« 愛媛、78歳男性が自宅で殺害か 息子から事情聴く(1日)共同 | トップページ | 少年が連続放火に関与認める供述 京都(1日)NHK »

2014年12月 1日 (月)

アレフなど2教団の観察処分更新を請求(1日)NHK

公安調査庁は、オウム真理教から名前を変えた「アレフ」など2つの教団について、今も地下鉄サリン事件などの無差別の大量殺人事件を正当化する指導を行っているとして、来年1月末で切れる観察処分の期間を3年間更新するよう、公安審査委員会に請求しました。

オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」と、教団から分裂した「ひかりの輪」には、過去に無差別の大量殺人を起こした団体を対象とする「団体規制法」に基づいて、定期的な活動実態の報告などを義務づける観察処分が適用されていますが、来年1月末に適用の期限を迎えます。
これを前に公安調査庁は1日、公安審査委員会に対し、2つの教団に対する観察処分の期間を3年間更新するよう請求しました。
請求によりますと、2つの教団は15の都道府県に合わせて32の施設を持ち、信者はおよそ1650人で、3年前と比べておよそ150人増え、組織が拡大しているということです。
このうち、「アレフ」は、麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚を崇拝することを明確に打ち出して活動し、「ひかりの輪」は、松本死刑囚の影響力を払拭(ふっしょく)したかのように装っているものの、松本死刑囚の意思の実現を目的に活動しているとしています。
その上で、いずれも、地下鉄サリン事件などの無差別の大量殺人事件を正当化する指導を行っており、今後、同じような行為に及ぶ危険性があるとして、観察処分の期間の更新を求めています。
公安審査委員会は、今後、教団側の意見も聞いたうえで、期間を更新するかどうか判断することにしています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141201/t10013617941000.html

« 愛媛、78歳男性が自宅で殺害か 息子から事情聴く(1日)共同 | トップページ | 少年が連続放火に関与認める供述 京都(1日)NHK »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛媛、78歳男性が自宅で殺害か 息子から事情聴く(1日)共同 | トップページ | 少年が連続放火に関与認める供述 京都(1日)NHK »