« 2014年11月13日 | トップページ | 2014年11月15日 »

2014年11月14日

2014年11月14日 (金)

危険ドラッグ法案成立へ(14日)産経

危険ドラッグの規制を大幅に強化する薬事法改正案が14日の衆院本会議で全会一致で可決された。参院に送付され、今国会で成立する見通しだ。改正案は、これまで立ち入り検査をした業者に限って出していた特定商品の販売停止命令の効力を、官報で告示することなどによって全国一律に広げるのが柱。インターネット販売を含む全ての業者に規制がかかる。
 現行は指定薬物の疑いがある商品が販売停止命令の対象となっているが、改正案では、対象を指定薬物と同等以上の毒性があると疑われる商品に拡大する。商品名や包装を官報やホームページなどで公表し、同一商品の販売を全業者に禁じる。
 危険ドラッグが原因とみられる交通事故が相次いだことを受け、与野党が議員立法に合意し、衆院厚生労働委員長提案の形で今国会に提出した。http://www.sankei.com/affairs/news/141114/afr1411140033-n1.html

| コメント (0)

ちばてつやさん別荘に侵入容疑 無職の男逮捕(14日)朝日

漫画家ちばてつやさん(75)の別荘に侵入したとして、静岡県警は14日、同県伊東市富戸、無職伊藤悠容疑者(28)を住居侵入の疑いで緊急逮捕し、発表した。「敷地を通り抜けて浜に行こうとしただけだ」と話し、容疑を否認しているという。
 伊東署によると、伊藤容疑者は14日午後0時50分ごろ、ちばさんの伊東市内の別荘に金品を盗む目的で侵入した疑いがある。近所の住民から「別荘に侵入する男を目撃した」との110番通報があり、駆け付けた署員が伊藤容疑者に職務質問した。当時、別荘は無人だった。http://www.asahi.com/articles/ASGCG5QQXGCGUTPB017.html

Logo2_2

| コメント (0)

警察が暴力団捜査資料を誤送信 岐阜(14日)NHK

岐阜県の多治見警察署が、暴力団の「分析対象者」として、個人の名前や住所、本籍地などが書かれた捜査資料を、誤ってバス会社やコンビニエンスストアなどにファックスで送信していたことが分かりました。岐阜県警察本部は回収して謝罪するとともに、原因を調べています。

誤って送信されたのは、暴力団の「分析対象者」として、合わせて4人の名前や住所のほか、生年月日や本籍地など個人情報が書かれた捜査資料です。
警察によりますと、14日午前11時半ごろ、管内の多治見、土岐、瑞浪の3つの市役所をはじめ、バス会社やコンビニエンスストアなどにファックスで送信されたということです。NHKなど地元の報道各社にも送信されました。
資料では、4人のうち1人の現状を調べて報告するように求める手書きのメモも、担当者の名前とともに書かれていました。
警察によりますと、本来、駐在所に送る資料が何らかの理由で誤って送信されたということで、送信先の多くが、行方不明になっている高齢者や子どもなどを捜すための依頼文書を送るところと重なっているということです。警察は資料を回収して関係先に謝罪するとともに、原因を調べています。

News_pic1_6http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141114/k10013213761000.html

| コメント (0)

警視庁の警部補逮捕、児童買春の疑い (14日)TBS

女子中学生に現金を渡して、みだらな行為をしたとして、警視庁の警察官が逮捕されました。
 逮捕されたのは警視庁大森警察署・刑事組織犯罪対策課の警部補、徳重雄二容疑者(44)で、去年11月、都内のホテルで18歳未満と知りながら、当時、中学2年の女子生徒(15)に対して現金3万円を渡して、みだらな行為をした疑いが持たれています。
 
 取り調べに対して、徳重容疑者は容疑を認めているということで、警察は余罪もあるとみて調べています。
 
 徳重容疑者は今月3日、千葉県・市川市のインターネットカフェで職務質問をした神奈川県警の警察官に体当たりしたとして逮捕されていました。(14日17:55)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2349364.html

| コメント (0)

愛知の侵入盗、7年連続で全国最悪…なぜ? (14日)共同

空き巣などの住宅侵入盗の被害が愛知県内で絶えない。年間の発生件数は東京都や大阪府を大きく上回り、2007年から7年連続で全国ワーストが続いている。最近は、施錠をしていても玄関のドアをこじ開けるなど荒っぽい手口が目立つ。製造業が盛んな土地柄で裕福なイメージが持たれやすいことが多発の背景にありそうだ。
 愛知県警などによると、県内の侵入盗発生件数は07年に8966件に達し、東京都を上回って全国最悪になった。以後は毎年7千~8500件ほどが発生。被害総額も大きく、昨年は東京都と大阪府の合計約29億円を大幅に上回る約40億円に上った。今年も10月末現在で4300件が発生している。
 昨年の被害のうち、現金以外のブランドもののバッグや腕時計、貴金属などの物品被害は27億円で、被害額の67%を占めた。この点について県警幹部の一人は「愛知の人は『見えっぱり気質』で高級品を持っているとのイメージがあるからでは」と分析する。そのため、県外の窃盗グループにも狙われやすいとみられている。
 防犯対策に取り組む生活安全総務課によると、今年9月までの被害のうち、無施錠の住宅が狙われたケースは26・1%。発生件数が最多の一方で、この割合は全国で最も低く、住民の不用心さが多発の原因ではないようだ。
 最も多いのが、ドライバーで窓ガラスにひびを入れたうえで音がしないように静かに割る「こじ破り」など、ガラスを割って侵入する手口。12年秋ごろからは、暴力団や暴走族だったメンバーらでつくる「半グレ集団」がドアをバールでこじ開けて侵入する空き巣も目立ち、個人を特定されないように、そろいの黒いニット帽やつなぎで犯行に及ぶケースが増えている。この集団による発生総数は県内で1000件を超え、被害総額は15億円近くに上っている。
 「住民の目撃や防犯カメラの映像から、犯人の特徴や手口が判明する」。窃盗犯を捜査する県警捜査3課の幹部はそう話すが、愛知は東京や大阪に比べて防犯カメラの設置台数が少ないという。一方で、住民同士のつながりが強く「地域ぐるみの防犯活動が盛んな土地柄」(名古屋市内の署長)という側面もあり、住民の監視力がさらに上がれば犯罪の抑止につながるとみている。 (中日新聞)

2010_0123_11120247newslogo1_4http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014111490162109.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
刑法犯減少つづく
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010459 事件の発生件数が依然として減少し続け、数字的には治安が安定している。しかし、人がいきるため最も大事な生命と財産にかかわる事件が増加しており、体感的には安定とは言えない。ましてやお年寄りをだまして財産を窃取する事犯が横行しており、警察は「悪をくじき弱きを助ける」ことに全力を挙げてほしい。
 警察庁によると今年10月までの全国の刑法犯認知件数は102万3028件で前年同期より7万4718件も減っている。
 最も減少したのは窃盗で6万3024件も減らした75万7819件。凶悪犯も214件減らした5484件だ。
問題は人をだまくらかす知能犯と生活上の習わしを乱す風俗犯が増加傾向にあることだ。
 知能犯は3万8374件で3543件。強制わいせつなどの風俗犯は1万170件で85件とそれぞれ増加した。さらに凶悪犯は減っているものの殺人事件は904件で108件も増えた。生命・財産が危機にさらされている。
 例によって認知件数のランキングでは東京が13万3455件、大阪が12万5787件、愛知が7万1977件、埼玉が6万3669件、千葉が5万6829件と年間を通した顔ぶれには変化はない。
 認知件数で昨年は昭和50年代にまで減らしたが、当時の検挙率は50、60%代を誇っていたが今年は29.2%と低い。要因は自転車盗などの泥棒であり、一人ひとりが心にカギをかけるなど国民の協力が必要だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

ヤミ金相談の行政書士法人で被害(14日)NHK

「ヤミ金融業者の取り立てを止める」と宣伝していた東京の行政書士法人について、「高額の報酬を請求されたうえ取り立ても止まらない」という相談が、ヤミ金融対策に取り組む弁護士や国民生活センターに相次いでいることが分かりました。

埼玉県でヤミ金融対策に取り組んでいる弁護団によりますと、問題となっているのは東京・港区にあった行政書士法人で、すでに解散している「鷹悠会」です。
鷹悠会はホームページで「ヤミ金融業者の取り立てを止める」などと宣伝していましたが、弁護団には「依頼したところ数十万円の報酬を請求されたうえ、取り立ても止まらない」という相談が全国の56人から寄せられているということです。
弁護団は「うその説明をして高額の報酬を得ようとする詐欺的行為だ」として、相談を寄せた一部の人を原告にして報酬の返還などを求める訴えを起こしました。
14日に東京地方裁判所で行われた1回目の審理で、鷹悠会側は「事実関係を調査したうえで反論する」として争う方針を示しました。弁護団によりますと、鷹悠会を巡っては国民生活センターにも同様の相談が80件以上寄せられているということで、弁護団の坂下裕一弁護士は、「ヤミ金融の被害者が二次被害に遭っていると言え、悪質だ。今後も相談を受け付けていきたい」と話しています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141114/t10013208651000.html

| コメント (0)

JR東京駅近くで路上強盗、スプレー吹きつけ逃走 (14日)TBS

14日朝、JR東京駅前の路上で男性2人が2人組の男にスーツケースを奪われそうになった後、催涙スプレーを吹きつけられ、軽傷を負いました。
 14日午前7時前、JR東京駅・八重洲中央口前の路上で、会社員の男性2人が突然、背後からきた2人組の男に羽交い絞めにされました。男らはスーツケースを奪おうとしましたが男性が抵抗したため、顔に向かって催涙スプレーのようなものを吹きつけ、何も取らずに逃走しました。
 
 男性2人のうち、1人は目を痛め、もう1人はのどの痛みを訴えて軽傷です。
 
 2人組の男は年齢が30歳くらいで、身長はおよそ170センチ、黒っぽい服を着ていたということで、警視庁は強盗傷害事件として行方を追っています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2349059.html

| コメント (0)

「正当な職務執行だった」=私服警官京大立ち入りで-京都府警(14日)時事

京都大学に4日に無断で立ち入った京都府警の私服警察官が、複数の学生に取り囲まれる騒ぎがあったことについて、京都府警警備部は14日、「正当な職務執行だった」などとする見解を出した。
 騒ぎは、東京・銀座で公務執行妨害容疑で京都大の男子学生ら3人が警視庁に現行犯逮捕された事件後の4日、府警の私服警官が京大に立ち入り、起きた。
 府警警備部は「これまでの中核派の活動から、(銀座の公務執行妨害事件についても)中核派は逮捕者の奪還といった新たな犯罪を引き起こす可能性があった」と指摘。警察官の立ち入りについては「逮捕者奪還に関する情報宣伝活動を視察しており、正当な職務執行であった」とコメントした。(2014/11/14-14:52)

2014/11/14-14:52

| コメント (0)

偽の手帳で警察官を装い詐欺か(14日)NHK

インターネット上に、金銭トラブルを相談する書き込みをしていた男性に偽の警察手帳や制服を見せて警察官を装った上で「トラブルを調査してあげる」とうそを言って、調査費用などの名目で現金などをだまし取ったとして、無職の男が詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、豊島区西池袋の無職、高田一夫容疑者(50)です。
警視庁の調べによりますと、高田容疑者はおととし、インターネットの掲示板に金銭トラブルを相談する書き込みをしていた茨城県の26歳の男性に警察官を名乗った上で「僕は警察のトップの方で階級は警視だ。普段は現場に出られないが、自分の時間を使ってトラブルを調査してあげる」とうそを言って、調査費用などの名目で現金と電子マネー50万円余りをだまし取ったとして詐欺の疑いがもたれています。
高田容疑者は警備員の制服をもとに作った偽の警察官の制服を身に付け、顔写真を貼った偽の警察手帳を男性に見せていたほか、トラブル相手の事務所の周辺で聞き込みをしているような様子を見せて、本物の警察官と信じ込ませていたということです。
警視庁によりますと、高田容疑者は容疑を認め「警察官になりすましてトラブルを解決すると言えば、お金が取れると思った」と供述しているということです。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20141114/3182281.html

| コメント (0)

コンビニ強盗容疑 3件関与か(14日)NHK

10月、東京・品川区の2つのコンビニエンスストアにナイフを持って立て続けに押し入り、現金を奪ったなどとして69歳の無職の男が逮捕され、警視庁は男がコンビニエンスストアを狙ったあわせて3件の強盗事件に関わっているとみて捜査しています。

逮捕されたのは、住所不定・無職の藤本勇容疑者(69)です。
警視庁の調べによりますと、藤本容疑者は先月11日、品川区上大崎のコンビニエンスストアに押し入り、オーナーの男性にナイフを突きつけて現金およそ6万円を奪ったほか、5分後には100メートルほど離れた別のコンビニエンスストアにも押し入って金を奪おうとしたとして、強盗などの疑いがもたれています。
藤本容疑者は、2日後にも大田区内のコンビニエンスストアに押し入り、現金およそ6万円を奪ったとしてすでに逮捕されていて、品川区の2つの事件についても関わったことを認めたということです。
調べに対し、藤本容疑者は「生活費のためにやった」などと供述しているということです。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20141114/3182021.html

| コメント (0)

静岡県警警部補を書類送検へ 留置場で被告暴行(14日)共同

傷害致死容疑で逮捕され、浜松中央署に勾留された男性被告に暴行を加えたとして、静岡県警が特別公務員暴行陵虐の疑いで、同署留置管理課の50代の男性警部補を近く書類送検する方針を固めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、男性警部補は8月中旬、留置場内で寝る準備をしていた被告に、後ろから両肩を持って膝で背中を複数回蹴るなどした疑いが持たれている。
 県警は同月27日に男性被告からの被害届を受理し、事実関係を調べた。警部補は暴行を認め「悪意や暴行の意図はなかった」と説明したという。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111401001218.html

| コメント (0)

大型スクールバスと老人施設の送迎車が正面衝突(14日)TBS

長崎市で午前9時前、県立特別支援学校の大型スクールバスと老人福祉施設の送迎車が正面衝突する事故がありました。
 事故があったのは長崎市平山台の市道で、バスには小学部から高等部までの児童・生徒ら34人、福祉施設の車にはお年寄りら6人が乗っていて、このうち少なくとも12人がけがをして病院に搬送されました。
 
 「前の車が中央線をはみ出してきた」
Q.相手の車はブレーキを踏んだ様子は?
 「なし。全くないですね」(バスの運転手)
 
 消防によりますと、お年寄りの中には骨折の疑いがある人もいる模様で、警察が事故原因を調べています。(14日11:31)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2349051.html

| コメント (0)

ダンプカー4台が燃える 連続放火か 千葉・白井市(14日)テレビ朝日

千葉県白井市で、ダンプカー4台が燃える火事がありました。付近では4月以降、車が放火される事件が相次いでいます。
 13日午後10時ごろ、白井市の資材置き場で、ダンプカー4台と荷台に積んであった廃材などが燃えていて、約2時間後に消し止められました。資材置き場には門や扉などはなく、誰でも出入りできる状態だったことから、放火の可能性があるということです。また、約2km離れた駐車場では4月から先月にかけて、合わせて7台の車が放火され、タイヤが燃える被害が相次いでいて、警察は今回の不審火との関連を調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000038766.html

2009_1229_211958annlogo1_2

| コメント (0)

犯罪白書 中高年女性の窃盗再犯を防げ(14日)NHK

法務省はことしの犯罪白書をまとめ、去年、検挙された人のうち、繰り返して犯罪を犯す「再犯者」の割合が平成に入って最も高くなっており、再犯の傾向が強い窃盗で検挙された中高年の女性などへのサポート体制の構築が重要だと指摘しています。

ことしの犯罪白書によりますと、去年1年間に起きた刑法犯罪は191万7929件で、11年連続で減少しました。
ただ、振り込め詐欺を含む特殊詐欺の認知件数は1万1998件で、おととしよりおよそ4割増えたほか、危険ドラッグで検挙された人は176人と、おととしよりおよそ6割増えました。
また、検挙された人のうち、繰り返して犯罪を犯す「再犯者」の割合は46.7%と、平成に入って最も高くなりました。
このため、刑法犯罪の半分を占める窃盗犯について詳しく分析したところ、40歳から49歳の女性や、65歳以上の女性などの中高年の女性に再犯の傾向が強いことが分かりました。
白書では、女性の窃盗犯は家族とのトラブルや、近親者の病気などが犯罪を犯す背景になることが多いとして、保護司や地域の人を含めたサポート体制の構築が重要だと指摘しています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141114/k10013194791000.html

| コメント (0)

暴力団員 生活保護費の不正受給容疑で逮捕(14日)NHK

暴力団員であることを隠して生活保護を申請し、4年間にわたって生活保護費およそ700万円を不正に受け取っていたなどとして、都内に住む暴力団員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、山口組系の暴力団員で、東京・中野区の浦山明容疑者(56)です。
警視庁野方警察署の調べによりますと、浦山容疑者は暴力団員であることを隠して生活保護を申請し、先月までの4年間にわたって中野区から生活保護費およそ690万円を受け取ったほか、医療費およそ90万円の支払いを免れたとして、詐欺の疑いが持たれています。暴力団員が生活保護費を受け取ることは、厚生労働省の通達で禁じられていて、中野区は4年前に申請があった際、浦山容疑者が暴力団員でないかどうか警視庁に照会しましたが、当時、警視庁は暴力団員であることを把握していなかったということです。
しかし、ことし1月になって警視庁が改めて調べたところ、浦山容疑者が以前から暴力団員として活動していたことが分かったということです。
調べに対し「逮捕されることに納得がいかない」と供述しているということです。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141114/k10013198731000.html

| コメント (0)

小渕氏後援会の女性部部長を聴取 東京地検特捜部、任意で(14日)産経

小渕優子前経済産業相の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が、支援者向けの観劇会を主催した後援会の幹部から任意で事情聴取していたことが14日、後援会関係者への取材で分かった。
 関係者によると、聴取したのは政治団体「小渕優子後援会」(群馬県中之条町)女性部の部長。女性部は観劇会を企画・運営し、参加者から会費を徴収していた。特捜部は会費の集め方などを確認したとみられる。
 小渕優子後援会など関係する4政治団体の平成20~23年分の収支報告書で、観劇会などの支出が収入を大幅に上回っていたことが判明。24年に開かれた観劇会は収支ともに未記載だった。http://www.sankei.com/affairs/news/141114/afr1411140004-n1.html

| コメント (0)

私書箱運営で2億円超詐取か 容疑の28歳男を逮捕 埼玉県警(14日)産経

詐欺の被害金の送り先となっていた私設私書箱を運営したとして、埼玉県警は13日、詐欺容疑で、東京都板橋区中板橋、自称会社役員、小野原稔弘容疑者(28)を再逮捕した。県警によると、「客の荷物を受け取っただけ」と容疑を否認している。
 小野原容疑者は都内のマンションやビルの一室に私書箱を開設。県警は7都府県の男女11人が今年7~10月、計2億円以上を送付していたとみて調べている。約1億円を送った女性(77)もいたという。
 再逮捕容疑は、10月21~23日ごろ、詐欺グループと共謀し、前橋市の女性(79)に証券会社を装って電話して株の投資話を持ちかけ、現金50万円を私書箱に送らせたとしている。埼玉県内の男性(81)から同様の手口で約100万円を詐取しようとしたとして、10月に詐欺未遂容疑で逮捕されていた。http://www.sankei.com/affairs/news/141113/afr1411130057-n1.html

| コメント (0)

過激派に加わる学生、今どきの理由 対策に本腰の大学も(14日)朝日

デモ行進の警備に当たっていた警察官に暴行したとして、京都大生ら3人が公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された事件で、警視庁公安部は13日、京都市左京区にある京都大の学生寮「熊野寮」を家宅捜索した。中核派の機関紙「前進」やUSBメモリーなど計43点を押収したという。
 今回、捜査対象になった中核派は「過激派」と呼ばれ、2000年以降も成田空港の拡張に絡み、車や事務所を燃やすゲリラ事件に関与したとされる。今も過激派組織に加わる若者は少なくない。なぜなのか。
 西日本の国立大に通う女子学生(21)はこの春、ある過激派組織に加わった。ストレートの黒髪に丁寧な言葉遣い。「自分たちこそ革命ができる」と言った。
 サラリーマンの父と主婦の母は「ノンポリ」。テレビ番組はNHKとニュースしか見せず、携帯電話も持たせないほど厳格だった。歴史学者を目指したが志望大学には入れず、別の専攻に。政治や歴史の話をしたかったが、周りは恋愛の話ばかりで物足りなかった。続きはログインを

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGCF5RPSGCFUTIL03R.html

| コメント (0)

パンフレット送り付け“詐欺” 男2人逮捕(14日)テレビ朝日

鹿児島県の75歳の女性に嘘の投資話を持ち掛け、現金をだまし取ろうとしたとして、無職の男2人が逮捕されました。
 樋口幸治容疑者(34)らは9月、鹿児島県に住む女性に実在する大手商社の社員を装って嘘の投資話を持ち掛け、現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、樋口容疑者らは架空の会社のパンフレットを送り付け、「その会社に投資すればもうかる」などと嘘の投資話を持ち掛ける手口で現金をだまし取っていたということです。取り調べに対し、樋口容疑者は容疑を認めています。警視庁は、樋口容疑者らが去年11月以降、全国の約40人から2億4000万円をだまし取っていたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000038749.html

| コメント (0)

甥の部下装って現金受け取りに 詐欺未遂容疑で男逮捕(14日)TBS

甥の部下を装って73歳の男性から現金200万円をだまし取ろうとしたとして、20歳の男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、埼玉県坂戸市の無職、木村昇平容疑者(20)です。警視庁によりますと、今月10日、埼玉県川越市の73歳の男性宅に甥を装って、「タクシーの中に携帯を忘れた。今日お金を用意しなくてはならない。書類の中にお得意さんに返済しなくてはならない支払いがある」などと、現金を要求するうその電話がありました。不審に思った男性の妻が甥に連絡を取ったため、うそが発覚したということです。
 
 その後、甥の部下を装って現金を受け取りにきた木村容疑者が張り込んでいた捜査員に現行犯逮捕されました。取り調べに対し、木村容疑者は「金を受け取ったことは間違いない」と容疑を認めているということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2348560.html

| コメント (0)

パチンコ店専門のスリか 窃盗の疑いで71歳男逮捕 (14日)TBS

パチンコ店を専門におよそ30年にわたりスリを繰り返していたとみられる東京・西東京市の無職、天方清志容疑者(71)が窃盗の疑いで警視庁に逮捕されました。
 天方容疑者は先月6日、練馬区のパチンコ店で会社員の男性(40)の上着ポケットから現金およそ3万円が入った財布を盗んだ疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、天方容疑者が店内で被害男性の隣に座り犯行に及んだ後、立ち上がった際に男性の財布を落とし、足で引き寄せるなど不審な動きが防犯カメラに映っていたということです。
 
 調べに対し天方容疑者は「パチンコ店には行ったが、財布は盗んでいない」と容疑を否認しています。都内では今年に入ってパチンコ店での同様の手口の窃盗事件が十数件相次いでいて、警視庁が関連を調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2348543.html

| コメント (0)

元みずほ銀行員、横領容疑で逮捕 振り込め詐欺被害金着服(14日)共同

宇都宮中央署は13日、みずほ銀行宇都宮支店の口座から100万円を着服したとして、業務上横領の疑いで、元同銀行員の本間盛悦容疑者(51)=埼玉県川口市柳崎=を逮捕した。
 逮捕容疑は、2008年2月28日、口座の引き出しができる管理職の立場を利用。振り込め詐欺の被害金が入っており、凍結されていた他人名義の口座から100万円を引き出した疑い。
 本間容疑者は当時、振り込め詐欺などの被害予防に取り組む「お客さまサービス課」の課長を務めていた。「ギャンブルで借金があった」と容疑を認めているという。同署によると、着服の約1カ月後に退職し、行方が分からなくなっていた。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111301001748.html

| コメント (0)

京大熊野寮捜索、捜査員に詰め寄る姿も 大学には事前通告(14日)共同

警視庁公安部は13日、公務執行妨害事件に絡み、京都市左京区の京大学生寮「熊野寮」を、関係先として家宅捜索した。午後2時半ごろ、捜査員や盾を手にした機動隊員が寮の敷地に入ろうとすると、寮生ら約30人が「不当な捜索だ」と詰め寄り、捜査員ともみ合いになるなど激しい問答が繰り広げられた。

 午後5時前に捜索は終わり、近くの主婦(47)は「普段から学生でにぎやかだが、こうしたもめ事が起きたのは残念」と話した。寮の男性は「熊野寮にはいろんな考えを持つ学生が暮らす。捜索でそうした日常を奪うのは許せない」と拡声器で訴えていた。
 京都府警と京都大の間に結ばれている警察官の構内立ち入りに関する取り決めにより、今回の捜索は府警を通じて大学側に事前通告があった。
 4日に京都大構内で、府警の私服警官が学生とみられる男性に取り押さえられるなどした件では、京大が「無断で警察官が立ち入ることは遺憾」との談話を出したが、府警警備部は13日、「中核派が反発を強め、逮捕者奪還などの恐れがあった。中核派系全学連の活動を視察した正当な職務で、違法行為が認められれば厳正に対処する」とコメントした。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20141114000001

| コメント (0)

ナイフで後輩刺す=傷害容疑で中2逮捕-群馬県警(14日)時事

部活動の後輩をナイフで刺し軽傷を負わせたとして、群馬県警太田署などは13日、傷害容疑で太田市内の中学2年男子生徒(14)を逮捕した。生徒は「服を切ろうと思った」と供述しているという。
 逮捕容疑は11日午前10時45分ごろ、中学校の体育館で、同じ部活動の後輩で1年生の男子生徒(12)に十徳ナイフ(刃渡り4.9センチ)を見せ、「服を切らせろ」などと言いながら追い回して左腹部を刺し、全治2週間の軽傷を負わせた疑い。(2014/11/13-23:51)

2014/11/13-23:51

| コメント (0)

秋葉原殺傷、来月18日弁論=加藤被告、一、二審死刑-最高裁(14日)時事

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で7人を殺害し、10人を負傷させたとして殺人罪などに問われ一、二審で死刑とされた元派遣社員加藤智大被告(32)について、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は13日までに、弁論期日を12月18日に指定した。
 最高裁は死刑事件の場合、検察、弁護側双方の意見を聞く弁論を開くのが通例となっている。
 一、二審判決によると、加藤被告は2008年6月、JR秋葉原駅近くの歩行者天国の交差点にトラックで突入。通行人をはねた後、ダガーナイフで刺すなどして7人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。
 加藤被告の責任能力の有無が争点で、一、二審はいずれも認定している。(2014/11/14-00:31)

2014/11/14-00:31

| コメント (0)

7台絡む多重事故、1人重体 千歳市(14日)日本テレビ

千歳市の国道で13日夜、車7台が絡む事故があり、男性1人が重体、女性1人が軽傷。事故当時、路面は、アイスバーン状態だったという。
 事故があったのは千歳市平和の国道337号。13日午後7時前、片側2車線の道路で車7台が車同士やガードレールに衝突するなどの事故があった。この事故で56歳の男性が頭の骨を折り意識不明の重体、32歳の女性が腰をぶつけ軽いケガ。
 千歳市では、13日午後1時頃から雪が断続的に降り始め、午後5時前には、氷点下0.2℃を観測した。事故当時、路面はアイスバーン状態で警察は、先頭を走っていた車がスリップし、後ろに続いていた車がこれを避けようとして事故になった可能性が高いとして詳しい事故の原因を調べている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/11/14/07263336.html

« 2014年11月13日 | トップページ | 2014年11月15日 »