« 横田めぐみさん拉致被害から37年、かかる両親への重圧「元気な姿で」(15日)共同 | トップページ | 国会の警戒強化、外周改修へ…不審者侵入事件で(15日)読売 »

2014年11月15日 (土)

危険ドラッグ店、福岡の街から消えた 潜る業者(15日)朝日

福岡県内で危険ドラッグの販売が確認されていた15店が、いずれも店頭販売を休止したり廃業したりしたことが、県などへの取材でわかった。警察や行政の集中的な取り締まりを受けた影響とみられる。だが、一部はインターネットや電話を使った取引を続けているとみられ、今後の取り締まりの課題となっている。
 北九州小倉北区の繁華街から少し離れた路地の一角に、シャッターが下りたままの店がある。9月末、危険ドラッグを販売目的で保管したとして、店の関係者が県警に逮捕された。
 10月末時点では、この店のホームページ(HP)がインターネット上に残っていた。掲載されていた番号に記者が客を装って電話をかけると、男性が応対。店の関係者を名乗り、店舗での販売から配達による「無店舗型」での販売に切り替えたと説明した。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASGB066G7GB0TIPE03Y.html

« 横田めぐみさん拉致被害から37年、かかる両親への重圧「元気な姿で」(15日)共同 | トップページ | 国会の警戒強化、外周改修へ…不審者侵入事件で(15日)読売 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横田めぐみさん拉致被害から37年、かかる両親への重圧「元気な姿で」(15日)共同 | トップページ | 国会の警戒強化、外周改修へ…不審者侵入事件で(15日)読売 »