« タイヤ交換中? 男女2人はねられ死亡 名古屋(14日)朝日 | トップページ | 警視庁「東京五輪テロ」封じ込め 爆弾、ハイジャック…私服警官「拳銃」潜ませ機内搭乗の“リアル”(14日)産経 »

2014年12月14日 (日)

DNA鑑定で検体すり替え…提供者と採取者結託(14日)読売

虚偽の認知届を提出したとして、日本人とフィリピン人の男女3人が警視庁に逮捕された事件で、東京地検は12日、社団法人理事・山本公雄容疑者(59)ら3人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で起訴した。
 事件では、検体をすり替えて作成したDNA鑑定書が悪用されていた。
 同庁幹部によると、山本容疑者は、フィリピン人の女に在留資格を取らせるため、フィリピン人男性との間に生まれた女児の父子鑑定の際、父親の唾液を日本人のものだと偽り、入管に虚偽の鑑定書を提出した。山本容疑者は「サンプル採取者」の資格を持っており、女からは報酬を受け取っていた。父子鑑定を依頼された鑑定会社の社長は読売新聞の取材に対し、「検体の提供者と採取者に結託されると不正を見ぬくのは不可能」と話した。民間のDNA鑑定を巡っては、日本法医学会が指針を策定しているが、強制力はなく、検体の採取場所や方法も明確に定められていない。和歌山県立医科大の近藤稔和教授(法医学)は「裁判の証拠にもなるDNA鑑定の信頼性を揺るがしかねず、早急な対策が求められる」と指摘している。

2014年12月14日 09時58分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« タイヤ交換中? 男女2人はねられ死亡 名古屋(14日)朝日 | トップページ | 警視庁「東京五輪テロ」封じ込め 爆弾、ハイジャック…私服警官「拳銃」潜ませ機内搭乗の“リアル”(14日)産経 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤ交換中? 男女2人はねられ死亡 名古屋(14日)朝日 | トップページ | 警視庁「東京五輪テロ」封じ込め 爆弾、ハイジャック…私服警官「拳銃」潜ませ機内搭乗の“リアル”(14日)産経 »