« 勤務中に交番でセクハラ行為 警視庁の警察官4人を処分(17日)朝日 | トップページ | 公園で女児の裸盗撮 女子教育実習生に「ストッキング売って」…相次ぐ不祥事 問われる公務員の資質 「倫理教育徹底すべき」(17日)産経 »

2014年11月17日 (月)

奈良女児殺人10年:地域の安全を願う 父親が手記(17日)毎日

2004年11月に奈良市で起きた小1女児誘拐殺人事件から17日で10年となり、被害者の有山楓ちゃん(当時7歳)の父茂樹さん(40)が奈良県警を通じて報道機関に手記を寄せた。10年の歳月を経てなお続く苦しみ、子供たちが安全に暮らせる地域への願いを訴えた。全文は次の通り。【芝村侑美】
 今年で楓が被害にあったあの日から10年が経(た)ちました。10年は長くも感じますが変わることのない悲しみや苦しみはあの日のままです。
 あの明るい笑顔や仲の良かった姉妹、事件がなければ今はどんな毎日を送っていたのだろうと考えてしまいます。家族を守れなかった後悔はこれからも消えることは決してないと思います。普通に過ごす毎日がどんなに幸せか、何気ない会話がどれだけ楽しいか、奪われた命が私たちにとってどれだけ大きく大切であったかを痛感する毎日です。楓が生きていれば今は高校2年生です。楓の妹も時々高校生の楓と遊んだ夢をみます。きっと賑(にぎ)やかな毎日で、たくさんの友達と遊び、色々やりたいことに取り組んでいたのだろうと思います。これからも忘れることはありませんし、今も私たちの思いの中で生き続けています。
 小林(薫)元死刑囚の死刑執行から1年9ケ月が経とうとしています。裁判は私たちが求めたものとなりました。しかし、小林元死刑囚が真摯(しんし)に罪を受け止め8年余りを過ごしたのか、楓の無念を少しでも晴らしてやれたかは今も分かりません。楓の命が奪われただけでなく、数多くの恐怖や苦しみを受け、そして多くのものを失いました。これを一つずつ乗り越えてこそ初めて区切りといえるのだろうと思います。
 今も子どもが被害にあう事件が後を絶ちません。子どもの安全を守るには地域の繋(つな)がりが不可欠です。そこから親も子も安心感が生まれるのだと思います。罪のない子ども達が被害にあう事件が二度と起こらない、子ども達の笑顔のあふれる「安心・安全」な社会になることを心より願います。

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20141117k0000m040119000c.html

« 勤務中に交番でセクハラ行為 警視庁の警察官4人を処分(17日)朝日 | トップページ | 公園で女児の裸盗撮 女子教育実習生に「ストッキング売って」…相次ぐ不祥事 問われる公務員の資質 「倫理教育徹底すべき」(17日)産経 »

脅迫・恐喝・略取・誘拐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勤務中に交番でセクハラ行為 警視庁の警察官4人を処分(17日)朝日 | トップページ | 公園で女児の裸盗撮 女子教育実習生に「ストッキング売って」…相次ぐ不祥事 問われる公務員の資質 「倫理教育徹底すべき」(17日)産経 »