« 「金をくれ」、無視した男性を車ではねた19歳(8日)読売 | トップページ | 危険ドラッグ、新たに無職男逮捕 卸売り容疑で愛知県警(8日)共同 »

2014年11月 8日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
警察手眼
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010420 住民の要望に応えられなかった埼玉県警は、次のように説明しているという。
 管内では今年10月までに、特殊詐欺の予兆電話が1万8597件あった。そして10月は1日平均約61件に上ることから「予兆電話だけで応援を要請されても全て対応できない」=産経新聞
 平成13年3月16日、衆院内閣委で埼玉と新潟、北海道警察を中心に警察官の定員問題が質疑された。この時、当時の田中長官の説明によると平成12年現在の警察官数は埼玉県警が8755人、新潟県警が3685人、北海道警が9489人。警察官の定員は条例で決められている。が、問題は警察官1人当たりの負担人口だ。埼玉県警は1人当たりの負担人口は798人で全国1位だった。不運だったのは桶川ストーカー殺人事件だ。この時、人員不足が問題にされた。人員不足は多くの県警で抱えており、増員が検討され、国会の場で議論されたのだ。
 その結果、近年の警察はストーカーなど新たな治安課題が出現するなどの問題もあることから増員が決定され、埼玉県警は負担率が762人に減ったがそれでも全国1だった。
 ちなみに外国の例ではアメリカは385人、フランスは293人など500人以下なのだ。比較すれば諸外国に比べて問題は残る。
 しかし、警察官は数の問題だけではない。「質」が問われる職業だ。もう一度、平成12年の警察改革時の原点に帰ってほしい。そして全国の警察官は、川路利良大警視の「警察手眼」を勉強してほしい。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 「金をくれ」、無視した男性を車ではねた19歳(8日)読売 | トップページ | 危険ドラッグ、新たに無職男逮捕 卸売り容疑で愛知県警(8日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「金をくれ」、無視した男性を車ではねた19歳(8日)読売 | トップページ | 危険ドラッグ、新たに無職男逮捕 卸売り容疑で愛知県警(8日)共同 »