« スカート内を動画撮影、少年刑務所の職員逮捕(21日)読売 | トップページ | 米、中国にサイバー協力要請 北朝鮮から経由と判断(21日)共同 »

2014年12月21日 (日)

オバマ氏、北朝鮮に警告「対抗措置とる」 サイバー被害(21日)朝日

米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)が大規模なサイバー攻撃を受けた問題で、米連邦捜査局(FBI)は19日、「北朝鮮政府に責任があると判断した」と発表した。オバマ大統領は同日、表現の自由や経済活動などで米国への損害が大きいとして、北朝鮮に対し「対抗措置をとる」と警告した。

 ホワイトハウスで19日に記者会見したオバマ氏は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記の暗殺を描くコメディー映画「The Interview(ジ・インタビュー)」を制作したSPEへのサイバー攻撃について、「北朝鮮が国として攻撃することを決めた」と明言した。北朝鮮への対抗策については「適切な時期に相応の対策をとる」と述べるにとどめた。
 さらに、「どこかの独裁者が、米国で検閲するような社会を許してはいけない」と指摘。映画やドキュメンタリー、ニュース番組の制作者への脅迫や、脅迫を理由とする自己規制も防がなければならないと強調した。オバマ氏は、SPEが上映中止を判断したことについて、「私は彼らは間違いを犯したと思う」と述べた。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGDN2FK4GDNUHBI00G.html

« スカート内を動画撮影、少年刑務所の職員逮捕(21日)読売 | トップページ | 米、中国にサイバー協力要請 北朝鮮から経由と判断(21日)共同 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカート内を動画撮影、少年刑務所の職員逮捕(21日)読売 | トップページ | 米、中国にサイバー協力要請 北朝鮮から経由と判断(21日)共同 »