« 世田谷区で血だらけの女性死亡 “バール”が傍らに(2日)テレビ朝日 速報 | トップページ | 東京・世田谷で女性死亡 夫は大阪で自殺、無理心中か(2日)産経 »

2014年12月 2日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2,3日単位・レベル)
妙薬はないものか
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010471_2 なんとも複雑な構図だ。警察的には口座凍結で対処していた振り込め詐欺だが、銀行引き出しを専門とする〝出しこ〟を雇ったり、これもままならぬと思えば、被害者から現金を受け取る〝受け子〟まで登場した。ところが今度は、その受け子の逃走を手助けする役まで現れてしまった。
 今回、警視庁が逮捕したのは33歳の無職の男。男は詐欺グループのリーダーに受け子として元妻を紹介していたというから呆れたものよ…
 さらに、男の逃亡を手助けする役割の人物が2人もいたというから、開いた口は塞がらない。
 この振り込め詐欺の今年10月1ヶ月間の認知件数が初めて4桁の数字を記録するなど増加傾向にある。
 警察庁によると今年10月までの振り込め詐欺の認知件数は8917件で被害額は293億9493万5712円。前年同期に比べて9億2436万円も増加している。
 10月ひと月だけの認知件数は1195件で被害額は37億2684万3000円もあった。認知件数がひと月で1000件を超えたのは初めて。被害額も最悪を記録してしまった。
 一方、検挙件数は320件、人員は251人でこれまた1カ月の数字としては最高の数字だ。特に年末は被害が増える傾向にあり、〝劇場形犯罪〟に妙薬はないものか?
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 世田谷区で血だらけの女性死亡 “バール”が傍らに(2日)テレビ朝日 速報 | トップページ | 東京・世田谷で女性死亡 夫は大阪で自殺、無理心中か(2日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世田谷区で血だらけの女性死亡 “バール”が傍らに(2日)テレビ朝日 速報 | トップページ | 東京・世田谷で女性死亡 夫は大阪で自殺、無理心中か(2日)産経 »