« 2014年12月29日 | トップページ | 2014年12月31日 »

2014年12月30日

2014年12月30日 (火)

対馬の海自施設内に男性遺体 韓国人観光客か(30日)西日本

長崎県対馬市にある海上自衛隊下対馬警備所厳原分庁舎内で30日午前、男性の遺体が見つかった。関係者や県警への取材で分かった。数日前から行方不明になっている韓国人観光客の可能性があるという。県警は身元の確認を進めるとともに、死因や事件性の有無を慎重に調べている。
 対馬は韓国との国境に近く、海自は対馬海峡の監視業務に当たっている。男性の侵入目的は分かっていないが、重要拠点の部隊の施設内で起きた変死事案なだけに、警備上の問題がなかったか議論を呼びそうだ。
 現場は普段、隊員らが宿泊目的で使用する施設で、業務資料や重火器などの装備品は保管されていないという。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/136659

| コメント (0)

駿台予備校生刺され重傷、19歳の生徒の男逮捕(30日)読売

30日午後4時40分頃、東京都千代田区神田駿河台の「駿台予備学校お茶の水2号館」2階の多目的室で、千葉県八千代市の男子生徒(18)が、男に包丁のような刃物で背中や首など数か所を刺された。
 生徒は重傷を負い、病院に搬送されたが、命に別条はないという。警視庁神田署は、現場で職員らに取り押さえられた、さいたま市の生徒の男(19)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、詳しい動機を調べている。
 同署幹部などによると、男は被害者の生徒と同じクラスに通っており、顔見知りだったという。同署は、交友関係のトラブルが原因とみて事情を聞いている。男は容疑を認めているという。

2014年12月30日 21時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20141230-OYT1T50093.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0)

5歳男児、血を流し死亡 殺人未遂容疑で母親逮捕 東京・荒川(30日)産経

29日午後11時15分ごろ、東京都荒川区のマンション敷地内で、13階に住む幼稚園の男児(5)が頭などから血を流して倒れているのを父親が発見し、近くにいた人を通じて110番通報した。男児は頭などを強く打って、搬送先の病院で死亡が確認された。
 警視庁尾久署は30日、23日に荒川区内のホテルで男児の首を絞めたとして殺人未遂容疑で、無職の母親(34)を逮捕した。同署によると、母親は容疑を否認している。男児は自宅の窓から転落したとみられるが、同署が死因との関連を慎重に調べている。
 男児は50代の自営業の父親と、母親との3人暮らし。父親は29日午後11時ごろに外出し約10分後に帰宅。その際、母親はいたが、男児がいなかったため周囲を捜し、倒れているのを見つけた。部屋の窓は開いており、下にはベッドがあったという。http://www.sankei.com/affairs/news/141230/afr1412300032-n1.html

| コメント (0)

群馬の高山神社で火災 思想家高山彦九郎ゆかり(30日)共同

30日午後8時ごろ、群馬県太田市本町の高山神社が燃えていると119番があった。江戸後期の思想家高山彦九郎ゆかりの神社で、県警などによるとほぼ全焼とみられる。けが人の情報はない。
 10月には市内の別の神社でも火災が起きており、県警は放火を視野に、31日に実況見分して出火原因を調べる。
 高山神社の男性宮司は「信じられない。電気やろうそくはなく、火の気はないところなのに」と動揺した様子で話した。
 高山神社のホームページによると、吉田松陰や高杉晋作ら幕末の志士に影響を与えた尊皇思想家高山彦九郎にちなんで明治初期に生誕地の太田市に創建された。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123001001816.html

| コメント (0)

大韓航空前副社長に逮捕状(30日)NHK

韓国の大韓航空の前副社長が、自社の旅客機内で受けたサービスに腹を立て滑走路に向かい始めていた機体を搭乗口に戻させた問題で、韓国の裁判所は検察の請求を認め、前副社長の逮捕状を出しました。
前副社長はまもなく逮捕される見通しです。
裁判所は「今回の事件は重大であり、組織的に隠蔽しようとする試みがあったことを考え、拘束する必要があると判断した」としています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141230/t10014369561000.html

| コメント (0)

水戸の2人死亡火災、長男を放火と殺人容疑で逮捕 (30日)TBS

今月27日、茨城県水戸市の住宅が全焼し、この家に住む夫婦が遺体でみつかった事件で、警察はこの住宅に同居していた55歳の長男を放火と殺人の疑いで逮捕しました。
 この事件は今月27日未明、茨城県・水戸市・姫子の木造2階建ての住宅、およそ122平方メートルが全焼し、焼け跡からこの家に住む今堀清さん(86)と妻のセキさん(89)が遺体で見つかっていたものです。
 警察は30日、この家に同居していた長男で無職の今堀泰容疑者(55)を殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕しました。
 警察によりますと、泰容疑者は今月27日未明、自分の部屋にあった衣類などにライターで火をつけて自宅を全焼させ、自宅にいた両親を殺害した疑いが持たれています。
 泰容疑者は取り調べに対して「両親との関係で悩みがあった」と話していて、容疑を認めているということです。(30日20:53)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2383890.html

| コメント (0)

同居男性刺した女を逮捕 安城市(30日)日本テレビ

30日朝、愛知県安城市で同居する男性を包丁で刺したとして21歳の女が逮捕された。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは安城市今本町の自称会社員・若月舞容疑者(21)。警察によると、若月容疑者は30日午前7時20分頃、同居する西口仁騎さん(21)が29日夜、連絡が取れないまま帰ってこなかったことで口論となり、自宅の包丁で西口さんの左腕などを刺した疑いがもたれている。西口さんの命に別条はないという。
 調べに対し若月容疑者は「刺したことは認めるが殺意はなかった」と容疑を一部否認しているという。

2010_0318_173406banner011_2
http://www.news24.jp/articles/2014/12/30/07266316.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)
 不祥事は国民の馴れ合いか
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010521_2 北海道警の警視が、女性にセクハラを繰り返したとして懲戒処分を受けた。
 さらに都立高校の男性教師は女子生徒の携帯電話に「抱かせろ」「他の子と付き合う。嫉妬すんなよ」などのメールを送るなどした。保険金の支払いをめぐる訴訟では裁判所が締め切りの起算日を間違っていた。
 山形市では高校教諭がひき逃げの容疑で逮捕され、神奈川県では電車内で女子高校生の下半身を触ったとして市職員の男が逮捕されるなど、今年もあってはならない公務員の不祥事が相次いだ。
 小欄が今年になって不祥事に掲載した各マスコミの報道事犯の主な事案を拾ってみた。
 その結果、警察官が100件近くになり、学校教員が50件を超え、自衛隊員が30件近かった。さらに消防士は15件から20件、県や市の自治体職員が20件以上。国税局職員や内閣府、厚労省職員など国家公務員も10件近くで、その他にも鉄道員や検察事務官、町長、町会議員や県議、宮内庁職員など様々だ。勿論、マスコミ関係者もある。
 内容も刑法犯からパワハラや職務規律違反など様々。一方、今年11月まで刑法犯で検挙された人数は23万人を超え、これらの何百倍は一般国民が関与している。 犯罪は、重い、軽いに関係なく世の中から無くすることだ。それが国民一人ひとりの安寧につながる。来年にはさらに期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

工藤会:「シノギ苦しく」相次ぐ脱退希望者(30日)毎日

トップの野村悟被告(68)ら幹部計14人が殺人罪などで逮捕・起訴された特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)系の組幹部が毎日新聞の取材に応じ「(逮捕も)仕方ないと思っている組員もいる。シノギ(資金獲得活動)も苦しくなっている」と動揺が広がっている内情を証言した。組織は「死んでいない」と弱体化は否定するが、福岡県警によると、年末の主要行事が中止になり、脱退希望者も相次いでいる。
 福岡市での女性看護師襲撃事件について、県警は通院先での対応を巡って野村被告が女性看護師とトラブルになっていたとみている。逮捕されたのは野村被告の出身母体である傘下の田中組の組員ら。組幹部は「総裁(野村被告)は田中組内で神格化されていた」とも語った。
 取り締まり強化で活動に制約を受け「飲みにも行けなくなった」と話すが、今後の野村被告らの裁判も考え「今騒ぎを起こすわけにはいかない」と自粛している面もあるという。また「(幹部らの)縛りがなくなると若いやつらが何をするか分からない」と統制の乱れを懸念する。
 一方、1992年施行の暴力団対策法や2010年施行の福岡県暴力団排除条例で不当要求への規制が強化され「シノギが苦しく、組を辞める人間も多い」と明かす。県警によると、野村被告らの逮捕後、数十人の組員が離脱の相談や申し出をしている。工藤会の構成員・準構成員数もこの3年間で150人減少し13年末は約950人となっている。
 「みかじめ料(用心棒代など)や賭博など昔ながらのシノギから切り替えられなかった人間は食べていけなくなった。ガソリン代が高騰し事務所の維持費、上納金も苦しい。ますます組員は減ると思う」と漏らす。ただ、自身は離脱するつもりはないという。「自分についてきてくれる人たちの考えを抜きにして辞めることはどうかと思う。一人でも懲役に行っている組員がいたら待っておかないといけない」と語った。
 ◇繁華街「安心」取り戻す

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20141230k0000m040099000c.html

| コメント (0)

転落か、マンション敷地内に5歳男児遺体 東京・荒川、両親から事情聴く 警視庁が捜査(30日)産経

29日午後11時15分ごろ、東京都荒川区西尾久のマンション敷地内で、13階に住む幼稚園児の高橋光希ちゃん(5)が頭から血を流して倒れているのを父親が見つけ、近くにいた人を通じて110番通報した。光希ちゃんは病院に搬送されたが、頭などを強く打っており死亡が確認された。
 同日に父親とみられる男性から警視庁尾久署に「妻が子育てに悩んでいる」などと電話で相談があったといい、同署は両親から事情を聴くなどして当時の詳しい状況を調べている。
 同署によると、光希ちゃんは敷地内の植え込み付近で発見された。ほぼ真上に自宅の寝室に面した窓があり、当時、窓が開いていたことから、そこから転落した可能性があるという。
 光希ちゃんは自営業の50代の父親、30代の無職の母親との3人暮らしで、父親は29日午後11時ごろに外出し、約10分後に帰宅。光希ちゃんがいなかったため、周囲を探していたという。母親は当時、自宅にいた。窓は床から約1メートルの高さにあり、窓際にはベッドが置かれていた。http://www.sankei.com/affairs/news/141230/afr1412300017-n1.html

| コメント (0)

大工の男性死亡“ひき逃げ”で捜査 上越市(30日)日本テレビ

29日夜、新潟県上越市の県道で、近くに住む男性が倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。警察は死亡ひき逃げ事件とみて捜査している。
 上越市の県道で29日午後11時過ぎ、近くに住む大工の渡辺孝一さん(57)が道路の中央付近で倒れているのを通りかかった人が見つけ、警察に通報した。渡辺さんは病院に運ばれたが、頭などを強く打っており、約1時間後に死亡が確認された。警察によると、現場は見通しはよいものの信号機や歩道のない片側1車線の県道で、街灯もまばらで事故当時は雨が降っていたという。
 警察は何者かが渡辺さんを車ではねて、そのまま走り去ったとみて、逃げた車の行方を捜査している。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2014/12/30/07266293.html

| コメント (0)

世田谷一家殺害事件から14年 現場で献花(30日)NHK

東京・世田谷区の住宅で、会社員の一家4人が殺害されているのが見つかった事件の発生から30日で14年となり、警視庁の捜査幹部らが、現場で花を手向けて事件の解決を改めて誓いました。

この事件は、平成12年の大みそかに、世田谷区上祖師谷の住宅で、会社員の宮沢みきおさん(当時44)の一家4人が殺害されているのが見つかったもので、事件は12月30日の深夜に起きたとみられています。
発生から14年となる30日、現場の住宅の前には専従の捜査員ら29人が集まり、警視庁の村田隆刑事部長らが献花台に花を手向けて、事件の一刻も早い解決を誓いました。
この事件で警視庁は、現場に残されたヒップバッグのサイズなどから、犯人の身長をこれまでの1メートル75センチ前後から70センチ前後に見直しました。
また、住宅のパソコンの接続履歴から、犯人が12月31日の午前10時以降ではなく、31日の未明の時間帯に立ち去った疑いがあるとみて、目撃情報を改めて捜査しています。
警視庁の青木樹哉捜査1課長は「犯人逮捕の報告ができなかったことは誠に申し訳なく思います。今後もさまざまな可能性を視野に入れて、必ず逮捕する決意で捜査に臨みます」と話していました。
情報は成城警察署の捜査本部まで、電話番号は03-3482-0110です。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141230/t10014362811000.html

| コメント (0)

から揚げとすしに縫い針、同じ店で計19本混入(30日)読売

北海道警札幌厚別署は29日、札幌市厚別区のスーパー「ダイエー新さっぽろ店」で販売されていたから揚げとすしに、縫い針が1本ずつ混入していたと発表した。
 同署で威力業務妨害や偽計業務妨害の疑いで調べている。同店では8月以降、商品に針が混入する事件が相次いでおり、今回で16件目、針は19本目となった。
 発表によると29日午後1時頃、40歳代の夫婦が同店地下1階食料品売り場で購入した鶏肉のから揚げを食べようとしたところ、針が刺さっているのを見つけ、同店に届け出た。夫婦にけがはなかった。29日午後2時頃には、届け出を受けて商品を点検した店員が、ハタハタのすしに刺さった針を発見した。
 から揚げは同日朝から、すしは28日朝から店頭に陳列されていたという。

2014年12月30日 09時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

東京・世田谷区でバス炎上の瞬間…高校生らは無事(30日)TBS映像

東京・世田谷区でバスが炎上しました。サッカー大会に向かう高校生らが乗っていましたが、全員無事だということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041658.html

| コメント (0)

GPS、捜査対象車両に 警察庁、運用要領作成(30日)共同

警察庁が2006年、捜査対象者の車に、衛星利用測位システム(GPS)端末を設置して追跡するための基準となる運用要領を作成し、各都道府県警に通達していたことが30日、分かった。複数の警察が既に運用している。
 捜査へのGPSの利用については刑事訴訟法に規定がない。「プライバシー侵害の可能性がある」との指摘も一部にあるが、警察庁刑事局の担当者は「一定の条件下で、任意捜査の補助手段として使用するのは法令上認められると考える」と話している。
 警察庁によると、「移動追跡装置運用要領」で06年6月に作成された。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123001001254.html

| コメント (0)

同居の男性死亡、前夜に殴った疑いで女逮捕(30日)TBS

29日、埼玉県熊谷市の県営住宅の一室で男性が死亡しているのが発見されました。警察は前日の夜に男性に暴行を加えたとして、同居人の女を逮捕しました。
 29日午前、熊谷市久保島の県営住宅の一室で、この部屋に住む41歳の男性が廊下で倒れ、死亡しているのが発見されました。
 男性には顔などに殴られた痕があり、警察は男性と同居している橋本智恵子容疑者(41)から事情を聴いていたところ、容疑を認めたため、傷害の疑いで逮捕しました。
 取り調べに対して、橋本容疑者は「28日の夜に2人で酒を飲んでいたところ、口論になり、男性の顔を複数回殴った。朝起きたら男性が廊下で倒れていた」などと供述しているということです。
 警察は男性の傷などから病死の可能性もあるとみて、30日に司法解剖を行い、死亡と暴行の因果関係について調べる方針です。(30日01:24)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2383574.html

| コメント (0)

拉致報告めど立たず越年 北朝鮮 人権・サイバー批判で反発、遅延も(30日)共同

日本人拉致問題で、北朝鮮がまとめる第一回の調査報告が年を越すことになった。日本政府は年内との見方を示していた。北朝鮮をめぐっては、十二月の米映画会社へのサイバー攻撃などに関し、国際社会の批判が高まっており、日本も同調する考えを示している。日本の姿勢に北朝鮮側が反発すれば、調査報告が遅れる可能性もある。 (上野実輝彦)
 拉致問題では、北朝鮮は七月に特別調査委員会を設置。日本は十月に外務省局長らが訪朝し、進捗(しんちょく)状況の説明を受けた。北朝鮮側は「過去の調査結果にこだわらず、新しい角度からくまなく調査を深めていく」と明言したという。これを受け、菅義偉(すがよしひで)官房長官は北朝鮮からの第一回報告について「常識的には年内」との見方を示した。
 しかし、その後、具体的な進展は見られない。菅氏は今月二十五日の記者会見で「(報告の)日程は決まっていない」と、第一回報告のめどが立っていないことを認めた。
 今後に向けて気になるのが、国際社会の動きだ。
 国連は今月中旬の総会で、北朝鮮の人権侵害が「人道に対する罪」にあたるとして、国際刑事裁判所に付託することを安全保障理事会に求める決議を採択。安保理はその後、人権問題を初めて正式な議題に取り上げた。
 また、オバマ米大統領は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第一書記の暗殺を描いた米映画会社へのサイバー攻撃をめぐり、テロ支援国家への再指定を検討していると表明した。
 北朝鮮は、これらの動きに「わが国を侵攻しようとする敵視政策」と強く反発している。国連決議は日本や欧州連合(EU)が主導。サイバー攻撃をめぐるオバマ大統領の姿勢も日本政府は支持しただけに、北朝鮮が怒りの矛先を日本に向けてもおかしくない。
 菅氏は「日朝協議に影響を与えるとは考えていない」としながらも、事態の推移を注視していく考えだ。
 岸田文雄外相は二十四日の記者会見で「(北朝鮮とは)意思疎通を図っている。一日も早い調査結果の通報を促していきたい」と述べるにとどめた。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/news/2014/12/post_20141229154719.html

 

| コメント (0)

歯の“刻印”で身元特定 警視庁、10年前の要請が奏功 初の判明事例か(30日)産経

都内で10月、身元不明の女性遺体が見つかり、女性の入れ歯に「日大」の文字をかたどったプレートが埋め込まれていたため日本大付属病院で治療歴があったことが判明し、身元の特定につながっていたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は、身元特定に役立てようと、約10年前に日大歯学部の小室歳信(としのぶ)教授にこうした“刻印”を入れ歯に施すように要請しており、今回が初めての成功事例とみられる。
 捜査関係者によると、女性は10月下旬、都内の川で浮いた状態で見つかり、その場で死亡が確認された。目立った外傷などはなく、自殺とみられる。
 免許証など身元が分かるものは持っていなかったが、警視庁葛西署が検視をしたところ、右の上あごにあった入れ歯の歯茎部分に「日大」の文字をかたどった樹脂製のプレートが埋め込まれているのを発見。同署が江戸川区歯科医師会を通じて日大歯学部に照会を依頼し、カルテなどを調べた結果、女性が約5年前に日大歯学部付属歯科病院で治療を受けていたことが分かったという。

| コメント (0)

偽造在留カード“密輸”野放し 罰則なく不法滞在の温床に(30日)産経

国内に滞在する外国人の身分証明書である「在留カード」を精巧に偽造したものが、国際郵便で輸入される事例が国内で相次いでいることが29日、税関関係者への取材で分かった。入管難民法は偽造の在留カードの所持は禁じているが、輸入自体を禁じる法律はなく、税関当局は基本的に発送を黙認するなど事実上、“密輸状態”が野放しとなっているのが実情だ。
 偽造在留カードは警視庁などの摘発によって不法滞在の温床となっているのが確認されており、税関関係者らの間では輸入阻止のための法改正を求める声が上がっている。
 税関関係者によると、3、4年前から税関の検査で偽造の外国人登録証が目立ち始め、正規の在留カードが発行され始めた平成24年7月の直後から、偽造の在留カードも国際郵便で確認され始めた。
 偽造カードは正規のカードと違い、ICチップが入っていないが、ホログラムも偽造。大半は在留資格欄が就労制限のない永住者になっており、不法滞在や不法就労のために使われているのが確認されている。

| コメント (0)

女性店員に「態度悪い」と土下座強要…4人逮捕(30日)読売

北海道警釧路署は29日、コンビニエンスストアで店員を土下座させたとして、釧路市若竹町、飲食店経営松永弘樹容疑者(38)ら男女4人を強要の疑いで逮捕したと発表した。逮捕は28日付。
 ほかに逮捕されたのは、釧路市鶴野東4、無職中新井田恵(21)、同市南大通2、会社役員壁屋朋和(38)、同市芦野5、無職菅原仁志(38)の3容疑者。
 発表によると、4人は28日午前5時5分頃、釧路市武佐1のコンビニ店で、10歳代の女性店員に「接客態度が悪い」などと言いがかりをつけ、「若いやつ何十人も連れてくるわ」などと脅し、土下座させた疑い。4人は遊び仲間で、調べに対して松永容疑者ら3人は容疑を認め、壁屋容疑者は「当時、酔っていて覚えていない」と供述しているという。

2014年12月29日 22時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

DDoS攻撃:大量データ送りダウン 闇サイトに代行業者(30日)毎日

大量のデータを標的のコンピューターに送りつけダウンさせるDDoS(ディードス、分散型サービス拒否)攻撃を代行する業者がアンダーグラウンドサイトで横行している。今年9月にはこうしたサイトを利用して、オンラインゲーム会社の業務を妨害した疑いで男子高校生(16)が警視庁に書類送検された。情報セキュリティー会社は「素人でも手軽に利用できるようになっている」と指摘し対策の必要性を訴える。【関谷俊介、林奈緒美】
 情報セキュリティー大手トレンドマイクロの東京都渋谷区にあるラボ(研究所)。数十人がパソコンに向かって、サイバー攻撃を代行する海外のアングラサイトなどを監視している。
 「DDoS攻撃のサービスを提供しています 価格 50ドルから」。サイトにはロシア語でそう書かれていた。「攻撃」という言葉を使わず「サーバーに負荷をかけるテストを行う」と宣伝する業者もいるという。
 警視庁に電子計算機損壊等業務妨害容疑で書類送検された高校1年生が利用した英字のサイトも「負荷テストを行う」とPRしていた。ゲーム会社の運営に不満を抱いていた高校生は、インターネットで検索してこのサイトを見つけ、ネット専用のプリペイドカードで8ドル(当時のレートで800円)を支払い代行業者に攻撃を依頼。代行業者は3月19〜20日に計33回、ゲーム会社のサーバーに攻撃を仕掛け、機能を低下させたとされる。
 業者側については、海外に所在していることに加え、攻撃ではなく「負荷テスト」をうたっているため立件が見送られた。高校生は捜査の初期段階から「やらなければよかったと後悔している」と供述していたという。
 クラウドサービス大手の米アカマイ・テクノロジーズによると、7〜9月のDDoS攻撃の件数は前年同期比で22%増えた。トレンドマイクロがロシアのアングラサイトを調査した結果、DDoS攻撃を1時間仕掛ける場合の料金は2013年は2〜60ドル。11年は最高で10ドルだったが、需要の高まりにつれ、値段が上がっている。
 トレンドマイクロの鰆目(さわらめ)順介シニアスペシャリストは「ロシアや東ヨーロッパでは、コンピューター工学を専攻した学生が職に就けず、サイバー犯罪の世界に入ってしまうケースがある。『アングラサイトを利用してサイバー攻撃をしたら犯罪になる』ということを国内で認知させるだけでなく、国際的な対策も必要になっている」と話した。

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20141230k0000m040088000c.html

| コメント (0)

住宅火災で2人死亡、1人搬送 東京・世田谷(30日)朝日

29日午後7時ごろ、東京都世田谷区祖師谷(そしがや)2丁目の2階建て住宅の2階部分から出火、2階部分約70平方メートルが焼けた。住宅内から女性2人が運び出されたが、搬送先の病院でともに死亡が確認された。男性1人も病院に運ばれたが、命に別条はないという。
 成城署は、死亡した2人が、この家に住む90代と60代の母子とみて身元を確認している。男性は、60代女性の夫ではないかとみて調べている。この家は3人暮らしだという。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASGDY761CGDYUTIL02M.html

| コメント (0)

中国軍艦2隻が尖閣に最接近 今月中旬、島まで70キロ(30日)朝日

中国の軍艦2隻が12月中旬、沖縄県尖閣諸島沖で、通関などの行政手続きが沿岸国に認められる「接続水域」まで約27キロ、沿岸から約70キロに迫ったことがわかった。自衛隊関係者によると、8月に島から北に200キロ前後の海域に常駐しているのが確認されており、今回は把握している限りで近年尖閣に最も近づいたという。日本側は示威や挑発と受け止め、海上自衛隊護衛艦が監視活動にあたっている。
 日米中の軍事・防衛関係者が明らかにした。日本政府が尖閣を国有化した2012年9月以降、中国政府の監視船が領海侵犯を繰り返している。軍艦も一時派遣されたことがあったが、尖閣からの距離を保っていた。13年に中国軍艦が海自艦に射撃用管制レーダーを照射したのは、北に約180キロの海上だったという。
 公海上の動きで国際法には抵触しないが、尖閣に近い海域で海自艦と中国軍艦が近距離で向き合うことで、衝突が起きかねない。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGDY5VDXGDYUHBI03Y.html?iref=comtop_6_01

| コメント (0)

« 2014年12月29日 | トップページ | 2014年12月31日 »