« 首に刃物で切られた痕…住宅敷地に女性遺体(29日)テレビ朝日 | トップページ | わいせつ容疑で警部補逮捕 大阪府警、女性警察官に(29日)共同 »

2014年11月29日 (土)

危険ドラッグ死者100人超 去年の10倍以上に(29日)NHK

危険ドラッグを使ったことが原因で死亡したとみられる人は、ことし全国ですでに100人を超え、去年の死者数の10倍以上に上っていることが警察庁の調べで分かりました。
警察庁は、依然として危険ドラッグのまん延に歯止めがかかっていないとして、取締りを強化しています。

ことし6月の東京・池袋の暴走事故など危険ドラッグに関係する事件や事故が全国で相次ぎ、警察庁は、死亡した人の身の回りから危険ドラッグが見つかったり、遺体の薬物検査で成分が検出されたりしたケースなど、危険ドラッグが関係して死亡した疑いのある事案がどれだけあるか調査しました。その結果、危険ドラッグを使ったことが原因で死亡したとみられる人は、ことしに入って先月末までに全国で99人に上り、さらに今月に入ってからも、東京や岐阜で複数の人が死亡したのが確認され、死者はすでに100人を超えたことが分かりました。
こうした死者は、おととしは8人、去年は9人で、ことしはすでにその10倍以上に上っています。
警察は、違法な成分が含まれた危険ドラッグを使ったり販売したりしたとして、先月末までに去年1年間の3倍を超える589人を検挙していますが、警察庁は、依然として危険ドラッグのまん延に歯止めがかかっておらず、さらに死者が増えるおそれがあるとみて、取締りを強化しています。

毒性強い危険ドラッグ急速に広まる

危険ドラッグを使ったことが原因で死亡する人が相次いでいる問題で、その背景には、ことし9月以降、これまでにない毒性の強い危険ドラッグが急速に広まったことがあると専門家は指摘しています。神奈川県伊勢原市にある東海大学医学部の斉藤剛准教授は、ことし9月以降、急速に広まった「ハートショット」と呼ばれる危険ドラッグについて、使用したあとに死亡する事例が相次いで報告されたことから、その成分を分析しました。
その結果、大麻に似た成分で、幻覚作用などがある「合成カンナビノイド」と呼ばれる違法な成分に近い化学構造になっていたものの、一部分だけ構造が変えられ、薬事法の規制を逃れていたことが分かりました。
厚生労働省は、「ハートショット」には僅かな量でも脳の中枢神経に大きく作用するこれまでにない毒性の強い成分が含まれているとして、先月末にその成分を薬事法で規制しました。
斉藤准教授は「危険ドラッグは数か月ごとに新しい化合物が出てきて、救急搬送される症例が相次ぐと同時に死亡例も増えている。
化合物自体の作用が強くなっており、社会が危険な状態にさらされている」と警告しています。

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141129/t10013591601000.html

« 首に刃物で切られた痕…住宅敷地に女性遺体(29日)テレビ朝日 | トップページ | わいせつ容疑で警部補逮捕 大阪府警、女性警察官に(29日)共同 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首に刃物で切られた痕…住宅敷地に女性遺体(29日)テレビ朝日 | トップページ | わいせつ容疑で警部補逮捕 大阪府警、女性警察官に(29日)共同 »