カテゴリー

« 住宅全焼 焼け跡から2人が遺体で見つかる(9日)NHK宮崎 | トップページ | 町田市の団地で火災 57歳男性が死亡(9日)日本テレビ »

2014年12月 9日 (火)

蔵王山“火山活動の高まり見られる”(9日)NHK

宮城県と山形県にまたがる蔵王山について、気象庁は、先月、火山性微動が4回観測されるなど、火山活動の高まりが見られるとして、火口に近づく際には引き続き十分に注意するよう呼びかけています。

気象庁が8日発表した先月の火山活動の概況によりますと、蔵王山では、先月18日から19日にかけて、地下のマグマやガスなどの動きを示すと考えられる火山性微動が4回観測されました。
このうち、先月19日の午後10時前には、これまで観測された中でも比較的振幅の大きな微動がおよそ7分30秒にわたって続きました。
火山性微動は、去年1月以降、3か月に1度ほどの頻度で観測されていましたが、ことし8月以降は、毎月観測されています。
気象庁は「火山性微動の発生の間隔が短くなっているのは、火山活動の高まりと考えられるので、今後の推移を注意深く監視したい」と説明しています。
蔵王山の過去の活動では、突然、噴気孔が出来たり、火山ガスが噴出したりしたことがあるため、気象庁は登山などで火口に近づく際は引き続き十分に注意するよう呼びかけています。

News_pic1_2

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141208/k10013819371000.html

  阿蘇山“活発な噴火活動続く”

熊本県の阿蘇山について、気象庁は、先月からマグマ噴火が発生し、活発な噴火活動が続いているとして、火口の周辺では噴石などに引き続き警戒するよう呼びかけています。

気象庁が8日発表した火山活動の概況によりますと、阿蘇山の中岳第一火口では、先月25日に噴火が発生して以降、活発な噴火活動が続き、先月27日には溶岩などの噴出物が火口周辺に飛び散る「ストロンボリ式噴火」が観測されました。
火口の周辺では、溶岩が固まって出来た「スコリア」と呼ばれる石が見つかったほか、火山灰の中にもマグマが上昇してできたとみられる茶褐色のガラス片などが含まれていたことなどから、気象庁はマグマ噴火が起きているとしています。
また、地殻変動の観測では、ことしの夏以降、火口の西側の山麓(さんろく)の地盤が僅かに伸びる傾向の変化が捉えられているため、気象庁は地下にある「マグマだまり」にマグマが蓄積されている可能性があるとみて、今後の推移を注意深く監視することにしています。
気象庁は、火口からおよそ1キロの範囲では噴火に伴って噴石が飛び散るおそれがあるとして、引き続き警戒するよう呼びかけています。

« 住宅全焼 焼け跡から2人が遺体で見つかる(9日)NHK宮崎 | トップページ | 町田市の団地で火災 57歳男性が死亡(9日)日本テレビ »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 住宅全焼 焼け跡から2人が遺体で見つかる(9日)NHK宮崎 | トップページ | 町田市の団地で火災 57歳男性が死亡(9日)日本テレビ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ