« 「詐欺被害取材」で3000万円だまし取られる(23日)読売 | トップページ | 自転車で交通安全パレード 東京・銀座(23日)日本テレビ »

2014年11月23日 (日)

病院放火:ガソリン入れた容器15本 東京・八王子(23日)毎日

東海大学医学部付属八王子病院(東京都八王子市)で22日、男が4〜8階の廊下などに火炎瓶のようなものを投げ付けて逃走したとされる事件で、投げ込まれたガラス瓶やペットボトルなどは約15本に上ることが警視庁八王子署への取材で分かった。
 現場で燃えずに残っていた瓶の液体からはガソリンが検出されたことも判明。同署は病院を巡るトラブルの有無などについて調べを進める。事件は22日正午ごろ発生。10階建ての病院内の4〜8階で、フロアの床や壁の一部が燃えた。出火当時は約200人の入院患者がいたが、別の病棟に避難して無事だった。
 捜査関係者らによれば、7階から発火せずに見つかったガソリン入りのガラス瓶は、着火剤の役割とみられる発煙筒とともにテープのようなものでくくりつけられていた。

 事件当時、病院職員が7階でベージュ色のフード付きジャンパーを着た男が瓶のようなものを投げる姿を目撃しており、同署はこの男が、8階部分から病棟内の階段を下りながらそれぞれの階のフロアをめがけ、同様の瓶や約500ミリリットルのペットボトルを発煙筒とともに投げ込んだとみて調べる。【岸達也、山崎征克】http://mainichi.jp/select/news/20141124k0000m040079000c.html

« 「詐欺被害取材」で3000万円だまし取られる(23日)読売 | トップページ | 自転車で交通安全パレード 東京・銀座(23日)日本テレビ »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事