« サンゴ密漁担保金、1キロあたり6百万円増額へ(13日)読売 | トップページ | 日本の高級ホテルWiFiで宿泊客端末から情報窃取 「朝鮮語使う」攻撃者(13日)産経 »

2014年11月13日 (木)

特殊詐欺防止:高齢者の高額引き出し通報義務化 福岡(13日)毎日

全国で被害が増加する振り込め詐欺などの特殊詐欺を防ぐため、福岡県警と県内の金融機関は12日、65歳以上の高齢者が窓口で500万円以上の現金を引き出す場合、金融機関が原則として警察に通報することを取り決めた。県警の担当者によると、通報の義務化は全国的にも珍しいという。12月から始める。
 県警と福岡財務支局、金融機関による連携会議で決まった。高齢者が個人口座から500万円以上を引き出して現金で持ち帰る場合、特別の理由が認められる人を除いて通報し、警察官が直接事情を聴く。200万円以上の場合もアンケートをして不審な場合は通報する。
 福岡県警と金融機関は6〜7月、窓口での声かけを強化し、被害防止件数が前年同期の約8倍の42件となった。しかし、客とのトラブルを避けるなどの理由で、通報せずに被害を許したケースも21件あり、対策を検討していた。
 警察庁によると、今年1〜9月の全国の特殊詐欺被害額は約404億円で過去最悪だった昨年の同期を上回っている。県警の担当者は「通報のルールがあれば、金融機関も遠慮なく相談できる」と話している。【前谷宏】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20141113k0000m040165000c.html

« サンゴ密漁担保金、1キロあたり6百万円増額へ(13日)読売 | トップページ | 日本の高級ホテルWiFiで宿泊客端末から情報窃取 「朝鮮語使う」攻撃者(13日)産経 »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンゴ密漁担保金、1キロあたり6百万円増額へ(13日)読売 | トップページ | 日本の高級ホテルWiFiで宿泊客端末から情報窃取 「朝鮮語使う」攻撃者(13日)産経 »