45分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

初詣中の事故相次ぐ 出雲で6人けが、福岡では91歳死亡(2日)産経

1日午後0時40分ごろ、島根県雲南市大東町北村の県道で、出雲大社(同県出雲市)に初詣に向かっていた鹿児島県奄美市名瀬古田町、臨時病院職員、蘇喜世司さん(62)の乗用車と、松江市東生馬町の教員、田中洋子さん(44)の乗用車が正面衝突した。田中さんの長男の小学生、与君(12)が頭を打ち重傷、ほか5人もけがをした。
 雲南署によると、現場には約1センチの積雪があった。夏用タイヤを付けていた蘇さんの乗用車がスリップし、反対車線にはみ出したとみて調べている。
 福岡県築上町の県道では1日午前0時55分ごろ、近くに住む無職、新ノブヱさん(91)が軽乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡した。県警豊前署によると、新さんは「初詣に行く」と家族に伝え、1人で自宅を出た。車を運転していた福岡県大野城市の会社員男性(24)も知人ら3人と、初詣に向かう途中だった。新さんは横断歩道のない場所を渡っていた。http://www.sankei.com/affairs/news/150101/afr1501010023-n1.html

| コメント (0)

交通事故死者44人 昨年の県内、戦後4番目の少なさ (2日)共同

富山県内の昨年の交通事故死者数が前年比9人減の44人(12月31日正午時点)となり、戦後4番目の少なさとなった。県警は抑止目標に掲げた「47人以下」を達成し、高齢者や冬季の事故対策の新たな取り組みが減少の要因とみている。
 14年の交通死者数のうち65歳以上の高齢者は前年比8人減の24人だった。県警は昨年から、県内193小学校区を対象に、高齢の事故当事者が少なかった校区を表彰するコンクールを実施。冬季の事故対策ではキャンペーンで雪道を走るときの注意点を重点的に呼び掛け、11、12月の死者数は7人と、前年同期の17人を大きく下回った。
 14年の交通事故件数(同)は、前年比297件減の4352件で、負傷者数は302人減の5036人で、県警は「14年の傾向を分析し、新年はさらなる事故抑止を目指す」(交通企画課)としている。
 県警のまとめでは、戦後の県内の年間交通事故死者数は1946年の31人が最少で、72年の213人がピークだった。近年は飲酒運転への罰則や取り締まりの強化などで減少傾向となり、2012年には60年ぶりに40人台となった。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20150101204.htm

| コメント (0)

交通事故死、愛知が最多204人 2014年(2日)共同

愛知県警は1日、2014年に県内で発生した交通事故の死亡者数が暫定値で204人に上ったと発表した。13年よりも15人減少したが、12年連続で全国最多になったとみられる。
 県警によると、65歳以上の死亡者が123人で全体の6割を占めた。歩行者が死亡する事故が13年より3件増加し、84件となった。一方、飲酒運転による死亡事故は13年より9件減り、8件だった。
 乗車中の死亡者は44人で、うち19人はシートベルトをしていなかった。このうちシートベルトを着用していれば、14人が助かったとみられる。
 危険ドラッグ使用による事故が約40件発生したが、死亡者はなし。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010101000936.html

| コメント (0)

警視庁が「初日の出暴走」取締り、15人摘発 (2日)TBS

大みそかの夜から元日の朝にかけてのいわゆる「初日の出暴走」を警戒し、警視庁が取り締まりを行いました。
 取り締まりは東京の首都高速道路などで行われ、1日朝までに、車のマフラーを不正に改造する整備不良などで15人が摘発されました。
 ここ数年、首都高の環状線を競争しながら暴走する「ルーレット族」と呼ばれるグループが目立っているということで、警視庁は、2日まで900人態勢で警戒にあたる方針です。(01日11:12)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2384751.html

| コメント (0)

名古屋のアパートで火災、3人死亡 (2日)TBS

2日未明、名古屋市昭和区にある木造2階建てのアパートで火事があり、住人とみられる3人が死亡しました。
 2日午前0時50分すぎ、昭和区御器所にある木造2階建てのアパート「鶴亀荘」の2階から煙が出ているのを通りかかった女性が見つけ、消防に通報しました。消防などによりますと、消防車など21台が出て消火にあたり、火はおよそ5時間後に消し止められましたが、建物はほぼ全焼。住人とみられる3人が心肺停止状態で助け出され、病院に運ばれましたが、いずれも死亡が確認されました。
 アパートは、1階に2部屋、2階に3部屋があり、このうち1部屋に男性1人、別の部屋に男女1人ずつが住んでいたという情報もあります。
 警察と消防が、遺体の身元の特定を進めるとともに、出火の原因を調べています。(02日06:51)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2385256.html

| コメント (0)

« 2015年1月1日 | トップページ | 2015年1月3日 »