« 偽造在留カード“密輸”野放し 罰則なく不法滞在の温床に(30日)産経 | トップページ | 拉致報告めど立たず越年 北朝鮮 人権・サイバー批判で反発、遅延も(30日)共同 »

2014年12月30日 (火)

歯の“刻印”で身元特定 警視庁、10年前の要請が奏功 初の判明事例か(30日)産経

都内で10月、身元不明の女性遺体が見つかり、女性の入れ歯に「日大」の文字をかたどったプレートが埋め込まれていたため日本大付属病院で治療歴があったことが判明し、身元の特定につながっていたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は、身元特定に役立てようと、約10年前に日大歯学部の小室歳信(としのぶ)教授にこうした“刻印”を入れ歯に施すように要請しており、今回が初めての成功事例とみられる。
 捜査関係者によると、女性は10月下旬、都内の川で浮いた状態で見つかり、その場で死亡が確認された。目立った外傷などはなく、自殺とみられる。
 免許証など身元が分かるものは持っていなかったが、警視庁葛西署が検視をしたところ、右の上あごにあった入れ歯の歯茎部分に「日大」の文字をかたどった樹脂製のプレートが埋め込まれているのを発見。同署が江戸川区歯科医師会を通じて日大歯学部に照会を依頼し、カルテなどを調べた結果、女性が約5年前に日大歯学部付属歯科病院で治療を受けていたことが分かったという。

« 偽造在留カード“密輸”野放し 罰則なく不法滞在の温床に(30日)産経 | トップページ | 拉致報告めど立たず越年 北朝鮮 人権・サイバー批判で反発、遅延も(30日)共同 »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偽造在留カード“密輸”野放し 罰則なく不法滞在の温床に(30日)産経 | トップページ | 拉致報告めど立たず越年 北朝鮮 人権・サイバー批判で反発、遅延も(30日)共同 »