« 相次ぐトラック事故 警視庁が新対策へ(28日)NHK | トップページ | ギリシャ沖で旅客船火災、乗員乗客466人の救助急ぐ(28日)産経 »

2014年12月28日 (日)

長野県警が登山専門課…全国初、安全情報を発信(28日)読売

長野県警は、安全に登山してもらうための情報を発信する「山岳安全対策課(仮称)」を新設することを決めた。
 警察庁によると、登山の安全対策を専門に行う課の設置は全国で初めてで、長野県警は年明け後の機構改革で設置する方針。
 長野県は、北、南、中央と三つのアルプスを抱え、昨年の山岳遭難発生件数は300件に上り、4年連続で全国最悪となった。また、9月27日には、57人が死亡し、戦後最悪の火山災害となった御嶽山噴火が発生。遺族や生還者からは「噴火に関する情報をもっと発信してほしかった」という声が上がった。
 新設する課は、山の特徴の解説、避難場所の案内、噴石から身を守るヘルメットなど装備品の確認の呼びかけなどを行う。警視を所属長として10人程度の警察官が専従し、遭難救助を担当する山岳遭難救助隊の指揮も担う。3アルプスなど主要な山岳を管轄する5警察署の署員など計約40人程度が同課を兼務することになる。

2014年12月28日 19時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 相次ぐトラック事故 警視庁が新対策へ(28日)NHK | トップページ | ギリシャ沖で旅客船火災、乗員乗客466人の救助急ぐ(28日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相次ぐトラック事故 警視庁が新対策へ(28日)NHK | トップページ | ギリシャ沖で旅客船火災、乗員乗客466人の救助急ぐ(28日)産経 »