« 吸引し自転車で免停処分 危険ドラッグ、千葉(18日)共同 | トップページ | 暴風雪2人死亡…休校・休園、全国で1300超(18日)読売 »

2014年12月18日 (木)

危険ドラッグ店、一斉立ち入り=改正法施行で-関東信越厚生局など(18日)時事

危険ドラッグの規制を強化した改正医薬品医療機器法(旧薬事法)が17日施行されたのに合わせ、関東信越厚生局麻薬取締部などは同日午後、東京都内の危険ドラッグ販売店に一斉立ち入り検査を実施した。警視庁の捜査員も同行し約50人態勢で、3日間で計24店を順次検査する方針。
〔写真特集〕危険ドラッグ

 法改正により、販売停止命令の対象が、指定薬物の疑いがあるものに加え、指定薬物と同等以上に毒性があると疑われる物品に拡大。官報に告示することで、命令を受けた商品の販売や広告を、インターネットも含め全国一律で禁止できるようになった。
 これまでも、指定薬物の疑いがある物品を発見した場合、成分検査と販売停止を業者に命じることができたが、効力は立ち入り検査した個別の販売店に限られ、流通を止められなかった。
 関東信越局によると、17日は新宿区の3店を検査し、うち1店から指定薬物の疑いがある袋入りの植物片が見つかり、販売停止などを命じた。危険ドラッグを販売する店舗は取り締まりの強化で多くが廃業し、都内のほか横浜や神戸などにわずかに残るだけという。(2014/12/17-20:33)

« 吸引し自転車で免停処分 危険ドラッグ、千葉(18日)共同 | トップページ | 暴風雪2人死亡…休校・休園、全国で1300超(18日)読売 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吸引し自転車で免停処分 危険ドラッグ、千葉(18日)共同 | トップページ | 暴風雪2人死亡…休校・休園、全国で1300超(18日)読売 »