« 長男装い865万詐取 容疑の男を再逮捕 山梨県警(17日)産経 | トップページ | 偽造「クロムハーツ」を販売目的所持、4人逮捕(17日)読売 »

2014年11月17日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日単位・レベル)
極刑に処せ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010454 空気が乾燥する季節-17日に関東地方で火事が相次ぎ4人が死亡した。
 17日午前3時40分ごろ、茨城県水戸市で木造2階建て住宅から出火して全焼、2人が遺体で発見された。
 また、午前5時すぎ、群馬県太田市の49歳の会社員宅を全焼し、1人が遺体で見つかった。さらに午前7時半ごろ、東京・新宿区で住宅1棟が全焼したほか隣接する建物の一部が焼けた。この火事で火元の住宅で1人の遺体が発見された。
 いずれも出火原因を調べ中だが、放火事件も相次いでおり、乾燥しているだけに極めて危険である。
 13日には千葉県白井市でダンプカー4台や荷台の廃材が放火されるなど付近では4月から駐車場での放火が相次いでいる。11日には埼玉県加須市で空き家の駐車場にあったタンスなどが燃やされる不審火が3件もあった。
 いずれも大事には至らなかったが、13日の白井市付近の湿度は38%。11日の加須市付近は56%と空気が乾燥しており、極めて危険な状態にあった。江戸の時代から放火は重罪。打ち首獄門刑の復活だ
 警察庁によると今年10月までの放火の認知件数は923件で前年同期に比べて31件の増加。大阪が153件で最も多く、東京が77件、埼玉が72件、愛知が59件、福岡が40件の順。
 検挙率は比較的高く全国平均では前年より3.8ポイント上がって76.9%だった。宮城の142.8%を筆頭に香川、大分、島根が120%、群馬が118.2%、和歌山が115.4%と続き、100%は10県にも及んだ。
 何度も書くが「検挙に勝る防犯はない」-全国の警察の奮起を望む。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 長男装い865万詐取 容疑の男を再逮捕 山梨県警(17日)産経 | トップページ | 偽造「クロムハーツ」を販売目的所持、4人逮捕(17日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長男装い865万詐取 容疑の男を再逮捕 山梨県警(17日)産経 | トップページ | 偽造「クロムハーツ」を販売目的所持、4人逮捕(17日)読売 »