« 2014年11月28日 | トップページ | 2014年11月30日 »

2014年11月29日

2014年11月29日 (土)

【北海道事件簿】灯油盗は冬の風物詩 タンクローリーで吸い取りか?(29日)産経

「北海道の冬の盗難といえば、昔は干していたホッケをカラスが盗むくらいだったが、最近は違う」と、札幌に古くから住む知人が話す。最近は、この時期に必ず、スタッドレスタイヤや灯油の盗難が話題になるそうだ。
 今年はすでに灯油の盗難が紙面をにぎわしており、特に釧路地方で頻発している。
 9日には、釧路市内にある自動車教習所の敷地内のタンクから灯油約200リットル(時価約2万円)が、さらに隣接する自動車教習所からも灯油約350リットル(同約3万6000円)が抜き取られた。
 釧路署管内では10月以降、この2件を含め、同様の被害が10件発生している。
 「消費税が上がって灯油の値段も上がったと思っている人が多いが、それほどではない。安定している」と、札幌市内を中心にガソリンスタンドを経営する社長が話す。
 続けて、こうした事件の犯人像について「かなり専門的な知識がある」と分析した。
 「夏の間は、外にあるタンクにもあまり入っていないことが多い。これからの季節は暖房を中心に使うので、タンクを満タンにしているところが多いからだ」と話す。
 「もしもポリタンクを使って運んだら、かなりの数になるので、大がかりにやったのかもしれない」というのは、別のガソリンスタンド関係者。タンクローリーだと吸い取ることもできるのだという。しかも、他から見ている人はそれだと灯油を入れているのか吸い取っているのか分からない。
 外に設置されているタンクには鍵を掛けることもできるが、被害のあったタンクはいずれも無施錠だった。
 「最近では簡単にタンクに鍵を付けることもできるのでそれをすすめているが、自分のところだけは大丈夫だと思って、鍵を付けない人が多い」。その関係者は、これからの季節、特に用心すべきだと話した。(松垣透)http://www.sankei.com/affairs/news/141130/afr1411300002-n1.html

| コメント (0)

同級生の遺体埋める 63歳男逮捕 河内町(29日)日本テレビ

同級生の遺体を埋めたとして、男が逮捕された。
 警察によると、菅生博容疑者(63)は茨城県河内町の自宅の庭に荒井貞男さん(63)の遺体を埋めた疑いが持たれている。今年7月、荒井さんが行方不明となり警察が捜していたところ、中学時代の同級生の菅生容疑者が浮上したという。
 菅生容疑者は容疑を否認しているという。

2010_0318_173406banner011_2http://www.news24.jp/articles/2014/11/29/07264290.html

| コメント (0)

傷害容疑で風俗店長ら逮捕=被害の男性客脳挫傷-警視庁(29日)時事

客の会社員男性(32)に暴行を加えて脳挫傷などの重傷を負わせたとして、警視庁上野署は29日、傷害の疑いで、風俗店「ハイテンション」(東京都台東区)の店長石川勝己容疑者(35)=同区東上野=と客引きの男ら計3人を逮捕した。同署によると、3人とも容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、10月3日午後11時55分ごろ、同店前の路上で、客の会社員男性2人の頭を殴るなどし、1人に脳挫傷や外傷性くも膜下出血などの重傷を負わせ、もう1人の男性(35)に打撲など約1週間のけがをさせた疑い。
 同署によると、客の2人は客引きの男に声を掛けられ入店。1人5000円を支払ったが、さらに料金を請求され退店。客引きに文句を言ったところ、石川容疑者らから暴行を受けた。(2014/11/29-17:38)

2014/11/29-17:38

| コメント (0)

わいせつ容疑で警部補逮捕 大阪府警、女性警察官に(29日)共同

大阪府警は29日、20代の女性警察官を脅して体を触ったとして、強制わいせつの疑いで、捜査4課の警部補大川博之容疑者(43)=同府泉大津市=を逮捕した。
 府警によると、大川容疑者は10月まで府警の警察学校で教官を務めており、教え子だった女性警察官が被害を訴えた。
 「事実は少し違います」と容疑を否認している。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112901001784.html

| コメント (0)

危険ドラッグ死者100人超 去年の10倍以上に(29日)NHK

危険ドラッグを使ったことが原因で死亡したとみられる人は、ことし全国ですでに100人を超え、去年の死者数の10倍以上に上っていることが警察庁の調べで分かりました。
警察庁は、依然として危険ドラッグのまん延に歯止めがかかっていないとして、取締りを強化しています。

ことし6月の東京・池袋の暴走事故など危険ドラッグに関係する事件や事故が全国で相次ぎ、警察庁は、死亡した人の身の回りから危険ドラッグが見つかったり、遺体の薬物検査で成分が検出されたりしたケースなど、危険ドラッグが関係して死亡した疑いのある事案がどれだけあるか調査しました。その結果、危険ドラッグを使ったことが原因で死亡したとみられる人は、ことしに入って先月末までに全国で99人に上り、さらに今月に入ってからも、東京や岐阜で複数の人が死亡したのが確認され、死者はすでに100人を超えたことが分かりました。
こうした死者は、おととしは8人、去年は9人で、ことしはすでにその10倍以上に上っています。
警察は、違法な成分が含まれた危険ドラッグを使ったり販売したりしたとして、先月末までに去年1年間の3倍を超える589人を検挙していますが、警察庁は、依然として危険ドラッグのまん延に歯止めがかかっておらず、さらに死者が増えるおそれがあるとみて、取締りを強化しています。

毒性強い危険ドラッグ急速に広まる

危険ドラッグを使ったことが原因で死亡する人が相次いでいる問題で、その背景には、ことし9月以降、これまでにない毒性の強い危険ドラッグが急速に広まったことがあると専門家は指摘しています。神奈川県伊勢原市にある東海大学医学部の斉藤剛准教授は、ことし9月以降、急速に広まった「ハートショット」と呼ばれる危険ドラッグについて、使用したあとに死亡する事例が相次いで報告されたことから、その成分を分析しました。
その結果、大麻に似た成分で、幻覚作用などがある「合成カンナビノイド」と呼ばれる違法な成分に近い化学構造になっていたものの、一部分だけ構造が変えられ、薬事法の規制を逃れていたことが分かりました。
厚生労働省は、「ハートショット」には僅かな量でも脳の中枢神経に大きく作用するこれまでにない毒性の強い成分が含まれているとして、先月末にその成分を薬事法で規制しました。
斉藤准教授は「危険ドラッグは数か月ごとに新しい化合物が出てきて、救急搬送される症例が相次ぐと同時に死亡例も増えている。
化合物自体の作用が強くなっており、社会が危険な状態にさらされている」と警告しています。

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141129/t10013591601000.html

| コメント (0)

首に刃物で切られた痕…住宅敷地に女性遺体(29日)テレビ朝日

静岡県浜松市の住宅の敷地で、近所に住む女性が殺されているのが見つかり、首には刃物のようなもので切られた痕がありました。警察は殺人事件として捜査しています。
 29日午前7時すぎ、浜松市東区の住宅の敷地で、近くに住んでいる介護士の大橋貞子さん(50)が首を切られて殺害されているのを警察官が見つけました。この住宅の住人と大橋さんは、面識がないということです。大橋さんは28日午後9時ごろ、住宅にチラシなどを配るポスティングのアルバイトをするため自転車で家を出たまま帰宅せず、警察官が捜していました。遺体のそばに配布物があったことから、警察は、大橋さんがポスティングの最中に何者かに殺害されたとみて調べを進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000039704.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)
泥棒天国ニッポン
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010489 「えっ!こんな物まで盗むの?」と耳を疑いたくなるような出来事が日本で起こっている。
 28日に埼玉県春日部市でトラックのバッテリー盗難事件が4件もあるなど最近は車のヘッドライトが盗まれたり、バイクのヘルメットなど自動車部品の窃盗事件が後を絶たない。
 長崎県では寺から仏像を盗んだ韓国人が逮捕された。仏像だけではなく14世紀ごろの「経典」までも盗ったといから〝罰当たり韓国人〟だ。
 さらに北海道旭川市では陳列中の年賀はがき約1万6千枚が盗まれるという事件。会社の倉庫に侵入し高級ブランド品を盗んだ36歳の男が警視庁に逮捕されたり、東京・世田谷区のアパートベランダから女性のストッキングを盗んだ男が、現行犯逮捕されたほか名古屋市では家の中から日本刀が盗まれるなどの事件もあった。
 これだけではない。福井、石川、富山の北陸3県と岐阜、滋賀の計5県で、橋やトンネルなどの金属製銘板銘板計1331枚を盗んだ5人グループが逮捕された。
 茨城県つくばみらい市では園児の住所や電話番号が記載された名簿などが盗まれたり、幸い兵庫県警が逮捕したが電柱に付いている番号札を盗んだ男までいた。
 そんなのに驚いてはいられない。滋賀県彦根市では養蜂場からミツバチ約1万500匹。新潟県津南町の畑からは収穫前のアスパラ数万本。茨城県桜川市の農家のビニールハウスからは小玉スイカ約700個。東京・青梅市ではパンジー約70株も盗まれるなど手当たり次第なのだ。
 驚きを通り越して茫然自失なのは福島県警の捜査2課で捜査費7万円が盗まれて地元署に被害届をだした。10月にも5万円が被害に遭っているという。
 こうした窃盗事件は全刑法犯の7割以上も占め、警察庁によると今年10月までの認知件数は75万7891件もあった。ニッポン列島は、もはや〝泥棒天国〟と化してしまったのだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

浜松で女性介護士殺される 首に刺し傷(29日)共同

29日午前7時15分ごろ、浜松市東区の住宅の玄関先で、近くに住む介護士大橋貞子さん(50)が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。大橋さんの首に刺し傷があり、付近で凶器が見つからなかったことから、静岡県警捜査1課は殺人事件と断定し、浜松東署に捜査本部を設置した。
 県警によると、大橋さんは28日午後9時ごろから、付近の住宅の郵便受けに広告を入れるアルバイトをしていた。約1時間で帰宅する予定だったが戻らず、不審に思った50代の夫が29日午前0時半ごろ、捜索願を同署に提出。署員が捜していた。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112901001295.html

| コメント (0)

見直しませんか あなたの街のパトロール(29日)NHK

例年、犯罪が増えるこれからの時期、地域の防犯ボランティアによるパトロールを目にすることが多くなるのではないでしょうか。
今、このパトロールに犯罪社会学の最新の成果を取り入れようという動きが始まっています。
  犯罪学の手法をパトロールに
東京・北区では、59の防犯ボランティア団体が活動しています。区は28日から、こうした団体を対象にした講習会を始めました。指導するのは犯罪社会学が専門の立正大学の小宮信夫教授です。
海外の犯罪防止対策を研究してきた小宮さんが提唱するのは、「ホットスポット」と呼ばれる場所を集中的にパトロールする方法です。「ホットスポット」とは犯罪が起こりやすい場所のことで、「誰もが入りやすく、外から見えにくい」のが特徴です。犯罪者から見ると「犯行が行いやすく、気付かれにくい」場所となります。
  ホットスポット」を探せ
28日は、実際に地区の中を歩いて、ホットスポットがどんな場所なのかを見て回りました。
小宮さんがまず気になったのは、荒川の土手と工場の高い塀に囲まれた道路です。
犯罪者が最も気にするのは目撃されることですが、この場所なら人の目が届きません。
ゴミや放置自転車が多く、地域の無関心を裏付けていると言います。28日は、実際に地区の中を歩いて、ホットスポットがどんな場所なのかを見て回りました。
小宮さんがまず気になったのは、荒川の土手と工場の高い塀に囲まれた道路です。
犯罪者が最も気にするのは目撃されることですが、この場所なら人の目が届きません。
ゴミや放置自転車が多く、地域の無関心を裏付けていると言います。
 

続きを読む "見直しませんか あなたの街のパトロール(29日)NHK"

| コメント (0)

トラックなどのバッテリー狙った窃盗相次ぐ 埼玉・春日部市(29日)フジテレビ

埼玉・春日部市で28日、トラックなどのバッテリーを狙った窃盗が4件相次ぎ、あわせて51個が盗まれた。
埼玉県では、11月に入り、トラックなどのバッテリーが250個以上盗まれている。
28日朝、春日部市南栄町の会社で、駐車中のトラック12台からバッテリーあわせて24個が盗まれているのが見つかった。
周辺では、27日から28日朝までの間に、半径5kmの範囲で、車のバッテリーが盗まれる被害が、ほかにも3カ所で見つかり、被害は51個にのぼっている。
埼玉県では、11月に入り、春日部市や川口市などで、トラックなどのバッテリーがあわせて250個以上盗まれていて、警察は転売目的の犯行とみて関連を調べている。

Headlogo1http://www.fnn-news.com/fujitv/?URL=http%3A%2F%2Fwww.fnn-news.com%2Fnews%2Fheadlines%2Farticles%2FCONN00277111.html

| コメント (0)

死体遺棄:同居の両親遺体放置、容疑で長女逮捕 福島(29日)毎日

同居していた両親の遺体を自宅に長期間放置したとして、福島県警須賀川署は28日、長女の住居不定、無職、雨貝美恵容疑者(45)を死体遺棄容疑で逮捕した。司法解剖の結果、両親は死後1カ月程度経過し、腐敗が進んでいるため死因の特定は困難というが、目立った外傷はなかった。容疑を認めているといい、同署は動機などを追及する。

 逮捕容疑は、10月下旬ごろ、同県岩瀬郡内の自宅に警備会社員の実父(発見当時70歳)と、実母(同71歳)の遺体を遺棄したとしている。雨貝容疑者は両親と3人暮らしだった。
 同署によると、11月19日、父親が勤務する警備会社の上司から「しばらく会社に来ない。連絡も取れない」と届け出があり、署員が調べたところ2人の遺体を発見。父親が茶の間の畳の上で毛布をかけられた状態、母親がこたつに横たわっていたという。
 同署は、同居していた雨貝容疑者の行方を捜索し、28日に郡山市の保養施設にいるのを見つけ、逮捕した。【宮崎稔樹】http://mainichi.jp/select/news/20141129k0000m040165000c.html

| コメント (0)

バス運転手、待機中飲酒…児童送った後に2人で(29日)読売

長崎県諫早市で26日に開かれた市小学校体育連盟体育大会(市教委など主催)で、児童を送った貸し切りバスの男性運転手2人が、待機中に会場近くのレストランで飲酒していたことがわかった。
 運転手と気付いた店側は酒の提供をいったん断ったが、2人は「帰りまで時間がある」などと言って飲酒したという。店から市教委に連絡があり発覚した。
 帰りは別の運転手と交代したが、市教委は運転手が勤務するバス会社2社(長崎県南島原市と同県川棚町)と手配した旅行会社(同県島原市)に抗議した。
 市教委や旅行会社によると、大会には市内の小学6年生約1300人が参加。小学校23校がバス1台ずつを利用した。2人のバスはそれぞれ数十人を乗せ、午前9時頃、県立総合運動公園に到着。午後3時頃に児童を乗せて学校に戻る予定だった。
 2人は知り合いで、児童たちを降ろした後、近くのレストランで生ビールを注文。店員に「ドライバーには出せない」と断られたが、「午後に運転するから」などと言って酒を提供させた。
 店は市教委に連絡。旅行会社の従業員が駆けつけると、ビールをジョッキ1杯ずつ飲み干していた。バス会社は代わりの運転手を派遣した。

2014年11月29日 00時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20141128-OYT1T50117.html

| コメント (0)

【衝撃事件の核心】合い言葉は「チラっしゃいませ」…警視庁摘発、現役女子高生「パンチラ商法」に客が群がる“世も末”(29日)産経

女子高生の下着がのぞき見られる「パンチラ」を売りにしたガールズバーが10月、警視庁保安課に摘発された。店に入るなり女子高生らが「チラっしゃいませ!」と出迎える“パンチラバー”は、数々の違法メニューをそろえて人気を集めていた。(荒船清太)
スカートを大胆にまくり上げ出迎え
 JR町田駅すぐ近くの東京都町田市原町田の雑居ビル2階の一室に、その店「ガールズバー ベビードール」はあった。1階はアダルトビデオなどの鑑賞をしながら、不特定の女性と話せるテレホンクラブ。店に入る前から立ち上るみだらな雰囲気に、客らは吸い寄せられていったようだ。
 「チラっしゃいませ!」。10月27日夜、薄暗い店内で、ミニスカートをはいた女性店員らがスカートを両手で大胆にまくり上げ、下着を見せつけて出迎えた。男性客4人を相手に嬌声(きょうせい)を響かせながら、スカートの中の下着をチラチラのぞかせる。
 この日はハロウィーンイベントの真っ最中。女性店員はセーラー服や水着、体操服などさまざまな衣装に身を包み、盛り上がりが最高潮に達する午後8時すぎ、警視庁保安課などの捜査員らが店内に入った。

| コメント (0)

女性を妊娠させた示談金名目のオレオレ詐欺に注意(29日)日本テレビ 徳島県

26日、美馬市の60代の女性が息子を名乗る男の電話で95万円をだまし取られました。県警によりますと26日午前、美馬市に住む60代の女性の携帯電話に息子を名乗る男から電話があり「夫のいる女性を妊娠させてしまった。弁護士に相談したら500万円くらいかかると言われた」と連絡がありました。再びかかってきた電話では「300万円で大丈夫」と言われたため女性はATMで2回にわけて合計95万円を男が指定した預金口座に振り込みました。その後、女性が息子に確認して詐欺に気づいたということです。被害の前日にはこの男から「喉が痛い」などと体調不良を訴える電話がありました。県警では、ほかにも妊娠の示談金名目の詐欺被害を1件確認していて「今後も続く可能性があるので注意してほしい」と呼び掛けています。

| コメント (0)

鎌倉市がイベント後援拒む 原発再稼働反対は「政治的」(29日)共同

神奈川県鎌倉市が毎年後援してきた平和をテーマにした市民団体のイベントを、今年は「政治的な主張が含まれる」として断ったことが29日、市や団体への取材で分かった。イベント告知のチラシに、原発再稼働に反対する表現などがあったことが理由。
 市文化人権推進課は「原発再稼働は国民の意見が分かれる問題。中立を保つため、一方だけを後押しできない」と説明。市民団体の貞兼綾子代表は「特定の政治団体に属さず、率直に思ったことを言葉にした。表現の自由はないのか」と反発している。
 団体は2007年から活動する「鎌倉・岐れ路の会」で、08年から年末のイベントで市の後援を得てきた。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112901001016.html

| コメント (0)

NHK職員を逮捕、酒気帯び運転の疑い(29日)TBS

NHKに勤務する49歳の職員が、横浜市で酒気帯びの状態で乗用車を運転したとして現行犯逮捕されました。
 道交法違反の疑いで逮捕されたのは、横浜市・青葉区に住むNHK放送文化研究所の職員、柴田亜樹容疑者(49)です。
 警察によりますと、柴田容疑者は28日夕方、保土ヶ谷区の国道で乗用車を運転中、渋滞の影響でバックした際に、後ろに停まっていたバイクに衝突しました。警察官が駆けつけたところ、柴田容疑者の呼気からアルコールが検出されたため、酒気帯びの疑いで現行犯逮捕されたということです。バイクに乗っていた男性(35)に、けがはありませんでした。
 警察によりますと、柴田容疑者は、28日は休日で自宅でビールを飲んだ後、実家に帰るところだったということで、取り調べに対し容疑を認めているということです。NHKは『職員が逮捕されたことは誠に遺憾です』とコメントしています。(29日01:07)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2360735.html

| コメント (0)

仮差し押さえ資金隠した疑い、会社社長ら逮捕(29日)TBS

 仮差し押さえとなった会社の資金を、別の会社の口座に移し財産を隠したとして、会社社長の男らが警視庁に逮捕されました。
 強制執行妨害の疑いで逮捕されたのは、東京・新宿区の食品加工会社「太陽三光水産」の社長・中川哲也容疑者(49)と、前の社長の酒井勝一容疑者(49)の2人です。
 中川容疑者らは今年6月、会社に対し、預金などを差し押さえる仮処分が出ていたにもかかわらず、執行を妨害するため、自分が管理する別の会社の口座に、およそ3000万円を移した疑いが持たれています。
 中川容疑者はビジネスサポート会社「太陽商会」の社長も務めていて、上場の廃止を免れるために嘘の情報を公表した疑いがあるとして、今年4月、証券取引等監視委員会が強制調査をしていました。(29日01:19)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2360734.html

| コメント (0)

「立候補取り消さなければ射殺」小渕優子氏に脅迫文(29日)テレビ朝日

000039676_6401
小渕優子前経済産業大臣の事務所に、「立候補を取り消さなければ射殺する」などと書かれた脅迫文が届いたことが分かりました。
 小渕氏の後援会事務所によりますと、脅迫文は群馬県高崎市にある事務所に27日、郵便で届きました。脅迫文には「私は閻魔(えんま)大王である。小渕優子が今回の選挙立候補を取り消さなければ射殺する」「弾丸1発でお前を地獄へ招待するから楽しみにしておれ」などと書かれていました。事務所は28日の午後8時半ごろ、警察に被害届を提出し、受理されたということです。小渕氏は、来月の衆議院選挙で群馬5区から出馬する意向を示しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000039676.html

| コメント (0)

さつま揚げから大腸菌群 保健所が回収命令(29日)NHK

鹿児島県の食品会社が千葉県市原市の工場で製造し、首都圏を中心に販売したさつま揚げから大腸菌群が検出され、保健所は会社に対し、すでに販売された3600個余りの商品を回収するよう命じました。

回収命令を受けたのは、鹿児島県指宿市の食品会社「シュウエイ」が今月22日、千葉県市原市の工場で製造した「上丸」という商品名のさつま揚げ、およそ3660個です。
千葉県によりますと、食品衛生法に基づく定期検査で工場に残っていたさつま揚げを調べたところ、大腸菌群が検出され、保健所は健康被害を引き起こすおそれがあるとして、会社に対し速やかに回収するよう28日付けで命じました。この商品は東京と神奈川県、埼玉県、それに愛知県の百貨店で販売されたほか、会社が贈答用の商品として直接注文を受けて販売したということで、これまでのところ商品を食べて体調不良を訴えている人はいないということです。
千葉県は、回収の対象となった商品が家庭にないかを確認し、見つかった場合は絶対に食べないよう呼びかけています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141128/k10013579761000.html

| コメント (0)

認知症疑いの高齢ドライバー 診断義務化を検討(29日)NHK

高齢者ドライバーの事故を防ぐため、75歳以上の高齢者が運転免許を更新する際に受ける検査で、「認知症の疑いがある」と判定された人全員に医師の診断を義務づけるよう警察庁が制度の見直しを検討していることが分かりました。

75歳以上の高齢者が運転免許を更新する際には、記憶力や判断力などの認知機能を調べる「講習予備検査」を受けることが義務づけられています。
現在は、この検査で「認知症の疑いがある」と判定されても、原則、免許は更新され、過去1年間や免許の更新後に信号無視や道路の逆走など、認知症と疑われる違反があった場合のみ、医師の診断を義務づけていますが、警察庁は「認知症の疑いがある」と判定された人全員に医師の診断を義務づけるよう制度の見直しを検討していることが分かりました。
さらに、次の免許の更新までの3年間に認知症の症状が進んでしまう人もいるため、検査で「問題なし」とされた人でも、道路の逆走など認知症と疑われる違反を起こした場合には、臨時の検査を受けてもらうよう検討しているということです。
医師によって認知症だと診断されると、免許の取り消しや停止となります。
こうした制度の見直しには道路交通法の改正が必要になるため、警察庁は有識者の意見を聞くなどして検討を進め、近く最終的に判断することにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141129/k10013582261000.html

| コメント (0)

仏像また盗難、悩む対馬 渡来仏100体、防犯模索(29日)朝日

長崎県対馬市の寺院で仏像が盗まれる事件がまた起きた。窃盗などの疑いで逮捕されたのは韓国籍の男たち。朝鮮半島に近く、歴史的な交流も重ねてきた対馬には朝鮮半島由来の仏像も数多くある。韓国人観光客も多く訪れる「国境の島」は、文化財の管理に頭を悩ませている。
■破られた「厳重保管庫」
 対馬空港から車で20分。リアス式の海岸線と自然林で縁取られた静かな集落に、仏像が盗まれた梅林寺はあった。
 本堂に隣接して、仏像などを収蔵する鉄筋コンクリート造りの保管庫が立つ。窓には特殊加工を施した防弾ガラス。貴重な仏像を厳重に保管しつつ、観光客らの見学は受け入れたいとの思いからだった。

| コメント (0)

« 2014年11月28日 | トップページ | 2014年11月30日 »