« 危険ドラッグ製造を主導か…帰国の男、成田で拘束 薬事法違反容疑で逮捕(6日)産経 | トップページ | 車載カメラに運転手の頭切り付ける細身の若い男(6日)読売 »

2014年12月 6日 (土)

高速ICで発砲、組員けが 暴力団同士の抗争か 甲府(6日)産経

6日午前7時25分ごろ、甲府市上曽根町の中央自動車道甲府南インターチェンジ(IC)で「パンパンと発砲音を聞いた」と通行人から110番通報があった。車に乗っていた暴力団幹部ら数人が撃たれ、けがを負ったが、命に別条はない。市民にけが人はいなかった。山梨県警は暴力団同士の内部抗争による発砲事件とみて捜査している。
 県警組織犯罪対策課によると、車には指定暴力団稲川会から離脱した組織の幹部らが乗っており、ICの料金所を通過して本線に入る前に別の車から撃たれた。発砲した車はそのまま本線に逃走した。
 山梨県内では平成24年から、稲川会系組織の分裂をめぐる内部抗争が続いている。http://www.sankei.com/affairs/news/141206/afr1412060016-n1.html

« 危険ドラッグ製造を主導か…帰国の男、成田で拘束 薬事法違反容疑で逮捕(6日)産経 | トップページ | 車載カメラに運転手の頭切り付ける細身の若い男(6日)読売 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険ドラッグ製造を主導か…帰国の男、成田で拘束 薬事法違反容疑で逮捕(6日)産経 | トップページ | 車載カメラに運転手の頭切り付ける細身の若い男(6日)読売 »