« 2014年12月18日 | トップページ | 2014年12月20日 »

2014年12月19日

2014年12月19日 (金)

20~30代の痩せ形、黒のリュック…容疑者の似顔絵公開 前橋・夫婦殺傷事件(19日)産経 写真あり

View00183827371_3
前橋市三俣町の住宅で80代の夫婦が刃物で殺傷された事件で、群馬県警捜査本部は19日、軽傷を負った妻(80)の記憶を基に、容疑者の男の似顔絵を作成し、公開した。
 捜査本部によると、男は20~30代で、身長は160~180センチの痩せ形。黒っぽいジャンパーとズボン姿で、黒っぽいリュックサックを背負っていた。髪はぼさぼさだったという。
 事件は16日午前11時50分ごろ発生。男が夫婦宅に侵入し、川浦種吉さん(81)が首などを刺され死亡した。妻は「トイレから出てきたところを襲われて、窓から逃げ出した」と証言している。
 捜査本部は、11月に川浦さん宅から約700メートルの前橋市日吉町の住宅で、小島由枝さん(93)が殺害された事件と手口などが類似していることから、同一犯の可能性があるとして捜査している。http://www.sankei.com/affairs/news/141219/afr1412190056-n1.html

| コメント (0)

ナイトポリス:「MEDACHI隊」別名「反射クロース」(19日)毎日

青森県警青森署員が19日、サンタクロースの衣装に数十枚の反射材を貼り付け青森市内の百貨店前に登場。街ゆく人の長靴に反射材を貼ったり、配ったりして事故防止を呼びかけた。
 同署は11月、交通安全を訴える署員でつくる「ナイトポリスMEDACHI隊」を結成。反射材を付けたサウナスーツで啓発を続けている。この日は同隊の活動の一環でサンタ姿は1日限定のイベント。
 反射材は車のライトに当たると遠くからもよく見え、署員らは夜間着用を求めるチラシを短時間で配り終えたが、妙なサンタの格好は上司に「反射クロース」と命名され、白昼でも目立っていた。【石灘早紀】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20141220k0000m040066000c.html

| コメント (0)

4人乗りオートバイ、パトカーに追われ車に衝突(19日)読売

18日午後4時50分頃、兵庫県川西市清和台西の県道交差点で、同市内の16~17歳の高校生ら4人が乗ったオートバイが、同市の女性(43)運転の乗用車に衝突。
 オートバイの3人が脚などの骨を折る重傷を負った。女性と同乗の女性(55)も軽傷の模様。
 発表によると、事故直前、パトカーで巡回中だった川西署員が、同市鴬が丘の県道交差点でオートバイを発見。停止指示に従わなかったため、サイレンを鳴らして約3キロ・メートル追跡したところ、オートバイが交差点で乗用車と衝突したという。

2014年12月19日 20時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

“消えた”子ども 少なくとも1000人余に(19日)NHK

親の虐待を受けて家に閉じ込められたり経済的な理由で本人の意思に反して学校に通えなかったりして、一定期間社会とのつながりを絶たれていた子どもが、この10年で少なくとも1000人余りに上ることがNHKが全国の児童養護施設などを対象に行ったアンケート調査で分かりました。
専門家は「深刻な事態で、手を差し伸べなければならない子どもはほかにもいるのではないか」と指摘しています。

この調査は、NHKが全国の児童養護施設や児童相談所それに児童自立支援施設など1377か所を対象に行ったもので、6割に当たる834か所から回答を得ました。
その結果、施設に保護された子どものうち自分の意思に反しておおむね1か月以上学校に通えないなど一定期間、社会とのつながりを絶たれていた子どもはこの10年で少なくとも1039人に上ることが分かりました。
子どもたちが抱えていた要因を複数回答で尋ねたところ、この質問に回答のあった813人では、▽「ネグレクトを含む親の虐待」が最も多く63%、▽「貧困」や「借金からの逃避」といった経済的理由が31%、▽保護者の「精神疾患や障害」が27%でした。
また、親が出生届を出さず「無戸籍」だった子どもも25人いました。
学校に行けなかったり、親に連れられて住む場所を転々としていたりした期間が1年以上に及んでいた子どもは262人に上り、最も長いケースで生まれてから11年間、家に閉じ込められていた子どももいました。
また、小中学校の義務教育を受けられなかった時期のある子どもは623人と、期間を把握できた813人のうち77%を占めました。
施設から寄せられた回答には、「ひもでつながれおりに入れられていた」とか、「大人の腰の高さまで積み重なったゴミの隙間で眠っていた」など、社会とのつながりを絶たれている間に子どもたちが過酷な生活を強いられていた実態も記されていました。
児童虐待など子どもを取り巻く問題に詳しい「子どもの虹情報研修センター」の川崎二三彦研究部長は、「1000人余りもの子どもが自分の意思に反して学校に行くことができないなど姿が見えなくなっていたのは深刻な事態で、ほかにも手を差し伸べなければならない子どもはいると思う。事情がはっきりしないまま学校を休んでいるという事実は周りの人が異変に気付くことができる明確な事態なので、学校などの教育機関と児童相談所などの福祉部門が連携して状況を把握し、それぞれのケースに合わせた取り組みを強化していく必要がある」と話しています。

続きを読む "“消えた”子ども 少なくとも1000人余に(19日)NHK"

| コメント (0)

コンビニ店に車突入も奇跡的に…客ら8人にけがなし(19日)テレビ朝日

77歳の女性の運転ミスで、車がコンビニ店に突っ込みました。
 警察によりますと、19日午後1時ごろ、千葉県君津市で「ファミリーマート君津貞元店」の店員から「乗用車が店に突っ込んだ」と110番通報がありました。車は入り口の自動ドアを突き破り、レジの前で止まりました。乗用車を運転していた女性と助手席にいた孫の女の子(7)にけがはありませんでした。店員と客の8人も、入り口から離れた場所にいたため難を逃れました。警察は、女性が車を止めようとしてアクセルとブレーキを踏み間違えたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041073.html

| コメント (0)

隣人切りつけ容疑で逮捕の男、鑑定留置を決定 (19日)TBS

東京・世田谷区で危険ドラッグを吸ったとみられる男がマンション隣の部屋に侵入し、女性を切り付けた事件で、東京地検が男の精神鑑定の実施を決めました。
 田中勝彦容疑者(31)は、今月、世田谷区でマンションの隣の部屋に侵入し、37歳の女性をナイフで切り付けてけがをさせたとして、傷害容疑で現行犯逮捕されました。
 逮捕時、田中容疑者は、「シェシェシェのシェー」など意味不明な言動を繰り返し、尿からは危険ドラッグの成分が検出されました。こうしたことから東京地検は、田中容疑者の刑事責任能力の有無を調べるため、19日、裁判所に鑑定留置を請求し認められました。医師の鑑定を元に事件を起こすまでの認識などを調べ傷害容疑で起訴できるかなど判断するものとみられます。(19日19:22)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2376301.html

| コメント (0)

東京・武蔵村山市でひき逃げ、76歳女性死亡 (19日)TBS

19日午前、東京・武蔵村山市の路上で76歳の女性が倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。警視庁は、死亡ひき逃げ事件として捜査しています。
 19日午前5時半過ぎ、武蔵村山市中原の市道で、「人が倒れている」と車で通勤途中の男性から110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、近くに住む無職の前坊八重子さん(76)が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、胸を強く打つなどしていて、その後、死亡が確認されました。
 現場は見通しがよい直線道路で、警視庁は、現場の状況などから、前坊さんが車にひき逃げされ死亡したとみて捜査を進めています。(19日15:09)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2376316.html

| コメント (0)

放火罪で無職男起訴=多摩市の不審火事件-東京地検支部(19日)時事

 東京都多摩市で9月、建築中の住宅で発生した放火事件で、東京地検立川支部は19日、非現住建造物等放火罪で、無職粕谷聡容疑者(22)=日野市=を起訴した。
 多摩市内では9月、不審火が連続発生。粕谷容疑者は他の不審火についても、放火したことを大筋で認めており、警視庁は年明けに再逮捕する方針。(2014/12/19-20:33)

2014/12/19-20:33

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
軽薄な罪の意識
【治安つぶやき】

2009_1228_22521931F1010538 〝おやじ狩り〟はあったが、今度は〝タクシー狩り〟まで出てきちゃった。少年犯罪は減少するも形態を変え〝進化〟している。
 兵庫県警は今月に入り、67歳のタクシー運転手を取り囲み、棒を顔に投げつけて重傷を負わせたとして尼崎市内に住む14~17歳の少年5人を傷害容疑で逮捕した。少年らは遊び仲間で〝タクシー狩り〟と称して、タクシーを自転車で囲み、運転席に棒を投げつけるなどを繰り返していたという。
 また、女児などを路上から連れ去る事件が多くなっているが、18歳の少年が16歳の女子生徒を車で連れ回したり、線路に石を置いて、石が潰れる音を楽しんでいた茨城県内の高校3年の生徒が逮捕されるなど、罪の意識のない行為に驚くばかりだ。
 警察庁によると今年11月までの刑法犯で検挙された少年は4万4072人で前年同期より7494人も減った。しかし一方で凶悪犯の放火が70人で前年同期比+13人。振り込め詐欺などの詐欺容疑の検挙人員は767人で同77人も増えた。また暴行、傷害などの粗暴犯のうち脅迫が43人増の210人だった。
 この他にも、なんと通貨偽造の検挙者もあるなど偽造事件も多くなっている。問題の万引の検挙人員は、1万2584人で2871人減少したものの、依然として衰えない。
 〝前科〟という傷跡は一生ついて回るのだという重さをどう教えるかだ。
 【事件】19日夜、東京・新宿区のJR新宿駅と京王線新宿駅の連絡通路で、男性が何者かに太ももを刺される事件があった。同日午前、東京・武蔵村山市の路上で76歳の女性がひき逃げされて死亡した。
 それだけではない。新聞販売店のスタッフを名乗り、「前払いしてくれれば購読料が安くなる」などと持ちかけ、お年寄りたちから現金をだまし取る事件が東京都内で続発しているという。年末年始に向けて国民一人一人が警戒心を強くすることだ。
 
 首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0)

更新装い偽カード送りつけ、本物狙う新手の詐欺(19日)読売

更新を装って偽のキャッシュカードを送りつけ、正規のカードをだまし取ろうとする新手の詐欺未遂事件があったとして、香川県警は18日、県内の女性(73)に届いた偽のカードを公開した。
 「銀行がキャッシュカードを郵送させることはあり得ない。同じような郵便物が届いたら、必ず金融機関に問い合わせてほしい」と注意を呼びかけている。
 発表では、女性には16日、実際に口座を持つ県内の金融機関名を記したレターパックが届き、「セキュリティー対策を改訂しており、旧カードを返信用封筒で返送してほしい」と書かれた案内書と、女性の名が刻印されたカードが入っていた。返信用の書類には、暗証番号を記入する欄もあった。
 女性から相談を受けた金融機関が県警に通報。四国の他の県や岡山県でも同様の郵便物が確認されているという。

2014年12月19日 10時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

ドラム缶殺人、二審も死刑=無罪主張退ける-大阪高裁(19日)時事

大阪府阪南市の駐車場で2009年、ドラム缶に入った元会社社長夫婦の遺体が見つかった事件で、強盗殺人罪などに問われた鈴木勝明被告(47)の控訴審判決が19日、大阪高裁であった。笹野明義裁判長は死刑とした一審大阪地裁堺支部の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。弁護側は即日上告した。
 笹野裁判長は鈴木被告が死体遺棄を認めたことや、事件後に被害者の高級時計を質入れした点などから一審判断は妥当と指摘。「死刑を選択するほかない」と述べた。被告側は「被告人が現場にいたか証拠上明らかではない」などと無罪を主張したが、合理的な理由がないとして退けた。(2014/12/19-12:39)

2014/12/19-12:39

| コメント (0)

愛知県警が車に無断でGPS 名古屋の男性が提訴(19日)共同

愛知県警に衛星利用測位システム(GPS)端末を無断で車に取り付けられ、行動を監視され精神的苦痛を受けたとして、名古屋市の男性が県に143万円の損害賠償を求め名古屋地裁に提訴していたことが19日、分かった。10月29日付。
 原告代理人によると、GPSを使った捜査に対し、損害賠償を求めた訴訟は全国初とみられる。
 捜査関係者によると、男性は窃盗事件で捜査対象だった。刑事訴訟法にはGPSに関する規定がなく、捜査で使う場合にも裁判所の令状は必要ないという。一方、原告代理人は「GPSによる監視は人権侵害の危険が大きく、令状なしでは許容できない」としている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121901001657.html

| コメント (0)

警部ら、部下に服脱がすパワハラ 兵庫県警、暴行容疑で書類送検(19日)共同

酒席の場で部下に服を脱ぐよう強要するなどのパワハラ行為をしたとして、兵庫県警は19日、暴行容疑で近畿管区機動隊の中隊長だった男性警部(42)ら5人を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分などにした。県警関係者への取材で分かった。
 警部は「やる気を感じられず戒める気持ちでやった。場を盛り上げるためでもあった」と話しているという。県警は「いじめなどは確認されなかった」としている。
 ほかに書類送検されたのは、いずれも近畿管区機動隊に所属していた35歳と33歳の男性警部補2人=戒告の懲戒処分=と、31歳と29歳の男性巡査部長2人=本部長訓戒。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121901001676.html

| コメント (0)

捜索前、PC機器を破壊 資金問題で小渕氏の関係先(19日)朝日

 小渕優子・前経済産業相の政治団体をめぐる不明朗な資金処理問題で、東京地検特捜部が10月に関係先を家宅捜索する以前に、パソコンのデータを保存する複数のハードディスクがドリルで破壊されていたことが関係者への取材で分かった。ハードディスク群馬県内の小渕氏の関係先にあったもので、特捜部はこの経緯についても慎重に調べているとみられる。
 小渕氏をめぐっては、地元の支援者らが参加した東京・明治座での「観劇会」に関し、四つの政治団体の2005~13年の政治資金収支報告書で、収入より支出が大きく上回り、差額が計6千万円を超えていたことが判明。衆院選のあった12年の収支報告書には、観劇会の収支の記載自体がなかった。
 この問題で、特捜部は10月30日以降、小渕氏の元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎氏の自宅や、同県内の小渕氏の政治団体の事務所など関係先を政治資金規正法違反容疑で家宅捜索した。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASGDL5SV8GDLUTIL03M.html?iref=comtop_6_01

| コメント (0)

証拠品を山中に大量投棄 警部補を書類送検へ 愛知県警(19日)産経

愛知県瀬戸市の山中にカメラやバールなど刑事事件の証拠品を大量に投棄したとして、県警が証拠隠滅容疑で守山署の50代の男性警部補を19日に書類送検し、懲戒処分とする方針を固めたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、警部補は同署刑事課で証拠品の管理を担当。平成20年ごろから窃盗事件の捜査などで押収した証拠品を地検に送ったように見せかけ、手元に保管。その後、山中に捨てた疑いが持たれている。http://www.sankei.com/affairs/news/141219/afr1412190004-n1.html

| コメント (0)

男女間違えて火葬 所沢葬斎センターで遺体取り違え(19日)産経

 埼玉県所沢市の葬祭場「さがみ典礼所沢葬斎センター」で今月6日、高齢の男性の遺体が女性の遺体と取り違えられ、女性の遺族のもとで誤って火葬されるミスがあったことが18日、同センター運営会社などへの取材で分かった。同社は両遺族に謝罪。男性の遺族は葬儀を取りやめ、女性の遺族は再度、葬儀をやり直したという。
 同センターを運営する「アルファクラブ武蔵野」(さいたま市見沼区)によると、6日午後2時ごろ、男性職員2人が霊安室に安置されていた女性の遺体と間違って男性の遺体を搬出し、女性の遺族に届けた。男性の遺体は9日午前、所沢市斎場で火葬。同日午後5時ごろ、系列の「さがみ典礼三芳葬斎センター」(同県三芳町)で男性の通夜の準備をしていた遺族が、棺に見知らぬ女性が安置されているのに気づき、取り違えが発覚した。
 関係者によると、男性の遺族のもとには火葬された遺骨が届けられたが、遺族は「本人のものなのか分からない」として受け取りを拒否。遺骨は現在、同社で保管しているという。http://www.sankei.com/affairs/news/141219/afr1412190002-n1.html

| コメント (0)

大雪で死者11人…北海道では高潮で住宅浸水も(19日)読売

猛烈に発達した低気圧が日本列島を北上した影響で、18日も北日本を中心に広い範囲で大雪となった。
 各地で屋根の雪下ろし中の転落や、スリップによる交通事故などが続出。これまでに全国で少なくとも11人が死亡した。大雪や強風の影響で、公共交通も大幅に混乱。ダイヤが乱れた東海道新幹線では、計約15万人に影響が出た。気象庁によると、雪や風のピークは過ぎ、19日以降は次第に収まるという。
 気象庁によると、18日午後6時までの24時間降雪量は、群馬県の山沿いで70センチ。北海道上川地方でも51センチを記録するなど各地で大雪となった。山形県酒田市の飛島で32・6メートルの最大瞬間風速を観測。北海道根室市では17日に高潮が発生し、一部の住宅が浸水。18日も根室港で一時、高潮が岸壁を越えたが住宅地への流入はなかった。

2014年12月19日 00時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20141218-OYT1T50147.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0)

王将社長射殺、イタリア製の拳銃使用か 事件から1年(19日)朝日

 「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の社長だった大東(おおひがし)隆行さん(当時72)が昨年12月に本社前で射殺された事件で、犯行に使われた拳銃がイタリア製とみられることが、捜査関係者への取材でわかった。現場に残された薬莢(やっきょう)や弾の特徴などから絞り込んだという。小型の護身用タイプの可能性が高く、京都府警は流通ルートの洗い出しなどを進めている。
 事件は19日に発生から1年を迎える。捜査関係者によると、大東さんの腹部などから見つかった4発の銃弾と薬莢を鑑定したところ、痕跡などから、拳銃は25口径の自動式でイタリア製、銃弾はアメリカ製とみられることが判明。銃についてはイタリアのメーカー数社に絞り込んでさらに特定を進めている。銃も弾も海外では比較的入手しやすいタイプとされるが、府警は銃撃した人物に直結する手がかりを捜している。
 これまでの調べで、弾に刻まれた「銃の指紋」と呼ばれる線条痕は、国内の事件で使用された拳銃のものとは一致していない。だが、京都府南部の城陽市で盗まれた後、京都市内に乗り捨てられたバイクの右ハンドルから、銃を発射した際に残る硝煙反応を府警は確認した。防犯カメラの映像解析などから、犯行にバイクが使われたとするこれまでの推察を裏付けており、府警は現場周辺の幹線道路の防犯カメラの解析などを進めている。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGDL05VLGDKPLZB01R.html

| コメント (0)

東電社員3人が許可書偽造 ケーブル工事、警察提出も(19日)共同

東京電力は18日、茨城、埼玉、神奈川、静岡の4県で昨年7月~今年11月に行った地中ケーブルなどの設置工事11件で、20~50代の男性社員3人が国や市町村の発行する許可書を偽造し、無許可で工事をしていたと発表した。うち7件は道路使用許可を得るために警察署に提出していた。
 東電によると、3人は同社の春日部支社(埼玉県春日部市)、川崎支社(川崎市)、三島支社(静岡県三島市)でそれぞれ許可申請を担当していた。許可申請が遅れて工事開始に間に合わなくなったため、別の工事で過去に受けた許可書の日付や場所を書き換えていた。偽造はそれぞれ独自に行ったという。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121801002517.html

| コメント (0)

犯人が“スマホ”持ち去りか 松山・37歳女性殺害(19日)テレビ朝日

松山市のアパートで女性が殺されているのが見つかった事件で、女性の使っていたスマートフォンが見つかっていないことが分かりました。
 この事件は17日夜、松山市中心部のアパートの一室で、部屋に住む黒田美貴さん(37)が死んでいるのが見つかったものです。これまでの捜索で、黒田さんが使っていたスマートフォンが発見されておらず、警察は、犯人が持ち去った可能性もあるとみて探しています。また、捜査関係者によりますと、黒田さんは首の前側を切られていて、傷は頸動脈(けいどうみゃく)に達していたということです。警察では、強い殺意を持つ顔見知りの犯行の可能性もあるとみて捜査を続けています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041034.html

| コメント (0)

高齢者狙った連続殺人か…前橋男性殺害(19日)テレビ朝日

前橋市で、81歳の男性が、家に押し入ってきた若い男に刃物で刺されて殺害された事件で、警察は、近所で93歳の女性が殺害された事件と同一犯の可能性もあるとみて捜査しています。

 16日昼前、前橋市三俣町の住宅で、川浦種吉さんと妻(80)が若い男に刃物で切り付けられ、種吉さんは18日に死亡しました。軽傷の妻は「トイレを出たら見知らぬ男がいて、急に無言で刺された」と話しています。川浦さんの家から700mほど離れた住宅でも先月、一人暮らしの93歳の女性が何者かに刃物で切り付けられて殺害される事件がありました。高齢者を狙い、上半身に切り付ける手口が似ていることなどから、警察は、同一犯による連続殺人事件の可能性もあるとみて捜査を進めています。

| コメント (0)

アレフなど2教団「依然危険な体質」(19日)NHK

公安調査庁は、ことしの「内外情勢の回顧と展望」を発表し、オウム真理教から名前を変えた「アレフ」など2つの教団について、去年と比べて信者は横ばいだったものの、現在も地下鉄サリン事件を正当化するなど、依然として危険な体質が認められると指摘しています。

それによりますと、オウム真理教から名前を変えた「アレフ」と、オウム真理教の元幹部が設立した「ひかりの輪」の2つの教団の信者は、合わせておよそ1650人で、去年から横ばいとなっているものの、セミナーなどを積極的に行い、資産は、合わせて去年よりおよそ1億2000万円多い6億9000万円に達したとしています。
そして2つの教団では、現在も信者が地下鉄サリン事件を正当化するなど、依然として危険な体質が認められると指摘しています。
また「アレフ」は、過去最多となる700人以上の信者を集めて、麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚の「生誕祭」を開いたほか、小中学生を含む未成年者に松本死刑囚の説法を教えるなど、注意を要するとしています。
一方、北朝鮮を巡っては、拉致被害者らの調査の先行きは不透明だと指摘したうえで、調査結果を小出しにすることで制裁の追加解除や人道支援などの獲得を企てることが考えられると懸念を示しています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141219/t10014108691000.html

| コメント (0)

« 2014年12月18日 | トップページ | 2014年12月20日 »