« 危険ドラッグのデリバリー役か、55歳男を逮捕(10日)TBS | トップページ | 110番発信のウイルス拡散=作成の高校生ら6人書類送検-兵庫県警(10日)時事 »

2014年12月10日 (水)

保護された犬、飼育希望相次ぐ 栃木県内大量遺棄事件(10日)共同

県内で人気小型犬の死骸が相次いで見つかった事件で、那珂川町富山の遺棄現場付近で保護された犬8匹に対し、飼育希望の申し込みが県内外から約40件あることが9日、県動物愛護指導センターへの取材で分かった。同センターは「警察の指示を待って譲渡に向けた調整を図りたい」としている。一方、遺棄現場に近い同町矢又でもシバイヌ系の雑種1匹が保護されていたことが判明、県警は関連があるとみている。
 飼育希望の申し込みは、事件が報道された直後から県内外の個人や動物愛護団体から寄せられている。犬の健康状態を心配したり、譲渡時期を尋ねたりする問い合わせも相次いでいるという。
 一方、事件に関連するとみられるシバイヌ系の雑種1匹が、遺棄現場から約2キロ離れた同町矢又の民家で保護されていることが判明。保護している男性(70)によると、同3日午後4時ごろ、自宅周辺の空き地でこの犬を見つけた。車にひかれたとみられる犬の死骸のそばで、寄り添うように座っていたという。男性は翌日、那珂川署に通報。県警は現場の状況から放置された犬の一部とみている。
 男性は「事件の犬だとすれば、よく生き残った」と話し、「ヒロコ」と名付け、かわいがっている。犬はやせ細り、物音に敏感でおびえる素振りも多いが、ストーブ前に寝転がり、餌もよく食べなど、少しずつ安心した様子を見せているという。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20141210/1804043

« 危険ドラッグのデリバリー役か、55歳男を逮捕(10日)TBS | トップページ | 110番発信のウイルス拡散=作成の高校生ら6人書類送検-兵庫県警(10日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険ドラッグのデリバリー役か、55歳男を逮捕(10日)TBS | トップページ | 110番発信のウイルス拡散=作成の高校生ら6人書類送検-兵庫県警(10日)時事 »