« 厚労省の男性課長が部下にパワハラ、減給処分に(16日)読売 | トップページ | 練炭自殺図ったか、高校生の男女が重体 (16日)TBS »

2014年12月16日 (火)

朝日新聞社に脅迫文と小刀届く 報道姿勢などを批判(16日)朝日

 朝日新聞東京本社(東京都中央区)に15日、アベノミクスに対するこれまでの報道姿勢や慰安婦問題への対応を批判し、謝罪しなければ記者を殺すなどと印字した脅迫文と小刀(刃渡り約6・5センチ)が入ったレターパックが届いた。朝日新聞社は警視庁に相談。築地署が捜査を始めた。
 文書はA4判1枚。「売国朝日新聞に告ぐ」と題し、投票日の14日正午までにテレビで謝罪放送をするよう要求。「(応じなければ)あらゆる取材現場に出向き朝日新聞の記者を見つけ次第殺す。日本民族精神再建の第一歩だ」と書いてあった。小刀は木製のさやに入っており、全長約18センチ。アルミホイルで全体を包んであった。
 レターパックは神奈川県内の郵便局が12日に引き受けた記録が残っていた。依頼主欄には住所や名前が手書きされていたが、住所は実在しないものだった。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGDH5V63GDHUTIL045.html

« 厚労省の男性課長が部下にパワハラ、減給処分に(16日)読売 | トップページ | 練炭自殺図ったか、高校生の男女が重体 (16日)TBS »

脅迫・恐喝・略取・誘拐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厚労省の男性課長が部下にパワハラ、減給処分に(16日)読売 | トップページ | 練炭自殺図ったか、高校生の男女が重体 (16日)TBS »