« パトカー追跡中、衝突で3人死傷 和歌山県の交差点(30日)共同 | トップページ | 中1自殺で第三者委初会合 始業式の日に新幹線にはねられ死亡 山形(30日)産経 »

2014年11月30日 (日)

危険ドラッグ取締り強化で関税法改正へ(30日)NHK

危険ドラッグを吸引したことが原因とみられる事件や事故が相次いでいることを受けて、財務省は「関税法」を改正して、危険ドラッグの原料が海外から違法に持ち込まれないよう、税関での取り締まりを強化する方針を固めました。

危険ドラッグを巡ってはことし6月、東京・池袋の繁華街で危険ドラッグを吸引した男が運転する車が暴走し、7人を死傷させるなど事件や事故が相次いでいます。こうした事態を受けて財務省は、危険ドラッグの原料となる指定薬物について、海外から違法に持ち込まれないよう税関での取り締まりを強化する方針を固めました。いまの関税法では、国際郵便を利用して指定薬物を送った場合、内容物の課税価格などによって罰則が適用されないケースもあり、法の不備が指摘されています。このため、指定薬物を医療や研究目的など正当な理由なしに違法に持ち込んだ場合、国際郵便を含むどのような手段であっても、罰則を適用できるよう関税法を改正する方針です。
加えて罰則も強化し、麻薬や覚醒剤などと同じように10年以下の懲役または3000万円以下の罰金を科すことなどを検討しています。
財務省はこうした関税法の改正案を財務大臣の諮問機関に諮ったうえで、来年の通常国会への提出を目指すことにしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141130/n67332110000.html

« パトカー追跡中、衝突で3人死傷 和歌山県の交差点(30日)共同 | トップページ | 中1自殺で第三者委初会合 始業式の日に新幹線にはねられ死亡 山形(30日)産経 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パトカー追跡中、衝突で3人死傷 和歌山県の交差点(30日)共同 | トップページ | 中1自殺で第三者委初会合 始業式の日に新幹線にはねられ死亡 山形(30日)産経 »