« 東京駅記念スイカ、残り7千枚ネット販売も検討(21日)読売 | トップページ | 危険ドラッグ疑い、検査終了まで禁輸 水際阻止へ新運用 厚労省(21日)産経 »

2014年12月21日 (日)

暴力団“封圧”の陰で暴れ回る「関東連合」OBと「怒羅権」OBの“無軌道”(21日)産経

東京・六本木のクラブで一昨年、男性客が襲撃されて死亡した事件を契機に警察の集中取り締まりの対象となった「準暴力団」。六本木の事件を主導した暴走族「関東連合」OBグループや、暴走族「怒羅権(ドラゴン)」のOBらで構成されるチャイニーズドラゴンに代表される準暴力団に、都内の2グループが新たに認定されるなど、今年は警視庁の取り締まりの強化が進んだ年だった。だが、特にチャイニーズドラゴンによる犯罪は一向に後を絶たず、警視庁は摘発を一層強化していく方針という。

新たに2グループ

 警視庁は3月、「集団で常習的に暴力的不法行為に関与している」として、八王子周辺で活動していた暴走族「打越スペクター」OBと、大田区を拠点としていた暴走族「大田連合」OBの2グループを新たに準暴力団に認定している。
 警察庁は、暴力団のような明確な組織性はないものの、メンバーが集団で常習的に暴力的な不法行為をしているグループ、と準暴力団を定義。警視庁では、東京を中心に活動する関東連合OBグループとチャイニーズドラゴンの2つを、それまで準暴力団とみなしていた。警視庁関係者は「中でもチャイニーズドラゴンは、いくら摘発しても反社会性が衰えない点で悪質だ」と指摘する。http://www.sankei.com/affairs/news/141221/afr1412210002-n1.html

« 東京駅記念スイカ、残り7千枚ネット販売も検討(21日)読売 | トップページ | 危険ドラッグ疑い、検査終了まで禁輸 水際阻止へ新運用 厚労省(21日)産経 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京駅記念スイカ、残り7千枚ネット販売も検討(21日)読売 | トップページ | 危険ドラッグ疑い、検査終了まで禁輸 水際阻止へ新運用 厚労省(21日)産経 »