« 逃走や暴動に危機感…刑務所の半数、老朽化深刻(27日)読売 | トップページ | 西東京で男がコンビニ強盗 何も取らず逃走(27日)産経 »

2014年12月27日 (土)

オンラインカジノ:勧誘被害、大学生に広がる(27日)毎日

インターネット上で行う賭博「オンラインカジノ」に会員登録させられ、入会金をだまし取られる被害が、大学生の間に広がっている。カジノは国内では違法だが、解禁に道を開く「カジノ法案」が国会で審議されたのを引き合いに「国も認め始めている。今入ると得」などとうたうのが特徴。東京都消費生活総合センターが注意を促している。

 都内のある大学生は11月、友人に誘われファミリーレストランで業者を名乗る男性からオンラインカジノの説明を受けた。男性は海外サイトの賭博は合法と強調し、「18万円払えば年間売り上げの1%をもらえる」と言って、法案を引き合いに勧誘したという。別の大学生は友人から「会員登録すればオンライン上のカジノで遊べるうえ、人を紹介すれば報酬ももらえる」と誘われた。その場で海外サイトに登録し、クレジットカードで入会金17万円を支払った。しかし、後で解約しようとしたが、契約書がなく、解約方法も分からないため、お金は戻ってこないままという。
 同センターによると、同様の相談は今年度に入ってから見られるようになり、4月以降で11件。特に10〜12月の3カ月ではうち7件と増えている。各地の消費者センターでも、今年4〜12月に、神奈川県で19件、大阪府で8件、愛知県で5件など、全国的に広がりを見せている。相談の多くは大学生で被害額は17万〜18万円が中心。契約書などの書面がなく、「業者」の実態は不明という。
 口コミやSNSなどで広がっているとみられ、ネット上に被害の書き込みもある。都のセンターでは、相談を寄せていない被害がもっとあると見ており、「ネット上でも国内で賭け事をすれば犯罪行為になり得る。不審な勧誘を受けたらすぐに契約せず、近くの消費者センターに相談してほしい」と呼び掛けている。【大迫麻記子】
http://mainichi.jp/select/news/20141228k0000m040020000c.html

« 逃走や暴動に危機感…刑務所の半数、老朽化深刻(27日)読売 | トップページ | 西東京で男がコンビニ強盗 何も取らず逃走(27日)産経 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逃走や暴動に危機感…刑務所の半数、老朽化深刻(27日)読売 | トップページ | 西東京で男がコンビニ強盗 何も取らず逃走(27日)産経 »