« 死亡5人から公正証書=相続トラブル後「全て遺贈」-夫殺害容疑の女・京都府警(22日)時事 | トップページ | 強盗強姦容疑で警視庁巡査を再逮捕 千葉県警(22日)朝日 »

2014年11月22日 (土)

逮捕の妻 事件直前1000万円以上の借金(22日)NHK

京都府向日市で夫に青酸化合物を飲ませて殺害したとして、妻が逮捕された事件で、妻は、過去の結婚相手などから合わせて数億円の遺産を相続したものの、金融取引の失敗などで、事件の直前、1000万円以上の借金があったことが、捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、多額の借金が事件の動機につながった可能性があるとみて捜査を進めています。
妻は、容疑を否認しているということです。

この事件は、去年12月、京都府向日市の自宅で筧勇夫さん(当時75)が死亡し、体内から青酸化合物が検出されたもので、警察は、妻の千佐子容疑者(67)が、青酸化合物を飲ませて殺害したとして、殺人の疑いで逮捕しました。その後の調べで、事件の直前、千佐子容疑者に1000万円以上の借金があったことが、捜査関係者への取材で分かりました。
千佐子容疑者は、過去に結婚したり、交際したりした複数の男性から、合わせて数億円の遺産を相続していましたが、金融取引の失敗などで、借金を増やしていったということです。
警察は、千佐子容疑者が、勇夫さんが亡くなったあと、すぐに遺産を相続する手続きを始めていたことなどから、多額の借金が事件の動機につながった可能性があるとみて捜査を進めています。
勇夫さんの預金や保険金については、金融機関などが、警察の捜査が進んでいることを理由に引き出しを拒否し、千佐子容疑者は、ことし6月、京都の信用金庫に、勇夫さんの預金420万円余りを支払うよう求める裁判を起こしています。
千佐子容疑者は、警察の調べに対し、「私は絶対に殺していません」と容疑を否認しているほか、逮捕前の取材に対し、「夫がどれだけお金を持っているかといったことは聞いたことがないし、知らない」と話していました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141121/k10013395741000.html

« 死亡5人から公正証書=相続トラブル後「全て遺贈」-夫殺害容疑の女・京都府警(22日)時事 | トップページ | 強盗強姦容疑で警視庁巡査を再逮捕 千葉県警(22日)朝日 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死亡5人から公正証書=相続トラブル後「全て遺贈」-夫殺害容疑の女・京都府警(22日)時事 | トップページ | 強盗強姦容疑で警視庁巡査を再逮捕 千葉県警(22日)朝日 »