« 2014年12月23日 | トップページ | 2014年12月25日 »

2014年12月24日

2014年12月24日 (水)

唐津市部長を逮捕=公共工事で官製談合容疑-佐賀県警(24日)時事

佐賀県唐津市発注の公共工事の最低制限価格に関する情報を同市の「大潮建設」に教えて落札させたとして、佐賀、福岡両県警合同捜査本部は24日、官製談合防止法違反などの疑いで、同市企画財政部長佐伯善春容疑者(59)=同市町田=を逮捕した。佐賀県警は認否を明らかにしていない。(2014/12/24-21:27)

2014/12/24-21:27

| コメント (0)

盗難ナンバーの車、パトカーに体当たり (24日)TBS

盗まれたナンバーをつけた車で捜索中のパトカーに体当たりしたとして、無職の大日向宏一容疑者(37)ら2人が逮捕されました。
 大日向容疑者らは昼前、神奈川県箱根町で職務質問しようとしたパトカーに車で体当たりして逃走し、およそ5キロ先で別のパトカーなどにも衝突し、逮捕されたということです。
 取調べに対して大日向容疑者は、「盗んだ車に乗っていたので、ぶつけてでも逃げないと捕まると思った」などと容疑を認めているということです。(24日18:10)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2380038.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)
聖夜に思うこと

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212_2F1010544_3  愛する人とクリスマスの朝を迎えるという大事な夜-全国津々浦々でど派手な行事だけは残っている。
 キリストと言えば「聖書」。神と人間との歴史における出会いの物語。「神様」は「奉る」ものであり尊敬語だ。お互いに相手を尊び、敬えば人の輪は丸みをおびるもの。しかし、世の中は弱肉強食の時代。最も愛があるはずの間でも容赦はしない。
 岐阜県内では20日、30歳の息子が口論となった父親の頭を殴り殺害。18日には新潟県で、59歳の父親が小学生の次男をおので切り付け重傷を負わせたかと思えば、広島県では25歳の父親が2歳の長男をエアガンで360発の撃ったとして逮捕されている。
 平成24年の数字になるが、警察庁がまとめた刑法犯検挙事件の被疑者と被害者の関係で、被害者が「配偶者」となった事件は4982件もあった。1日平均13件も起きている。さらに「実父母関係」が1394件、「その他親族」が1131件、「実子」が791件などと続く。
 このうち殺人事件では「知人・友人」が被害者となったのは178件でトップだが、「配偶者」が143件、「実父母」が127件もあった。
 暴行事件では「面識のない関係」や「知人・友人関係」に続いて「配偶者」が被害になる事件は2121件、「実子」が243件。傷害事件は「友人・知人」の5711件に続いて「配偶者」は2183件と多い。
 先日、インド北部の駅構内で、架線で感電して意識を失ったサルを、仲間が噛んだり叩いたり水に浸けたりして助ける一部始終の映像が流された。涙が止まらなかった。人間以上に愛のすばらしさを見せつけられた。
 今年は全国的にLEDを使ったクリスマスイルミネーションの飾りが凄い。飾りだけでなく愛が伴ってほいし。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

道警幹部2人をセクハラ、パワハラで処分(24日)産経

北海道警は24日、女性にセクハラを繰り返したとして、函館方面本部付としていた吉泉丞警視(56)を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とし、分限処分で1階級下の警部に降格させたと発表した。
 道警によると、函館方面本部の交通課長になった今年3月以降、女性に不快感を与える性的な発言を繰り返し、複数回身体に触れた。11月に監察官室に情報提供があり、調査していた。
 道警は吉泉警部を今月5日に交通課長から本部付に更迭していた。来年1月7日付で旭川方面本部の警務課主監とする。
 また道警は24日、根室署長の望木勝雄警視(59)が部下にパワハラを繰り返した疑いがあるとして、25日付で釧路方面本部付に更迭する人事を発表した。後任は道警本部警備部公安3課長の森内淳警視(57)。http://www.sankei.com/affairs/news/141224/afr1412240035-n1.html

| コメント (0)

死亡ひき逃げ現場にV字形血痕…バック後前進か(24日)読売

山形市で20日に東北文教大短期大学部准教授の松川俊夫さん(56)(山形市十日町)が車にはねられて死亡したひき逃げ事件で、松川さんが倒れていた山形市美畑町の市道の路面には、血痕がV字形に残っていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。
 山形署は、車が松川さんをはねて約1・5キロ引きずり、一度バックした後にななめに前進して振り落とし、逃走したとみている。
 自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された山形県天童市糠塚、県立高校教諭斎藤章容疑者(60)は「現場は通っていない」と話し、容疑を否認しているという。

2014年12月24日 17時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

女子生徒に「抱かせろ…」メール 30歳都立高校教師(24日)テレビ朝日

教え子の女子生徒に「他の子と付き合う。嫉妬すんなよ」とメールを出していました。
 都立高校の30歳の男性教師は去年4月、生徒会活動の指導で知り合った当時2年の女子生徒の携帯電話に「抱かせろ」「他の子と付き合う。嫉妬すんなよ」などのメールを送りました。また、別の女子生徒に対しては「停学や退学になる」など脅す内容のメールを送っていました。男性教師は「友達のノリでやってしまった」と認めていて、東京都教育委員会は懲戒免職処分にしました。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041350.html

| コメント (0)

衆院選逮捕者12人、23日まで 警察庁まとめ(24日)共同

 警察庁は24日、警視庁をはじめ青森、群馬、石川など9都府県警が23日までに、衆院選をめぐる公選法違反容疑で10事件を摘発し、12人を逮捕したと発表した。各地の警察は14日の投票終了後、関係先21カ所を家宅捜索した。逮捕者の内訳は、自由妨害8人、買収3人、投票干渉1人だった。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/news/2014/12/post_20141224170458.html

| コメント (0)

「ろくでなし子」容疑者を起訴=わいせつ記録頒布罪-東京地検(24日)時事

自身の女性器の3次元(3D)プリンター用データを配布したなどとして、東京地検は24日、わいせつ電磁的記録送信頒布罪などで、「ろくでなし子」のペンネームで活動する漫画家の五十嵐恵容疑者(42)を起訴した。
 また、女性器をかたどった石こうを展示したとして、同容疑者とともに逮捕されたライターの女(44)について、東京区検は同日、わいせつ物陳列罪で略式起訴。東京簡裁は罰金30万円の略式命令を出し、女は即日納付した。
 起訴状によると、2人は7月14日、東京都文京区内のアダルトショップで女性器の石こう3点を展示。五十嵐容疑者は昨年10月、インターネット上に自身の性器の3Dデータを保存し、保存先のURLをメールで送信して頒布するなどしたとされる。(2014/12/24-19:48)

2014/12/24-19:48

| コメント (0)

中1女子、ひき逃げされ重体 終業式で登校中の県道(24日)共同

24日午前6時40分ごろ、兵庫県姫路市広畑区西夢前台5の県道で、近くの中学1年の女子生徒(12)が倒れているのを近くの男性会社員が見つけた。生徒は頭などを強く打っており意識不明の重体。
 飾磨署によると、現場は信号機のある交差点の近く。会社員が「ドン」という音を聞いて振り返ると生徒が倒れており、白っぽい車が走り去るのを見たという。ひき逃げ事件として調べている。生徒はこの日終業式で、歩いて登校中だった。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201412/0007608314.shtml

| コメント (0)

団地連続放火に関与か、放火未遂容疑で男逮捕 (24日)TBS

今年10月から東京・練馬区の都営団地であわせて6件の放火が相次いでいた事件で、警視庁はこの団地に住む49歳の作業員の男を逮捕しました。
 現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕されたのは、練馬区南田中の都営団地に住む作業員・森泰樹容疑者(49)で、今月21日午後、同じ都営団地の1階でベランダの手すりに掛けられていたシーツなどに火をつけようとした疑いが持たれています。
 現場の都営団地では、今年10月から22日にかけて、ベランダに干してあった布団などが燃やされる放火が6件相次いでいました。警視庁が同一犯の可能性があるとみて、周辺の聞き込みをするなど捜査を進めたところ、森容疑者の関与が浮上したということです。取り調べに対し、森容疑者は「私はやっていません」と容疑を否認していますが、警視庁は森容疑者が他の放火についても関与した可能性があるとみて、余罪を捜査しています。(24日11:43)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2379834.html

| コメント (0)

会社会長の夫殺害…73歳妻を逮捕、介護疲れか(24日)読売

 福井県警は23日、工作機械製作会社「松浦機械製作所」(福井市漆原町)の会長・松浦正則さん(77)を殺害したとして、妻の米子容疑者(73)を殺人容疑で逮捕した。県警は米子容疑者の認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、殺害を認める趣旨の供述をしているという。県警は、米子容疑者が介護疲れから殺害に及んだ可能性があるとみて調べている。
 発表では、米子容疑者は23日午前、福井市御幸の自宅1階寝室で松浦さんの首を絞めて殺害した疑い。
 同日午前10時頃、自宅を訪れた長男夫婦が寝室の介護用ベッドの上で死亡している松浦さんを見つけ、110番した。松浦さんの首には、ひものようなもので絞められた痕があった。

2014年12月24日 14時18分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20141224-OYT1T50053.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0)

「元秘書が1100万円横領」 田城参院議員が告訴(24日)朝日

民主党の田城郁参院議員は24日、自身が支部長を務める参院比例区第78総支部の会計から、元公設秘書が1100万円を私的に流用していたとして業務上横領容疑で東京地検刑事告訴したと発表した。元秘書は横領を認めているという。
 田城氏によると、元秘書は総支部の会計を担当していた2011年から13年にかけ、計1100万円を私的に流用していたという。今年11月、政治資金規正法に基づいて1万円以下の小額領収書の提出を総務省から求められたところ、不適正な経理の疑いが浮上。元秘書に問いただしたところ、私的流用を認めたという。具体的な使い道は不明だという。
 元秘書は今年8月、親の介護のためとして退職している。田城氏は会見で「信頼を損ねる事態になったことをおわびする。今後は再発防止に徹底的に取り組む」と話した。

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASGDS3RXCGDSUTFK00Q.html

| コメント (0)

ビザ免除国の入国拒否者急増 タイ12倍、マレーシア18倍 観光立国も入国時の“水際対策”重要に(24日)産経

昨年7月から査証(ビザ)なしで日本に入国できるようになったタイとマレーシアの入国拒否者数が急増していることが23日、法務省への取材で分かった。今年上半期(1~6月)と前年同期を比べると、タイで約12倍、マレーシアで18倍に増加。「観光立国」を目指す政府は東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心にビザ免除などの入国促進策を進めているが、両国の入国拒否者の増加率は訪日者数の増加率を大きく上回っている。主に不法就労目的とみられ、入国者の利便性と同時に“水際対策”の重要性が浮き彫りになった。
 同省入国管理局によると、今年上半期に日本の空港などで入国拒否となった外国人は、前年同期比35・8%増の1586人(速報値)。このうちタイは386人で前年同期の33人から約12倍に、マレーシアは54人で同3人から18倍に増え、他国と比べ増加率が飛び抜けている。
 日本政府観光局によると、今年上半期の訪日外国人数(暫定値)は前年同期比26・3%増の約626万人。このうちタイは約33万人(同63・8%増)、マレーシアは約12万人(同62・5%増)。両国の訪日者の増加率自体が平均値を超えているが、入国拒否者数の伸び率は訪日者数の伸び率をはるかに上回っている。
 同局は「昨年7月に始まったビザ免除措置の影響だ。過去に強制退去処分になったタイ人が『入国できるかも』と考えて来日したり、経済情勢のよくないタイの地方から不法就労するために来たりするケースが目立つ」と説明する。

| コメント (0)

“催涙スプレー”かけバッグ強奪(24日)NHK

24日午前、東京・文京区の路上で、男性が2人組の男に催涙スプレーのようなものをかけられてバッグを奪われ、警視庁は強盗事件として逃げた2人組の行方を捜査しています。

24日午前10時ごろ、文京区湯島の路上で「男らがもみ合っている」と、近くを通りかかった人が110番通報しました。
警視庁の調べによりますと、40代の男性が路上で突然2人組の男に催涙スプレーのようなものをかけられて持っていたバッグを奪われたということです。
男性は病院に運ばれて治療を受けているということです。
現場は東京メトロ銀座線の上野広小路駅近くの飲食店などが建ち並ぶ繁華街の路地裏で、警視庁によりますと、2人組の男はいずれも年齢が20代から30代、ジャンパーを着ていて、ジャンパーは1人が黒い色でもう1人が灰色だったということです。
警視庁は強盗事件として、周辺にある防犯カメラの映像を解析するなど逃げた2人組の行方を捜査しています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141224/k10014233771000.html

| コメント (0)

筑後事件の捜査終結 時効成立分は不起訴(24日)朝日

福岡県筑後市のリサイクル店元従業員らへの殺人・傷害致死事件で、元従業員を死なせたなどとして傷害致死容疑などで書類送検された店の経営者夫婦らについて、福岡地検は24日、時効が成立しているとして不起訴処分にしたと発表した。処分は18日付。
 筑後市蔵数のリサイクル店経営、中尾伸也(48)、妻・知佐(46)の両被告=殺人罪などで起訴=は2004年6月上旬ごろ、元従業員の男性(当時19)を暴行して死なせ、遺体を損壊、遺棄した疑いで書類送検されていた。また、知佐被告は1994年ごろ、知人の男2人と福岡市の男性(当時20代)を暴行して死なせ、遺体を遺棄した疑いで書類送検されていた。
地検によると、傷害致死や死体遺棄、死体損壊の罪について、いずれも時効が成立しているという。福岡県警と地検は一連の事件で死亡が確認された5人に関する捜査を終えた。

| コメント (0)

【未解決事件を追う】消えたキーマン 失われた手掛かり 女子高生ら射殺の八王子スーパー強殺19年、思わず漏れた「もう無理かも…」(24日)産経

都心へのベッドタウンとして栄え、緑豊かな住宅街が広がる東京都八王子市。平成7年の夏、「銃犯罪のターニングポイント」とされる凶悪事件が起きた。スーパーの事務所で、アルバイトの女子高生ら3人が射殺されたのだ。警視庁は昨年、実行犯を知るとされるカナダ在住の中国籍の男を日本に移送し、旅券法違反容疑で逮捕したが、男は一貫して無関係を主張。執行猶予付き有罪判決をうけ、帰国した。手がかりを失ったまま、事件は発生から20年がたとうとしている。(宇都宮想)
血の海の現場「銃犯罪のターニングポイント」
 平成7年7月30日午後9時過ぎ、東京都八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」。夏の蒸し暑い日で、近所の公園では盆踊りの太鼓の音色が響いていた。店で働く稲垣則子さん(45)を迎えにきた知人男性が建物2階にある事務所のドアを開けると、凄惨(せいさん)な光景が広がっていた。
 血の海になった事務所で、3人の女性が変わり果てた姿で横たわっていた。アルバイトの桜美林高校2年、矢吹恵さん(17)、矢吹さんの友人で都立館高校2年、前田寛美さん(16)、そして稲垣さん。矢吹さんと前田さんはお互いの手を粘着テープで縛られてうつぶせに倒れており、稲垣さんは座った状態でついたてに寄り掛かるように倒れていた。3人とも着衣に乱れはなかったが、いずれも頭や顔を銃で撃たれ、死亡していた。
 警視庁捜査1課は八王子署に捜査本部を設置。銃はフィリピン製の38口径回転式銃「スカイヤーズ・ビンガム」で、矢吹さんらが縛られていた粘着テープからは犯人のものとみられるDNA型が検出された。現場に残された足跡から24・5~26センチのスニーカーをはいていたとみられることも分かった。

| コメント (0)

埼玉・祖父母強殺:被告少年は「居所不明児」、無援の年月(24日)毎日

埼玉県川口市で今年3月、少年(18)が祖父母を殺害し金銭を奪った強盗殺人事件の裁判員裁判の過程で、少年が社会問題化している「居所不明児」として学ぶ機会を奪われ、暴力やネグレクトなど虐待を受けてきた生い立ちが浮かんだ。公判で裁判官が「大人は救いの手を差し伸べられなかったのか」と発言する一幕もあった。判決は25日、さいたま地裁(栗原正史裁判長)で言い渡される。【山寺香】
 少年は初公判で、殺害行為を認めつつ「母親の指示だった」と述べた。弁護側も、強盗罪などで服役中の母親(42)らの虐待が背景にあると訴えた。
 弁護側の主張では、少年の父母は就学前に別居し、その後離婚。引き取った母親はホストクラブに通い続け、少年は毎晩家に来て酒を飲むホストに付き合わされ、小学4年からほとんど学校に通わなくなった。
 母親はホストを追いかけ1カ月ほどいなくなったこともあった。母親は再婚し、一時は元ホストの義父と母親と3人で静岡に暮らし、2〜3カ月間は静岡の小学校に通った。その後、住民票を残したまま埼玉に戻り、小学5年からは学校に通っていないという。
 日雇い仕事で義父に収入がある日は3人でラブホテルに宿泊し、仕事がない日は公園で野宿した。ささいなことで義父に殴られ、前歯が4本折れたこともあったという。
 少年は母親と義父の指示で、親類らに金銭を無心していた。弁護側証人として出廷した父方の祖母の姉は「約4年間で振り込んだ金は400万〜500万円。借金して調達した」と証言した。
 その後、義父は塗装会社に就職し、会社の寮で暮らした。間もなく義父は失踪し、少年は16歳から代わりに働いた。母親は少年に給料の前借りを強要し、金が尽きた直後、事件が起きたという。
 少年を精神鑑定した精神科医は公判で「少年は、虐待する母親の言う通りにするしかない『学習性無力感』の状態にあり、仮に母親の(殺害)指示がなかったとしても、(金を必要とした)母親の言葉の意図を察知して殺害に至った可能性がある」と分析した。
 公判では、裁判長が検察側証人の被害者遺族として出廷した少年の母の姉に「決してあなたを非難しているわけではないが、周囲にこれだけ大人がそろっていて誰か少年を助けられなかったのか」と尋ね、裁判員がため息をつく場面もあった。

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20141224k0000m040112000c.html

| コメント (0)

大阪地裁:控訴期限を誤る 高裁「二重ミス」批判(24日)毎日

保険金の支払いを保険会社に命じた2011年3月の大阪地裁判決を巡り、被告の保険会社の控訴が約3年半後にようやく認められた。当時は「控訴の締め切りに1日間に合わなかった」とされたが、大阪高裁は今年11月、締め切りの起算日を地裁が誤って記していたと判断した。控訴を受け入れた高裁は保険会社の逆転勝訴を言い渡し、確定した。訴訟の行方に影響した異例のミスが明らかになり、高裁は地裁を厳しく批判している。
 当時の控訴無効の判断に伴い、保険会社は約470万円を原告側に支払っており、保険会社は今後、返還を求めていくという。
 訴訟は、50代男性=大阪府=が車上荒らし被害に伴う保険金を損害保険会社に求めて地裁に提訴した。11年3月8日の地裁判決は保険会社に支払いを命じ、判決確定前でも強制的に執行できる「仮執行宣言」も付けた。
 今年11月の高裁判決によると、保険会社は地裁判決を不服として11年3月23日に地裁に控訴状を提出した。控訴できる期間は2週間で、民事訴訟の場合は判決文を受け取った日の翌日から数える。保険会社は、代理人弁護士事務所の担当者が地裁の書記官室で判決文を受け取ったのは3月9日としており、控訴期限は23日となる。
 しかし、地裁の報告書には、保険会社側に判決文を渡した日時は「3月8日午後3時5分」と記されていた。この記録によると、控訴期限は22日となるが、地裁は日付を確認せずに23日に控訴を受理、その後、高裁が気付いて控訴を却下した。
 判決は、地裁の報告書に「3月8日午後3時5分」と記載した書記官が同じ日の午後3時以降に休暇を取っていたと指摘。弁護士事務所が保険会社に判決文をファクス送信したのも3月9日だったことから、書記官が9日なのに8日と勘違いして記したと判断、控訴を有効と結論付けた。
 判決は「チェック体制が万全だったと言い難い」と二重のミスをした地裁を厳しく批判した。その上で、車上荒らしは自作自演だとして地裁判決を取り消し、保険会社の勝訴とした。原告側は上告せず、確定した。
 訴訟を巡っては、控訴を却下した当時の高裁判断を不服として保険会社が上告。最高裁が昨年7月、「地裁のミスの可能性がある」と審理を高裁に差し戻した。一方、保険会社は仮執行宣言に基づき約470万円を原告側に払っており、地裁のミスが影響した形だ。

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20141224k0000m040114000c.html

| コメント (0)

特別支援学級の児童に体罰、口止めも 茨城の担任教諭(24日)朝日

茨城県高萩市内の小学校の特別支援学級で、軽度の発達障害がある高学年の男子児童が、担任の教諭から繰り返し体罰を受けていたことが市教育委員会などへの取材でわかった。担任は被害児童に口外しないよう求めたほか、学校も市教委の調査に「体罰はなかった」と虚偽の報告をしていたという。市教委は実態調査に乗り出した。
 市教委などによると、男子児童は1年生のころから、担任の40代の女性教諭にほおを平手打ちされたり、髪の毛をわしづかみにされて引っ張り回されたりするなどの体罰を受けてきたという。
 児童が登校を嫌がりだしたため、不審に思った両親が今年6月、県教委の専用の窓口に調査を依頼。すると、教諭は男子児童に「学校への文句を親に言ってはだめ」などと口止めしたという。学校側は11月中旬、市教委の聞き取りに「指導のなかで手足をたたいたり、口やほおを引っ張ったりしたが、体罰はしていない」とする教諭の説明を報告。髪を引っ張ったのは、(イメージとして)頭から声を出させるためだった、などと説明した。
 その後、この内容を知った両親が学校側に抗議。学校側は今月上旬、体罰を加えたと認め、口止めしたことも併せて謝罪した。
 校長は朝日新聞の取材に「たたくことなどは体罰になるという考えを持つよう教職員を指導していきたい」、市教委の菅波洋平教育長は「このようなことが起きてしまい、大変残念。学校に調査を任せっきりにしてしまい、対応が甘かった」と話した。(照屋健、村田悟)

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASGDR4T4GGDRUJHB005.html

| コメント (0)

島根沖 漁船沈没2人重体3人不明(24日)NHK

島根県の浜田海上保安部によりますと、24日朝早く島根県浜田市の沖合で乗組員20人が乗った巻き網漁船が沈没し17人が救助されましたが、このうち2人が意識不明の重体になっているということです。
今も3人の行方が分からなくなっているということで、海上保安部が近くの海域に巡視船などを向かわせて捜索しています。

浜田海上保安部によりますと、24日午前4時40分ごろ、浜田市沖のおよそ46キロの日本海で長崎県の巻き網漁船、「第一源福丸」135トンが沈没したと近くにいた漁船の乗組員から海上保安庁に通報があり、乗組員のうち17人が近くにいた複数の漁船に救助されましたが、このうち2人が意識不明の重体になっているということです。
浜田海上保安部によりますと、今も3人の乗組員の行方が分からなくなっているということで、現場近くの海域に巡視船などを向かわせて捜索しています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141224/k10014226741000.html

| コメント (0)

茨城で2件の強盗事件、容疑者の映像・写真を公開(24日)TBS

茨城県で強盗事件が2件相次ぎ、警察が防犯カメラに映されたそれぞれの容疑者の映像や写真を公開しました。
 23日午前、高萩市のコンビニエンスストアで、男が突然、従業員の女性(53)に刃物を突きつけたうえ「金を出せ」などと脅し、1500円相当のパンなどを奪いました。従業員の女性にけがはありませんでした。
 逃走した男は60歳くらいで、身長150センチから160センチくらいだったということです。
【茨城県警高萩署】0293-24-0110
 また、午後には、ひたちなか市のホームセンターでも、男が突然、店員の女性(20)に刃物を突きつけて脅し、レジの金を奪って逃走しました。店員の女性にけがはありませんでした。
 男は20代とみられ、身長は170センチから175センチくらいだということで、警察は強盗事件とみて男の行方を追っています。
【茨城県警ひたちなか西署】029-272-0110
(23日22:42)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2379757.html

| コメント (0)

いじめ認めるも「自殺の直接原因ではない」(24日)日本テレビ

今年7月、青森県八戸市の女子生徒が海で死亡しているのが見つかった問題で、県の審議会は、LINEで悪口を言われたり、無視されるなどの「いじめ」を受けていたと判断した。
 しかし、いじめは自殺の直接の原因ではなく、摂食障害など複合的な要因で起きたと結論付けた。
 女子生徒の父親「望んでいたような報告書には、残念ながらなっていなかった。娘の状況というのを、くみ取られていないんじゃないか」http://www.news24.jp/articles/2014/12/24/07265880.html

| コメント (0)

家族失った悲しさ切々と  交通事故遺族が手記(24日)共同

交通事故で家族を亡くした県内の遺族グループをサポートしている「にいがた被害者支援センター」が、遺族の手記「天国にいるあなたへ」を発行した。最愛の家族を奪われた悲しみやつらさなど交通事故被害の悲惨さがつづられている。
 毎年発行しており、ことしは県内の遺族6人が手記を寄せた。遺族が法廷で身体的・精神的苦痛を述べることができる意見陳述書も3通掲載されている。
 交通事故で夫を亡くし、次男にも障害が残った女性は「今でも主人を亡くした悲しみや、もし事故に遭っていなかったら子どもたちがもっと活躍していたのではないかと悔しい思いでいっぱい」と無念さを吐露している。
 高校生の娘を無免許運転の男にひき逃げされ、亡くした新潟市の50代男性は意見陳述書を寄せ「できれば私自身の手で、娘と同じ目に遭わせてやりたいと何度も考えました」と胸の内を明かしている。
 A5判26ページ。千部発行し、県内の警察署や市町村で閲覧できる。にいがた被害者支援センター事務局では「悲惨な事故が起こらないよう、遺族の思いを少しでも知ってもらいたい」と話している。
 センターでは被害者からの相談を受け付けている。電話は025(281)7870。月~金曜の午前10時から午後4時まで。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20141223153241.html

| コメント (0)

山形市の男性ひき逃げ容疑、高校教諭を逮捕 (24日)TBS

今月20日、山形市で男性が車に引きずられ、死亡したひき逃げ事件で、警察は高校教諭の男を逮捕しました。
 逮捕されたのは、山形県立楯岡高校の教諭・斎藤章容疑者(60)です。
 この事件は今月20日未明、山形市で大学准教授の男性が車ではねられ、およそ1.5キロ引きずられ死亡したものです。車はそのまま逃走し、警察が捜査したところ、斎藤容疑者の車の破損部分と現場に残っていた部品が一致したということです。斎藤容疑者は、「現場は通っていない」と容疑を否認しています。
 「誠に申し訳なく、重ねてお詫び申し上げます」(県立楯岡高校・孫田淳校長)
 斎藤容疑者について学校は、「昔から酒は飲まなかった」と話し、今後、生徒の心のケアに努めたいとしています。(24日01:07)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2379587.html

| コメント (0)

「小学校時代に金盗まれた」3人切り付けた少年供述(24日)テレビ朝日

広島市で家族3人がナイフで切られた事件で、逮捕された高校生が「小学校の時に盗まれたお金を取り返しに行った」と話していることが分かりました。
 容疑者を取り押さえた男性:「血まみれで、もみ合っていた。被害者3人と犯人と4人がもみくちゃみたいな感じで。目の前にナイフがビュッと走ったので、これは普通じゃないと思って引き離して、そのまま階段の方へ羽交い締めにしたまま倒れこんだ。小学校の時に1万円とったとか意味不明なことを言っていた」
 広島市中区に住む男子高校生(18)は23日午後、マンションの一室で、男子高校生(18)をナイフで刺し、止めに入った両親も切り付けた殺人未遂の疑いです。高校生と父親(52)が重傷、母親(51)が軽傷です。逮捕された高校生は、被害者と「小学校の同級生」だと話していて、「小学校時代にお金を盗まれて、取り返しに行った」などと話しているということです。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041303.html

| コメント (0)

« 2014年12月23日 | トップページ | 2014年12月25日 »