« 「だまされたふり作戦」中止後も犯人から電話 男性、朝まで1人で対応 埼玉県警(8日)産経 | トップページ | 麻原死刑囚の三女、アレフ「実質的な現職役員」とみて調査 公安調査庁、教団の観察処分更新請求へ(8日)産経 »

2014年11月 8日 (土)

公安調査官の写真串刺し、教団名隠し勧誘…旧オウム、「反社会性」は継続(8日)産経

オウム真理教による無差別テロ「地下鉄サリン事件」から来年3月で20年。公安調査庁が同教団を母体とする「アレフ」と「ひかりの輪」に対し、6回目となる観察処分に向けて更新請求を行う方針を固めた。その背景には依然として「反社会的」と取れる活動実態がある。信者数や資産は前回更新時より増え、教団の活性化も懸念される。教団施設付近の住民からは処分継続を求める声が上がっている。
■信者、資産とも増加
 同庁によると、両団体は今年9月末現在、15都道府県に32カ所の拠点を持ち、信者数は約1650人。前回の更新時より150人増え、12年前の水準に戻った。資産は信者からの布施の増加により昨年より約1億円増え、約6億5500万円に上った。
 アレフの信者勧誘では、教団名を隠して行われる悪質な事例も報告されている。大学の趣味やスポーツのサークルを“隠れみの”にしたり、学園祭で声をかけるなどして若者を増やしている。公安関係者は「最近では、東京都内の公民館を借りてヨガ教室などを行っている。役所側は普通の区民として貸すので断ることもできず、対応に苦慮している」と話す。
■住民の不安
 「(元教祖の麻原彰晃=本名・松本智津夫=死刑囚は)宗教上の『開祖』」「麻原開祖が解説した仏教・ヨガ等の宗教体系を継承」。アレフの公式サイトにはいまだに、「麻原開祖」が頻出する。一方、「(一連の)事件や犯罪の肯定に結び付くことがないことを明示した語義やその解釈を規定」などと危険性を否定する。

« 「だまされたふり作戦」中止後も犯人から電話 男性、朝まで1人で対応 埼玉県警(8日)産経 | トップページ | 麻原死刑囚の三女、アレフ「実質的な現職役員」とみて調査 公安調査庁、教団の観察処分更新請求へ(8日)産経 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「だまされたふり作戦」中止後も犯人から電話 男性、朝まで1人で対応 埼玉県警(8日)産経 | トップページ | 麻原死刑囚の三女、アレフ「実質的な現職役員」とみて調査 公安調査庁、教団の観察処分更新請求へ(8日)産経 »