« 2014年12月17日 | トップページ | 2014年12月19日 »

2014年12月18日

2014年12月18日 (木)

容疑者の現金盗む 留置場担当の警官を送検 「ギャンブルで金なくなった…」(18日)産経

福岡県警は18日、南署に勾留中の容疑者から署が預かった現金1万円を盗んだとして窃盗容疑で南署留置管理課の男性巡査長(24)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日、自主退職した。
 県警によると、巡査長は11月16日の泊まり勤務の際、留置管理課にある手提げ金庫に入っていた現金1万円を盗んだとしている。「ギャンブルで金がなくなり、生活費の足しにするため盗んだ」と話しているという。http://www.sankei.com/affairs/news/141218/afr1412180048-n1.html

| コメント (0)

巡査部長がデリヘル、捜査費で駐車場代出した疑い 福岡(18日)朝日

福岡県警は18日、路上で女性に抱きついたとして強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された県警公安1課巡査部長の入江雄一被告(32)について、勤務中にデリバリーヘルスを利用し、駐車場代を捜査費から出したことがあったとして、詐欺容疑などで追送検し、懲戒免職処分にしたと発表した。
 また、南署(福岡市南区)留置管理課の男性巡査長(24)を、勾留中の男性から預かった現金1万円を盗んだとの窃盗容疑で書類送検し、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は18日付で辞職した。
 発表によると、入江被告は2012年10月~14年8月、勤務中にデリヘルを計7回利用。うち2回で、ラブホテル近くの駐車場代計800円を捜査費から出した疑いがある。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGDL5CHGGDLTIPE01H.html

| コメント (0)

危険ドラッグ摘発、件数5倍に 警察庁まとめ、1~11月(18日)共同

今年1~11月、全国の警察が危険ドラッグに絡み、622事件725人を摘発したことが18日、警察庁のまとめで分かった。昨年1年と比べても事件数は約5倍、人数は約4倍に増えた。危険ドラッグの使用が原因と疑われる死者は、11月末までに111人に上ったことも判明した。
 今年4月施行の改正薬事法(現医薬品医療機器法)で所持や使用が禁止され、同法を適用した摘発が急増したほか、危険ドラッグを使用して車を運転したドライバーを道交法違反(過労運転等)容疑で積極的に摘発したことが要因となった。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121801002148.html

| コメント (0)

王将社長射殺、19日で1年 (18日)TBS

「餃子の王将」を展開する会社の前の社長・大東隆行さん(当時72)が京都市山科区の本社前で何者かに射殺されてから、19日で1年です。
 「(1年は)早いですね。早く犯人を捕まえてほしい」(現場近くの住民)
 警察はこれまでに延べ3万3000人以上の捜査員を投入、防犯カメラなどから犯人はバイクで逃走した可能性が高いとされています。
 その後、警察が押収した所有者不明のバイク1台から、銃を発砲した際に残る硝煙反応が確認されていたことがわかりました。
 警察は、このバイクが逃走に使われた可能性が高いとみて犯人の特定を進めています。(18日17:16)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2375801.html

| コメント (0)

服の隙間からのぞき見える胸“撮影” 男を書類送検((18日)テレビ朝日

電車内で、女子児童の近くに立ち、服の隙間からのぞき見える胸を撮影したとして33歳の契約社員の男が書類送検されました。被害に遭った児童は100人に上るとみられています。
 神奈川県小田原市の契約社員の男は10月、小田急線の登戸駅から新宿駅までの間に、9歳から11歳くらいの女子児童の胸をスマートフォンで撮影した疑いが持たれています。警視庁によりますと、男は、服の隙間からのぞき見える子どもの胸ばかりを撮影していて、被害者は2年間で約100人に上るということです。取り調べに対し、男は容疑を認め、「子どもの胸を見て興奮した。子どもが薄着になる夏場だけ盗撮した」と話しているということです。

| コメント (0)

被告「諦めない絶対に」六本木クラブ襲撃で懲役15年(18日)テレビ朝日

関東連合の元リーダーに1審よりも重い判決が言い渡されました。
 関東連合の元リーダー・石元太一被告(33)は去年、六本木のクラブで、客の男性(当時31)を対立するグループのメンバーと間違えて暴行し、死亡させた罪などに問われています。1審では懲役11年の判決でしたが、東京高裁は18日、「事件に深く関与し、重要な役割を果たした」として1審判決を破棄し、懲役15年を言い渡しました。石元被告は「まだ諦めないですから、絶対に」と言って法廷を後にしました。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000041012.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日単位・レベル)
違反を放置するな
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010513 衆院選も終わったが話題候補の選挙戦のニュースを見ていて驚いた。候補者が前席の助手席に乗り、走行中に窓から身体を乗り出して有権者に手を振っている。これは明らかに道路交通法の第71条(シートベルト着装)に違反する。国会議員になろうとしている者が堂々と違反行為をしている。放置してよいのか?
 警察庁によると今年11月までの交通事故発生件数は51万7196件で死者は3673人。発生で前年同期より5万0802件、死者で210人減少した。平成8年ころ、死者数を1万人以下に抑えるため警察は苦労したが、その後の努力もあって現在は半減させることができた。
 自動車乗車中の事故が33.7%を占めるが、歩いているときのほうがこれを上回り35.3%。しかも年齢では65歳以上の歩行中が24.9%だ。
 発生で最も多かったのは愛知の4046件で、以下は福岡の3534件、大阪の3448件、東京の3172件、静岡の2934件の順。
 死者数は兵庫の29人を筆頭に千葉と静岡が20人、埼玉18人、大阪15人と続いた。
 自転車のマナーの悪さは小覧で何度も指摘したが、危険ドラッグを吸引して自転車に乗っていた29歳の男性が千葉県警に逮捕され、県公安委員会は90日以上の免許停止処分にしたという。全国初の〝快挙〟で胸がすーっとした。徹底した取締を期待する。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

<特殊詐欺>巧妙な揺さぶり「まさか私が…」(18日)共同

◎寸前で被害免れた高齢者証言
 振り込め詐欺に代表される「特殊詐欺」の宮城県内の被害が11月末現在で9億円を超え、過去最悪を更新している。なぜ被害が増え続けるのか。被害を辛うじて免れた仙台市の夫婦が、河北新報社の取材に応じ、犯行グループの巧妙な手口を振り返った。「だまされない自信があったが、まんまと信じてしまった」。心理を巧みに揺さぶられたという。

 取材に応じたのは、宮城野区に住む80代男性と70代女性。2003年ごろに被害が顕在化し、今も全国で頻発している「おれおれ詐欺」の標的となった。
 事件があったのは今月3日。「会社の重要書類と現金1500万円をなくした」。東京で会社勤めの一人息子を装った電話が自宅にかかってきた。「蓄膿(ちくのう)症になったので、いつもより話が聞き取りづらいかも」という言い分を、女性は「気が動転し、うのみにしてしまった」。
 驚きで二の句が告げずにいると、上司を名乗る男が電話口に出た。「息子さんは会社にとって大事な存在。私が借金して何とかします」。丁寧な口調に誠実さを感じるとともに、申し訳なさが胸に込み上げた。「私どもで穴埋めします」。夫婦はその場で、老後の生活資金を手放すことを決断した。
 銀行の窓口で使い道を問われると、「リフォームに使う」とうそをついた。息子を助けたい一心だった。
 不審に思った銀行の通報で駆け付けた仙台東署員2人が自宅まで付いてきた。「なんで自分たちの金を自由に使えないのっ」。状況を理解しようとしない署員らが不思議でならず、怒鳴り声を上げた。
 再び電話が鳴った。息子を名乗る男からだった。署員が電話口に出て、相手に長男の生年月日などを尋ねると突然、電話は切れた。「その時、ようやく魔法が解けた」(男性)
 県警生活安全企画課によると、県内でことし発生した特殊詐欺の被害額は11月末現在で9億1270万円。過去最多だった2006年の8億80万円を既に超えている。
 宮城学院女子大の大橋智樹教授(応用心理学)は「人間は緊急事態に直面すると情報処理能力が一気に低下する。一度信じ込んだストーリーから抜け出すのは極めて困難だ」と指摘。「高齢の親が大金を引き出す際は、子どもが立ち会うことを事前にルール化しておくなど『だまされても、だまし取られない対策』を講じることが重要だ」と提言する。http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141218_13009.html

続きを読む "<特殊詐欺>巧妙な揺さぶり「まさか私が…」(18日)共同"

| コメント (0)

「振り込め詐欺対策」で防犯基準を改正(18日)NHK 警察庁

過去最悪のペースで増え続ける「振り込め詐欺」の被害を防ぐため、警察庁は、金融機関の防犯基準を改正し、ATMの画面に詐欺への注意を呼びかける表示を行うなど、対策を徹底するよう指導することにしています。

警察庁によりますと、ことしの「振り込め詐欺」の被害額は10月末までに453億円に上り、年間の被害が過去最悪の489億円だった去年の同じ時期よりも67億円余り増えています。
一方で、金融機関の職員などが窓口やATMで現金を振り込もうとする被害者に声をかけたところ、243億円余りの被害を食い止められているということです。
このため、警察庁は水際での対策を強化しようと、銀行や郵便局などの金融機関の防犯基準を改正し、ATMの画面に詐欺への注意を呼びかける表示を行うことや、窓口やATMで職員が客に積極的に声をかけることを盛り込みました。また、インターネットバンキングの利用者の預金が別の口座に不正に送金される被害も、ことし18億円に上って最悪のペースで増えていて、新たに防犯基準に、最新の手口を把握してセキュリティー対策を進めることや、ウィルス対策ソフトの導入を客に呼びかけることなどを盛り込みました。
警察庁は、改正した防犯基準を金融機関の関係団体に配布し、対策を徹底するよう指導することにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141218/k10014084101000.html

| コメント (0)

女性に平手打ち、ハイヒール奪い逃走 男の映像公開(18日)テレビ朝日

000040988_6401東京・板橋区で、マンションの内覧に同行した不動産会社の女性を殴り、ハイヒールなどを奪ったとされる男の映像が公開されました。

 警視庁によりますと、男は部屋を探す客を装い、不動産会社の女性と板橋区内のマンションを訪れました。部屋に入ると、男が「実は本部から抜き打ちのチェックに来た」などと言い出したため、不審に思った女性は自分のスマートフォンで会話を録音しようとしました。これに気付いた男は女性の顔を殴ってスマートフォンを取り上げたうえ、玄関に脱いであった女性のハイヒールを奪いました。「部屋から出られないようにしている」と身の危険を感じた女性は、裸足で部屋から逃げたということです。ハイヒールとスマートフォンを持って消えた男は30歳くらい、身長170cmほどだったということです。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000040988.html

| コメント (0)

前橋切りつけ:刃物で首狙う手口 搬送の夫81歳死亡(18日)毎日

 前橋市三俣町2の無職、川浦種吉(たねきち)さん(81)と妻(80)が16日、自宅で刺された事件で、犯人が2人の首を狙って切りつけていたことが、捜査関係者への取材で分かった。重体だった川浦さんは18日朝、搬送先の病院で死亡し、県警は殺人容疑に切り替えて捜査する。
 約740メートル離れた民家で11月、1人暮らしの小島由枝(よしえ)さん(93)が殺害された強盗殺人事件でも被害女性は首を刺されており、県警は同一犯との見方を強めている。
 捜査関係者によると、川浦さんは首と脇を刺されていた。妻はトイレから出た際に犯人と鉢合わせになり、首と胸を切りつけられて軽傷。犯人は無言で襲いかかってきたという。 両事件とも被害者は平屋建てに住む高齢者で、犯人は刃物を持ち込んだとみられる。被害にあった民家はどちらも当時、玄関が施錠されており、犯人は居間の掃き出し窓や縁側から出入りしたとみられている。
 11月の事件では、寝室のたんすや仏壇に物色した形跡があった。県警は、今回の事件でも室内を物色していないか捜査を続けている。【尾崎修二、山本有紀】http://mainichi.jp/select/news/20141218k0000e040194000c.html

| コメント (0)

今年も斜め横断禁止=年越し警備で渋谷交差点-警視庁(18日)時事

警視庁は18日、大みそかの31日深夜から元旦未明にかけて、東京・JR渋谷駅前のスクランブル交差点で、機動隊員ら数百人態勢で警備に当たると発表した。昨年同様、交差点の斜め横断も禁止する。カウントダウンをする若者ら多数の人出が予想されるため、混乱防止対策を徹底する。
 渋谷駅前のスクランブル交差点ではこれまで、サッカー・ワールドカップ(W杯)の日本代表戦後に、走りながらハイタッチを繰り返す若者らが続出し、赤信号になっても交差点内に滞留し混乱した。2001年の元旦未明には地下鉄出入り口の屋根に上った若者が転落死する事故も起きた。(2014/12/18-12:20)

| コメント (0)

パワハラ警官「バカにつける薬はない」部下退職(18日)読売

鹿児島県警は17日、それぞれ部下にパワーハラスメントを行ったとして、日置署の巡査部長(51)を懲戒処分の戒告、県警生活安全企画課の警部(56)を所属長訓戒とする処分を行った。2人は同日付で依願退職した。
 発表によると、巡査部長は2008年4月頃~今年8月頃の約6年4か月の間、前任地と同署で、計7人の部下に対し、再三、「使い物にならない」「仕事ができないのに口をきくな」などと暴言を浴びせたり、頭を手で叩いたりした。
 警部は日置署次長だった昨年3月~今年3月の間、部下2人に対し、複数回、「バカにつける薬はない」などと暴言を浴びせた。
 被害者の9人のうち2人は、パワハラを一因として退職している。
 巡査部長と警部は県警の調査に対して事実関係を認めており、「文句を言われなかったからやった」「指導の一環だった」などと説明しているという。

2014年12月18日 10時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

東京・中野の焼き肉店で事後強盗、80万円盗んだ後、副店長に刃物突き付け逃走(18日)産経

18日午前0時35分ごろ、東京都中野区中野のビル地下1階にある焼き肉店で、閉店後に訪れた男が店にあった現金約80万円を盗み、副店長の男性(30)に刃物のようなものを突き付けて逃走した。中野署が事後強盗の疑いで行方を追っている。
 中野署によると、男は身長175~180センチくらいで、いずれも黒のニット帽と上着を着用。1人で片付けをしていた副店長に、片言の日本語で話し掛け、店内を歩き回って金を盗んだ。副店長が気付いて追い掛けたが、男は階段で刃物のようなものを突き付け、地上で別の男と合流して逃げたという。

http://www.sankei.com/affairs/news/141218/afr1412180012-n1.html

| コメント (0)

18歳高3も対象に 警視庁がJKビジネス補導強化(18日)産経

女子高生らがマッサージなどのサービスを提供する「JK(女子高生)ビジネス」の取り締まり強化のため、警視庁少年育成課は18日、来年1月からこれまで「18歳未満」としていた補導対象に、18歳の高校3年生らも加えると明らかにした。
 同課によると、昨年春、個室で添い寝などのサービスをする「JKリフレ」で働く女子高生らを、従来の「保護」から補導の対象にした。しかし、業者が18歳以上を雇うなど規制を逃れるケースが増えている。
 18歳未満が客を勧誘して、補導対象となっていない18歳に引き継ぐ事例もあったといい、同課は「補導活動を強化し、少年の健全育成を図る」としている。
 JKビジネスは、女子高生による接待を売りにする店の総称。米国務省の人身売買に関する報告書で、買春の場になっていると批判されており、日本の警察当局も警戒を強めている。http://www.sankei.com/affairs/news/141218/afr1412180014-n1.html

| コメント (0)

警察官かたる不審電話相次ぐ(18日)NHK 徳島市内

徳島市内の高齢者の自宅に警察官をかたって金融機関との取り引きなどを聞き出そうとする不審な電話が相次いでいることがわかり、警察は、特殊詐欺とみて調べるとともにこのような電話がかかってきたら最寄りの警察に相談するよう呼びかけています。
徳島県警察本部によりますと、徳島市内では、高齢女性の自宅に警察官をかたる男から不審な電話があり、「詐欺事件の犯人を捕まえたところ、あなたの名義の通帳を持っていた」とか「犯人が持っていた名簿にあなたの名前が載っていた」などと言ったうえで、「信用金庫と取り引きがありますか」などと口座や残高について尋ねられたという相談が相次いで寄せられているということです。
16日午後3時までに9件確認されていて、中には、「被害に遭わないように銀行協会や信用保証協会の者が伺います」などとも語っていると言うことです。
警察は振り込め詐欺など特殊詐欺の手口と見て、捜査していますが、これまでに現金をだまし取られたという被害の連絡はないということです。
また、「警察が電話で口座の有無や残高について尋ねることはないので、このような電話がかかってきたらすぐに最寄りの警察署や交番に相談してください」と注意を呼びかけています。
相談ダイヤルは#9110となっています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8024019861.html?t=1418856583041

| コメント (0)

交通事故死者 減ってるのに 中高年バイク死、増(18日)東京

交通事故の死亡者数が年々減少を続ける中、バイクに乗った中高年層の事故死が増加の傾向にある。若いころに親しんだバイクに、年月を経て再び乗り始める「リターンライダー」が増えたことが一因とみられ、警察当局は中高年を対象にした安全教室を開くなど本格的な対策に乗り出した。
 十一月二日、茨城県日立市の市道で、仲間とバイクでツーリング中だった四十代の男性が、対向車と衝突して死亡した。同八日、長野県木曽町の国道では、大型バイクが対向車線にはみ出してガードレールに衝突し、乗っていた五十代の男性が亡くなった。
 警察庁の統計では、二〇一三年の交通事故の死者総数は四千三百七十三人で、十三年連続で減少。このうち四十~五十九歳のバイク事故(ミニバイクを除く)の死者数は百七十人で、十年前のほぼ二倍に増えている。
 若いころに二輪免許を取得しながらバイクに乗らなくなり、年を取って生活に余裕が出てきたのを機に、再び乗り始めるリターンライダーが増えたことが背景にあると、警察当局者は分析する。
 東京都渋谷区でデザイン会社を経営する男性(47)は三年前、「学生時代に手が届かなかった」という外国製の大型バイクを購入した。「ツーリング仲間や旅先で会うライダーは、自分のような“リターン組”ばかり。定年後の趣味として再開した人も多い」と話す。
 一三年度の二輪(ミニバイクを含む)の国内販売台数は、前年度と比べて7・3%増の約四十八万台で、五年ぶりの高水準を記録した。日本自動車工業会の調査によると、同年度の二輪車ユーザーの56%が五十歳以上で、シニア世代のバイク熱の高まりは顕著だ。
 こうした状況を踏まえ、警視庁は十一月三日、四十歳以上を対象としたバイクの実技教室を初めて開催。警察庁も同十二日、関係団体が意見交換をする「二輪車安全対策推進連絡会議」を初めて開くなど、対策に力を入れ始めた。
 警視庁幹部は「年齢とともに反射神経も衰えるため、昔のイメージのままだと事故を起こす可能性がある。若いころ以上に注意を払い、安全運転を心掛けてほしい」と話している。http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014121702000225.html

| コメント (0)

16歳女子高生を連れ回し暴行 監禁と傷害容疑で少年2人逮捕(18日)産経

愛知県警豊田署は17日、高校1年の女子生徒(16)を車で連れ回し、腹を蹴ってけがをさせたとして、監禁と傷害の疑いで、同県安城市の無職少年(18)と同県豊田市の無職少年(17)を逮捕した。
 逮捕容疑は11月26日夜、豊田市の女子生徒を乗用車に押し込んで市内を走り回り、公園の駐車場やガソリンスタンドで腹を蹴るなどして軽傷を負わせた疑い。
 2人とも「監禁していない」「つついただけ」と容疑を否認している。
 豊田署によると、少年2人は遊び仲間で、女子生徒は知り合いだった。3人の間で何らかのトラブルがあったとみて調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/141217/afr1412170040-n1.html

| コメント (0)

警察大学校で指導の警部補、スカート内を盗撮(18日)読売

女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、警視庁原宿署が、茨城県警警務課の男性警部補(38)を都迷惑防止条例違反(盗撮行為)容疑で逮捕していたことが分かった。逮捕は14日。
 同署幹部によると、警部補は同日午後3時頃、東京都渋谷区の洋品店内の階段で、女性のスカート内にカメラ機能付き携帯電話を差し向け、盗撮しようとした疑い。目撃者が110番した。警部補は当初、容疑を否認したが、その後に容疑を認め、16日に釈放されたという。
 茨城県警によると、警部補は今年4月から都内にある警察大学校に派遣され、学生の指導にあたっていた。県警の吉田浩一監察室長は「逮捕は誠に遺憾。被害者と県民に深くおわびする」とのコメントを出した。

2014年12月18日 07時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

夫婦に執ように刃物か 状況捜査(18日)NHK 群馬県警

16日に前橋市の住宅で80代の夫婦が男に刃物で襲われた事件で、夫の腕や手には身を守ろうとした際に付いたとみられる傷が複数あったほか、妻も背後から背中を切られていたことが警察への取材で分かりました。
警察は、男が、逃げる夫婦に執ように刃物を向けたとみて、犯行の状況を詳しく調べています。

16日の昼ごろ、前橋市三俣町の住宅で、80代の夫婦が家に入り込んできた男に、首や胸などを刃物で切られたり刺されたりして、夫の川浦種吉さん(81)が意識不明の重体になり、警察は殺人未遂事件として男の行方を捜査しています。
この事件で廊下で倒れていた川浦さんの腕や手には、刃物から身を守ろうとした際に付いたとみられる傷が複数あったことが警察への取材で分かりました。
80歳の妻も背後から背中を切られていて、警察は男が逃げる夫婦に執ように刃物を向けたとみて、犯行の状況を詳しく調べています。
一方、今回の現場近くで先月、刃物で殺害された93歳の女性にも、上半身に多数の刺し傷や切り傷が確認され、警察は高齢者が狙われた2つの事件の関連について調べています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141218/k10014069771000.html

| コメント (0)

暴風雪2人死亡…休校・休園、全国で1300超(18日)読売

猛烈に発達した低気圧の影響で、北海道や日本海側の各地は大荒れとなった。
 建物の倒壊などで2人が死亡、交通機関も大幅に乱れた。猛吹雪が予想される北海道などでは18日も厳重な警戒が求められている。
 17日午後8時現在の読売新聞のまとめでは、高潮と強風のため北海道根室市で一部道路が冠水するなどし、消防がボートで住民33人を救出した。幕別町では倉庫が倒壊し、下敷きになった女性(74)が、釧路市では除雪車にはねられた女性(83)がいずれも死亡した。
 新潟県では屋根から転落するなどして3人が負傷。宮城県でも2人が転倒して骨折するなどした。福島県でも磐越道で雪でスリップした車が正面衝突し2人が重傷を負うなど、14人が負傷した。
 岐阜県の東海北陸自動車道の下り線で同日朝、大型トラックが動けなくなり、一時、最大で100台以上の車が立ち往生した。
 JR東日本によると、除雪作業などで山形、秋田両新幹線で計約30本が運休。JR北海道では、特急列車50本を含む430本が運休した。
 空の便も、全日空で約250便、日本航空も約130便が欠航した。18日も、両社で計78便の欠航が予定されている。
 東北地方の日本海側や北陸地方などでは、少なくとも1万2300戸が停電した。文部科学省によると、17日は全国で公立の小中高や幼稚園など少なくとも1300校が休校・休園した。北海道1107校、愛媛140校、秋田13校、徳島12校などだった。

2014年12月17日 22時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20141217-OYT1T50152.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0)

危険ドラッグ店、一斉立ち入り=改正法施行で-関東信越厚生局など(18日)時事

危険ドラッグの規制を強化した改正医薬品医療機器法(旧薬事法)が17日施行されたのに合わせ、関東信越厚生局麻薬取締部などは同日午後、東京都内の危険ドラッグ販売店に一斉立ち入り検査を実施した。警視庁の捜査員も同行し約50人態勢で、3日間で計24店を順次検査する方針。
〔写真特集〕危険ドラッグ

 法改正により、販売停止命令の対象が、指定薬物の疑いがあるものに加え、指定薬物と同等以上に毒性があると疑われる物品に拡大。官報に告示することで、命令を受けた商品の販売や広告を、インターネットも含め全国一律で禁止できるようになった。
 これまでも、指定薬物の疑いがある物品を発見した場合、成分検査と販売停止を業者に命じることができたが、効力は立ち入り検査した個別の販売店に限られ、流通を止められなかった。
 関東信越局によると、17日は新宿区の3店を検査し、うち1店から指定薬物の疑いがある袋入りの植物片が見つかり、販売停止などを命じた。危険ドラッグを販売する店舗は取り締まりの強化で多くが廃業し、都内のほか横浜や神戸などにわずかに残るだけという。(2014/12/17-20:33)

| コメント (0)

吸引し自転車で免停処分 危険ドラッグ、千葉(18日)共同

危険ドラッグを吸って自転車に乗ったとして、道交法違反(過労運転等)罪で罰金の略式命令を受けた千葉県松戸市の男性(29)に対し、将来薬物の影響で自動車事故を起こす恐れがあるとして、千葉県公安委員会が90日以上の運転免許停止処分としていたことが17日、県警への取材で分かった。処分は16日付。
 県警などによると、男性は9月、危険ドラッグを吸って東京都墨田区の区道を自転車で走っていて、転倒し首を負傷。警視庁に逮捕され、10月に東京簡裁から罰金20万円の略式命令を受けて即日納付した。危険ドラッグ吸引後の自転車運転に同罪を適用した初のケースだった。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121701001937.html

| コメント (0)

障害者雇用率水増し、「10年以上にわたって虚偽報告」 (18日)

厚生労働省所管の独立行政法人が障害者の雇用率を水増しして国に報告をしていた問題で、第三者委員会は、10年以上にわたって虚偽の報告が行われていたとする報告書をまとめました。
 この問題は、労災病院の運営などを行う独立行政法人「労働者健康福祉機構」が、職員全体に占める障害者の割合を実際の数値よりも高く偽って国に報告していたものです。
 これについて機構の第三者委員会が詳しく調査した結果、2000年頃から虚偽の報告が行われたことが認められたということです。少なくとも33人が関与したとしていて、虚偽報告が繰り返された理由について、第三者委員会は報告書の中で、「法令遵守よりも前例踏襲と組織防衛を最優先する体質が機構に根強く存在した」と指摘しました。
 労働者健康福祉機構は、「報告書を重く受け止め、再発防止に努めたい」としています。(17日18:22)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2375023.html

| コメント (0)

“爆弾低気圧”で猛吹雪の恐れ 北海道北見市(18日)テレビ朝日

急速に発達した低気圧の影響で、17日から北海道は東部を中心に記録的な大雪に見舞われています。

 (北村玲奈記者報告)
 北見市では18日午前4時半をすぎた辺りから、雪と風が激しくなってきました。吹雪は今、ピークを迎えているということです。17日、北見市では75cmの雪が降りました。観測史上、最も多い雪でした。歩道はほとんど埋まっていて、歩ける状態ではありません。市民の方は車道を歩いていて、大変、危険な状態です。吹雪のため、オホーツク管内ではすべての市町村が小中学校の臨時休校を決めました。全道では796校が臨時休校となっています。雪はこの後、収まる見込みですが、強風が続きますので夕方までは厳重な警戒が必要です。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000040952.html

« 2014年12月17日 | トップページ | 2014年12月19日 »