« 愛知県警が車に無断でGPS 名古屋の男性が提訴(19日)共同 | トップページ | 更新装い偽カード送りつけ、本物狙う新手の詐欺(19日)読売 »

2014年12月19日 (金)

ドラム缶殺人、二審も死刑=無罪主張退ける-大阪高裁(19日)時事

大阪府阪南市の駐車場で2009年、ドラム缶に入った元会社社長夫婦の遺体が見つかった事件で、強盗殺人罪などに問われた鈴木勝明被告(47)の控訴審判決が19日、大阪高裁であった。笹野明義裁判長は死刑とした一審大阪地裁堺支部の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。弁護側は即日上告した。
 笹野裁判長は鈴木被告が死体遺棄を認めたことや、事件後に被害者の高級時計を質入れした点などから一審判断は妥当と指摘。「死刑を選択するほかない」と述べた。被告側は「被告人が現場にいたか証拠上明らかではない」などと無罪を主張したが、合理的な理由がないとして退けた。(2014/12/19-12:39)

2014/12/19-12:39

« 愛知県警が車に無断でGPS 名古屋の男性が提訴(19日)共同 | トップページ | 更新装い偽カード送りつけ、本物狙う新手の詐欺(19日)読売 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛知県警が車に無断でGPS 名古屋の男性が提訴(19日)共同 | トップページ | 更新装い偽カード送りつけ、本物狙う新手の詐欺(19日)読売 »