« 大阪地裁:控訴期限を誤る 高裁「二重ミス」批判(24日)毎日 | トップページ | 【未解決事件を追う】消えたキーマン 失われた手掛かり 女子高生ら射殺の八王子スーパー強殺19年、思わず漏れた「もう無理かも…」(24日)産経 »

2014年12月24日 (水)

埼玉・祖父母強殺:被告少年は「居所不明児」、無援の年月(24日)毎日

埼玉県川口市で今年3月、少年(18)が祖父母を殺害し金銭を奪った強盗殺人事件の裁判員裁判の過程で、少年が社会問題化している「居所不明児」として学ぶ機会を奪われ、暴力やネグレクトなど虐待を受けてきた生い立ちが浮かんだ。公判で裁判官が「大人は救いの手を差し伸べられなかったのか」と発言する一幕もあった。判決は25日、さいたま地裁(栗原正史裁判長)で言い渡される。【山寺香】
 少年は初公判で、殺害行為を認めつつ「母親の指示だった」と述べた。弁護側も、強盗罪などで服役中の母親(42)らの虐待が背景にあると訴えた。
 弁護側の主張では、少年の父母は就学前に別居し、その後離婚。引き取った母親はホストクラブに通い続け、少年は毎晩家に来て酒を飲むホストに付き合わされ、小学4年からほとんど学校に通わなくなった。
 母親はホストを追いかけ1カ月ほどいなくなったこともあった。母親は再婚し、一時は元ホストの義父と母親と3人で静岡に暮らし、2〜3カ月間は静岡の小学校に通った。その後、住民票を残したまま埼玉に戻り、小学5年からは学校に通っていないという。
 日雇い仕事で義父に収入がある日は3人でラブホテルに宿泊し、仕事がない日は公園で野宿した。ささいなことで義父に殴られ、前歯が4本折れたこともあったという。
 少年は母親と義父の指示で、親類らに金銭を無心していた。弁護側証人として出廷した父方の祖母の姉は「約4年間で振り込んだ金は400万〜500万円。借金して調達した」と証言した。
 その後、義父は塗装会社に就職し、会社の寮で暮らした。間もなく義父は失踪し、少年は16歳から代わりに働いた。母親は少年に給料の前借りを強要し、金が尽きた直後、事件が起きたという。
 少年を精神鑑定した精神科医は公判で「少年は、虐待する母親の言う通りにするしかない『学習性無力感』の状態にあり、仮に母親の(殺害)指示がなかったとしても、(金を必要とした)母親の言葉の意図を察知して殺害に至った可能性がある」と分析した。
 公判では、裁判長が検察側証人の被害者遺族として出廷した少年の母の姉に「決してあなたを非難しているわけではないが、周囲にこれだけ大人がそろっていて誰か少年を助けられなかったのか」と尋ね、裁判員がため息をつく場面もあった。

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20141224k0000m040112000c.html

« 大阪地裁:控訴期限を誤る 高裁「二重ミス」批判(24日)毎日 | トップページ | 【未解決事件を追う】消えたキーマン 失われた手掛かり 女子高生ら射殺の八王子スーパー強殺19年、思わず漏れた「もう無理かも…」(24日)産経 »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪地裁:控訴期限を誤る 高裁「二重ミス」批判(24日)毎日 | トップページ | 【未解決事件を追う】消えたキーマン 失われた手掛かり 女子高生ら射殺の八王子スーパー強殺19年、思わず漏れた「もう無理かも…」(24日)産経 »