« 東北学院大に爆破予告 多賀城キャンパス(18日)共同 | トップページ | ドラッグ所持容疑、都内の高校生を逮捕 「中学時代から吸引」(18日)産経 »

2014年11月18日 (火)

懲役12年確定も“事件存在せず”男性釈放(18日)日本テレビ

大阪地検は強姦の罪などで懲役12年が確定し、再審請求中の男性受刑者について、「無罪の可能性が大きい」と判断し、18日に男性を釈放した。
 大阪地検によると男性は、10年前から大阪市内の同じ女性に対し強姦や強制わいせつを繰り返していたとして、2011年に懲役12年の有罪判決が確定し、約3年半、服役していた。
 男性は、一貫して無罪を主張し、今年9月に再審請求し検察が改めて捜査をしたところ、被害者の女性と事件の目撃者の供述が虚偽で事件自体も存在しないことが分かった。地検は、無罪の可能性が大きいと判断し、18日に男性を釈放した。再審決定前の受刑者の釈放は異例だという。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/11/18/07263619.html

« 東北学院大に爆破予告 多賀城キャンパス(18日)共同 | トップページ | ドラッグ所持容疑、都内の高校生を逮捕 「中学時代から吸引」(18日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北学院大に爆破予告 多賀城キャンパス(18日)共同 | トップページ | ドラッグ所持容疑、都内の高校生を逮捕 「中学時代から吸引」(18日)産経 »