« 高さ8mの屋上から… 駐車場から車が転落 女性死亡(28日)テレビ朝日 | トップページ | 軽乗用車が分離帯に衝突3人死傷 中央道(28日)NHK »

2014年12月28日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)
そして戦いは続く…
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010531 今年は大きな暴力団に動きがあった。取締の厳しい福岡県の北九州市に根を張る暴力団工藤会が東京・台東区と千葉県松戸市に事務所を置いていることが分かった=産経新聞
 福岡県警は平成22年4月に施行された暴力団排除条例により集中取締を進めたことなどで、その行方が懸念されていたが今年、関東への進出が確認されたというのだ。
 県警は条例制定に加えて詐欺や強盗の刑法犯や、特別法犯の覚醒剤の使用などあらゆる法令を駆使し、22年で83人を検挙している。
 あれから2年の今年12月、金塊約4キロを財布に隠して密輸しようとした指定暴力団山口組系幹部ら2人が逮捕されるなど、まだまだ衰えていない。
 警察庁によると今年11月まで全国の警察が刑法・特別法犯で検挙した暴力団事件の件数は2万4669件。検挙人員は1万2335人。前年同期と比べて件数で4025件、人員で266人減っている。
 罪種別で最も多いのは窃盗で1万4211件、2118人の検挙。次いで覚せい剤取締法違反で8127件、5612人。
 このほかに詐欺が2610件の2137人。傷害が2146件の2506人となった。問題は、ほとんどの罪種で減少しているが、殺人が81件、検挙人員が119人で件数で7件、人員で10人も増えている。
 今後は、暴力団から脱退を装い愚連隊になるなど〝隠れ技〟に注意が必要だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 高さ8mの屋上から… 駐車場から車が転落 女性死亡(28日)テレビ朝日 | トップページ | 軽乗用車が分離帯に衝突3人死傷 中央道(28日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高さ8mの屋上から… 駐車場から車が転落 女性死亡(28日)テレビ朝日 | トップページ | 軽乗用車が分離帯に衝突3人死傷 中央道(28日)NHK »