カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年11月 5日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)
こんな裁判官は罷免せよ!
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010418 ついに最高裁が人殺しの片棒を担いでしまった。過去に殺人事件を起こして逮捕されるなど極めて凶悪な人間を見抜けず無罪にした裁判官は罷免に値する。
 5日朝、大阪市北区のビルの一室で38歳の女性ホテル経営者が顔や首など11カ所を刺されて病院に収容されたが重傷。大阪府警は現場にいた66歳の元被告を殺人未遂で現行犯逮捕した。
 ところがこの男、平成20年5月に京都府舞鶴市で15歳の女子高生を殺害したとして翌年逮捕された。一審の京都地裁は無期懲役を言い渡したが、二審の大阪高裁は「目撃情報」の部分にこだわり逆転無罪とした。検察が上告していたが今年7月、最高裁判所は「犯人とするには合理的な疑いが残る」として無罪が確定していた。
 この男、昭和48年9月に内縁の妻とその兄を殺したとして逮捕された殺人犯。この時は懲役16年の判決を受けている。さらに出所後の平成3年には路上で女性に対するわいせつ行為で逮捕され懲役5年の刑を受けるなど極めて凶悪な犯人だ。そして、舞鶴の事件。検察は自信があって起訴。第一審では有罪になっている。
 前科があるから有罪にせよとは言わない。凶悪性を裁判官は認識しての判決なのかが問題だ。
 どの部分を「合理的疑いが残る」としたのかは分からないが、検察は上告するほど自信を持っていた。ところが無罪-被害者はたまったもんじゃない。被害者の人権をなんと心得るか自由心証主義だからと言って許される問題ではない。なんのための専門家だ!
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ